pure:unmask セール!サイドチェーンで送った音を自動でマスキング回避!

※当サイト内のコンテンツは一部商品プロモーションが含まれている場合があります。

-Sonibleプラグインおすすめ
-, , ,

2024年4月8日

SonibleのAI処理シリーズには細かく設定値をカスタマイズできるSmartシリーズと、ほぼお任せなPureシリーズの2種類が用意されています。

今回登場した「pure:unmask」は完全にお任せなpureシリーズ。


pure:unmask

マスキング対策に自動でサイドチェーンで送ったトラックの音に対してマスキング回避してくれるプラグインです。

マスキング対策について

音楽制作におけるマスキング対策とは、複数の音が重なった際に、特定の音が目立たなく聞こえてしまう現象(マスキング現象)を防ぎ、それぞれの音をクリアに聴こえるようにするための手法です。

マスキング現象とは、人間の聴覚には、ある音が鳴ると別の音が聞こえにくくなる性質があります。これは、人間の耳が複数の音を同時に処理する能力には限界があり、周波数帯域が近い音が重なると、脳が重要な音を選択的に聞き取ろうとするためです。

マスキングによって色々な音を鳴らしていくと、楽器同士で帯域が重なってお互いの音が聞こえにくくなってしまうわけです。
このマスキング処理を音のアタックリリースの調整や、EQを使って行います。

だたマスキングされている箇所がわからないですよね。

DTMを始めたばかりの初心者ならなおさらのこと。

pure:unmaskを使えば、この被っている帯域の処理を簡単に任せられます。

pure:unmaskセール情報

■新規単体購入
【2024/5/5まで 40%OFFのセール】 ¥ 8,172  ⇒ ¥ 4,836 (※価格は為替レートで変動あり)
pure:unmask 購入はこちら >>

■pure:bundleを持っている人向けのクロスグレード版
pure:unmask Crossgrade from pure:bundle 購入はこちら >>

■有料Sonible製品を持っている人向けのクロスグレード版
pure:unmask Crossgrade from any Paid sonible Product 購入はこちら >>

pure:unmaskレビュー

ずぼらな人にピッタリなプラグイン!smart〇〇シリーズよりも更に単純化しているのがpureシリーズです

マスキング処理をうまく行えると、干渉しているお互いの楽器の音が聞こえてより曲が派手に聞こえてきます。
あえてマスキングさせてごっちゃリした印象を狙う手法もありますが、基本的にはマスキング対策をして色々な音を聞こえるように処理していくのが特にポップスだと一般的なのかな?と感じています。

このプロパティはサイドチェインで入力してきたトラックの音に合わせます。

ドラムとベースのマスキング解消目的の場合に、ドラムを大きく聞かせたい場合
ドラムトラックに「pure:unmask」を使ってプロファイルをBassにします。
サイドチェイン入力をベーストラックにします。
効き方が違って聞こえたら逆して試してみましょう。

該当するものがないなら「Universal」にします。

pure:unmaskの使い方はとても簡単。

例えばベーストラックにpure:unmaskを適応するパターン。
[1]
ベースとドラムのキックがよくマスキングされて帯域がかぶりやすいですよね。
マスキングしそうな楽器トラックをサイドチェイン入力して指定します。

[2]
中央にあるプロパティで「Bass」を指定。

サイドチェインでマスキング対象のトラックを指定。

[3]

pure:unmaskの緑のレコードボタンを押して曲を再生します。

あとはpure:unmaskがAI処理を行い、適当なマスキング処理をかけてくれます。
提案された音を聞いてみて、もっとクリアにするように要求するなら中央のノブを回していきます。
クリア過ぎる場合は左にまわします。





マスキング処理に正解はないので自分の追い求める音が正解です。

pure:unmaskのメリットはお手軽さ

サイドチェインの設定方法さえ知っていれば、pure:unmaskをつかったマスキング処理は超簡単にできます。
むしろサイドチェイン設定の方が難しいかもしれません。

pure:unmaskの良いところは圧倒的なお手軽さです。プラグインを挿して実行するだけでいいので処理の作業フローも段違いで手早くできます。
DTM初心者でマスキング処理に困っていたら、この都合が良すぎるプラグインを体感してほしいです。

サイドチェインのDAWごとの設定方法は「sidechain Profile Info」のリンクを押すと、解説ページへ飛びます。

pure:unmaskをベースに使った事例

pure:unmaskをベースに使った事例:unmmasking:0
pure:unmaskをベースに使った事例:unmmasking:50
pure:unmaskをベースに使った事例:unmmasking:100



AIの提案が気に入らなかったら?

