【終了間近】の狙い目DTMセールはこちらから >>

「SSL Native FlexVerb」買い方・レビュー・使い方/ハイクオリティリバーブ!必要な機能が1画面内に収まっているプラグイン

「SSL Native FlexVerb」


Solid State Logic(SSL) 最新セール情報

「SSL LMC+」 が83%OFF の破格セール(9/26まで)
¥18,794 ⇒ ¥3,157(※価格に為替レート影響あり)
ドラム用のコンプレッサープラグイン。0年代ロックで聞けるグルービィーさを感じられるあの重いアタック感を再現!!
スマッシュ感あるスネアサウンドはグルービーなロックサウンドにピッタリ。
SSL LMC+のセールはこちら  >>

「SSL Native FlexVerb」

「SSL Native FlexVerb」

目次

SSL Native FlexVerbはこんな人におすすめ

・SSL製品をプラグインで使ってみたい人
・使い勝手の良いリバーブプラグインを探している人

SSL Native FlexVerb のサンプル動画

FlexVerbはSSL Native のリバーブプラグインです。

質感の良いリバーブに加えて調整しやすいフェーダー式のインターフェースとEQ付きのアナライザーが付いており、見ただけでも使いやすそうなUIが創作意欲を引き立てます。
Room,Hall,Plate,Chamberの4つのリバーブタイプを備えています。

FlexVerbは、・6バンドEQ・ハイパスフィルターとローパスフィルター・3バンドリバーブタイムマルチプライヤー・入力サイドチェーンコンプレッサーを備えており、ミックスにぴったりと収まるリバーブを作成できます。

FlexVerbのアルゴリズムアーキテクチャは、シンプルでやりがいのあるインターフェイスで、プロのリバーブの深み、特徴、詳細を提供します。

リバーブを使う上で必要な機能が1画面内に収まっている使いやすさとハイクオリティな音質が魅力的なリバーブです。
iLokで認証をします。

FlexVerbの購入はこちら >>

誰得ギター
有料リバーブ欲しいけどクオリティが高いものが欲しいと迷っている人は迷わずコレ!
※価格に為替レート影響あり

SSL Native FlexVerbの購入はこちら >>

SSL Native FlexVerb サウンドサンプル

SSL Native FlexVerb の特徴

4つのリバーブタイプ。ルーム、ホール、プレート、チャンバーの4種類。
– アーリーリフレクション、レイトリフレクションを個別に選択可能(例:スモールルームのアーリーリフレクションに
ラージプレートリバーブテイル
– 6バンドSSL EQ、3バンドのリバーブタイムマルチプライヤー。
– 出力コンプレッサー(リバーブのみ適用)はドライ入力信号からサイドチェーン接続され、ミックスに組み込むのに有効です。
– ロック可能なドライ/ウェット・ミックス・コントロール:プリセット切り替え時にドライ/ウェット信号のミックスを