ユーザーが設定できるパラメーターは

Resoliutoin: high, mid, low (音の解像度)
Unmasking: 0 ~ 100 (マスキング処理の割合)
Speed : (処理速度)
Range (マスキング対象のレンジ)
この4項目だけです。Rangeやスピードもpure:unmask側が勝手に決めてくれるので、とてもラクラクです。



音の変化が極力少ないのが非常に良いです。unmasking100%まであげてしまうとウネウネした成分が入っていしまいますが、30~70%あたりで運用すれば音質劣化は気になりません。

iZotope Neutron4にもUnmaskモジュールがはいっているのですが、Neutron4の場合は感度が良すぎるのか調整にちょっと難しさを感じました。

pure:unmaskのプロファイル

プロファイルのリストに該当しないものは「Universal」を選びます。

  • Universal
  • Speech
  • Vocals
  • Guitar
  • Bass
  • kick
  • Drums

価格設定安め

うれしいことにSonibleのPureシリーズは機能がシンプルな分、価格設定が押さえられています。
このpure:unmaskもイントロセール時で5,000円切っているので導入のハードルが低いです。

DTMのプラグイン投資は作業フローが効率的になるために行うものです。

マスキング対策に自動でサイドチェーンで送ったトラックの音に対してマスキング回避してくれるプラグインを探しているのであれば、これほどドンピシャな機能で導入しやすい価格帯のプラグインは他にないですね。

■新規単体購入
【2024/5/5まで 40%OFFのセール】 ¥ 8,172  ⇒ ¥ 4,836 (※価格は為替レートで変動あり)
pure:unmask 購入はこちら >>

■pure:bundleを持っている人向けのクロスグレード版
pure:unmask Crossgrade from pure:bundle 購入はこちら >>

■有料Sonible製品を持っている人向けのクロスグレード版
pure:unmask Crossgrade from any Paid sonible Product 購入はこちら >>


買い方

pure:unmaskを購入するなら「Plugin Boutique」がお得に買い物できます。
定期的に変わる購入時のおまけプラグインがもらえる他、サイト内で使えるバーチャルキャッシュ(ポイントみたいなもの)がためていけます。

いずれかのsonible product製品をもっている人向けのクロスグレード版が用意されています。

Plugin Boutique 購入方法


Plugin Boutiqueは英語のサイトですが、わかりやすいサイト構成になっていますので簡単に買い物ができます!
詳しい買い物方法は「Plugin Boutiqueでのプラグインの買い方を解説。「Xpand!2」のインストールを例にして紹介」を参照してください。画像キャプチャで解説を入れています。

Plugin Boutiqueで購入するとこんなお得がある!

Plugin Boutiqueで購入するとバーチャルキャッシュ(サイト内ポイント)がもらえる他、
【購入者ギフト特典】があります。

誰得ギター
定期的に入れかわる「1回購入でもらえるプラグイン【購入者ギフト特典】(会計時に1円以上になっていることが条件)」もPlugin Boutique利用者がチェックしている点です。

2024年5月は
- マスタリングツールの入門版「iZotope Ozone 11 Elements」(8,500円相当)

ozone 11 Elementsは有料のプラグインのため、のちのちのアップデートしたい、iZotopeの他の製品へクロスグレードしたいときに
アップデート・クロスグレード版の権利が受け取れます。
非常にレアなチャンスなので、pluginboutiqueで購入する際は必ずオマケプラグイン申請をしましょう!

プラグインがもらえるチャンス!この機会をお見逃しなく。
Plugin Boutiqueでのヘルプ・問い合わせは『日本語』でも受け付けています。
支払い方式はクレジットカード・ペイパルの他に、ApplePay,GooglePayに対応済です。

最新DTMプラグインセールはこちら >>


pure:bundle

pure:bundle
pure:bundle


Sonibleのワンノブエフェクターであるpureシリーズ
・pure:limit
・pure:COMP
・pure:verb
・pure:EQ
のエフェクトがセットになったバンドル。

どれも利用頻度の高いプラグインで、パラメータ設定に時間をかけたくない人には嬉しいエフェクト内容になっています。


他のフィルターと比較する

2024/2/12

「TDR Special Filters Bundle」使ってみたレビュー・セール情報!

Tokyo Dawn Labs 「TDR Special Filters Bundle」 はこんな人におすすめ Tokyo Dawn Labs 「TDR Special Filters Bundle」はこんなプラグイン! 「TDR Special Filters Bundle」は4つフィルタープラグインがセットになったバンドルです! TDR Arbiter (1バンドダイナミックEQ) TDR Elliptical (モノラル処理) TDR Infrasonic (超低音域ハイパスフィルター)  TDR ...

2024/2/21

Arturia Efx MOTIONSセール・レビュー!単調な音をゴリゴリに変化できるシェイパーマルチエフェクト!

Arturia Efx MOTIONS はこんな人におすすめ Arturia Efx MOTIONS について 「Efx MOTIONS 」は音楽の動き、ミックス ダイナミクスにあわせてクリエイティブなサウンドを作るマルチエフェクトプラグイン。 Cableguys ShaperBoxというプラグインがありコンセプトはShaperboxと同じです。 もっと複雑でエフェクトが充実しているのが「Efx MOTIONS 」 後発ならではのいいとこ取りしてあるプラグイン・エフェクト。 Efx MOTIONS  レビ ...

2023/9/5

「Cableguys FilterShaper XL 」レビュー! 2つの独立したフィルターとLFO描画ツールが使いやすいプラグイン

そんなときに使いたいのがフィルタープラグイン!! フィルターの名前の通り、音の出入り口にフィルターを使って制限することで音色を変化させていくエフェクトです。 フィルタープラグインは昔のシンセ黎明期から多様されてきているため、た〜くさん種類があるのですが近年はフィルターの層を重ねて複雑な音作りが出来るようになりました。 2023年9月に発売された「FilterShaper XL 」は数あるフィルタープラグインでも最先端の仕様になっています。 既存のフィルターに飽きてきた人には新鮮味があって楽しいですし、フィ ...

「Moogerfooger MF-108S」

2024/2/28

「Moogerfooger MF-108S Cluster Flux」レビュー!クラッシックなフランジ・コーラスを再現するエフェクトプラグイン!

Moogerfooger MF-108S Cluster Fluxはこんな人におすすめ Moogerfooger MF-108S Cluster Fluxについて Moogerfooger MF-108S Cluster Fluxは、Moog Musicが製造するギターエフェクトペダルです。ギタリストやミュージシャン向けに幅広いモジュレーション効果を提供するように設計されています。 Cluster Fluxには、コーラス、フランジャー、ビブラート、フィルターなど、複数のモジュレーション効果が備わっています ...

2023/7/6

『 W. A. Production Obsidian』レビュー!XYパッドで直感的に操作するフィルターマルチエフェクター!

Obsidianはこんな人におすすめ W.A Production Obsidian のサンプル動画 https://youtu.be/5oMgazAuE-Q 今すぐObsidianを購入する! ObsidianはW.A. Production のマルチエフェクタープラグイン。 W.A Production Obsidian レビュー X軸で「FREQ」をY軸で「HYPE」を操作してエフェクト音を直感的に決めていくエフェクターです。 「FREQ」を上にあげていくと高域が強調されて明るくなっていきます。下げ ...

2024/3/21

【今だけ20%OFF】「Polyverse Supermodal」レビュー!モデル間をモーフィングして音作りできるモーダルフィルタープラグイン

supermodal はこんな人におすすめ Supermodalは飛び道具的で個性的なプラグインを出しているメーカーPOLYVERSEによるフィルタープラグイン。 古典的な定番のハイパス、ローパス、レゾナンス等のフィルターエフェクトで作る音に加えて、モーフィングする「モーダルフィルター」が使え この2つのフィルターをミックスできる様になっているのが最大の特徴です。 supermodal 特徴 ・モード間をシームレスにモーフィングできるモーダルフィルター ・ミュージカルからマングルまでの27のモード ・20 ...

2024/2/21

Arturia Filter MS-20 使ってみたレビュー!他セール・レビュー情報

Arturia Filter MS-20はこんな人におすすめ Arturia Filter MS-20はどんなことができる? Filter MS-20はArturia Vコレクションに収録されているKORG MS-20 V のフィルターをプラグイン化したもの。 ステレオフィルターとディストーションがセットになっているエフェクトプラグインです。 ソフトシンセコレクションである「KORG Collection」にもMS-20のフィルターはありますが、パッチングしないといけなくて面倒くさい。 その点Arturi ...

2024/3/26

Diginoiz Distillerセール!ディストーション+フィルターのマルチエフェクト

Diginoiz Distiller はこんな人におすすめ Diginoiz Distiller はこんなプラグイン! https://youtu.be/G1uFZyVRz-c 「Distiller」は Diginoizのマルチエフェクトプラグイン。 メインはフィルターでフィルター+ディストーションで音を作っていくエフェクトです。 Diginoiz Distiller レビュー・使い方 Distillerは、十数種類の歪み(サチュレーション、クリッピング、フォールド、ビットリダクションなど)と、豊富なフィ ...

2024/3/26

Morph EQセール情報!フィルターの動きを構築していくクリエイティブな音作りができるEQプラグイン

Morph EQ とは? Minimal Audio がまた面白そうなクリエイティブ心に火を付ける新しいプラグインを生み出しました。 「 Minimal Audio Morph EQ 」はクリエイティブに音作りができるEQプラグイン。 音と音をスムーズにつなげるて変化していくのを「モーフィング」と呼びますが、イコライザーの可変させたときのEQバンドがモーフィングするようにしてあるEQです。 フィルターの動きを構築していくことができ、フィルターエフェクトを視覚化したようななめらかにアニメーションするEQバン ...

2023/11/17

Kiloheartsプラグイン「Disperser」レビュー・使い方!キック等のトランジェントシェイプに使えるフィルタープラグイン

Kilohearts(キロハーツ) Disperserはこんな人におすすめ Kilohearts Disperser のサンプル動画 https://youtu.be/5uuDfgDTjn4 https://youtu.be/9X-zeOVPn3c https://youtu.be/doeE6QDPrj8 ※価格に為替レート影響あり Disperserの購入はこちら >> Kilohearts Disperserについて DisperserはKiloheartsのシンプルでパワフルなフィルタープラグイン。 ...


-Sonibleプラグインおすすめ
-, , ,

スポンサードリンク
スポンサードリンク



最新のDTMセール情報はこちら

サンプル素材・ループ素材を買うなら

Loopcloud Music App from Loopmasters.com

-Sonibleプラグインおすすめ
-, , ,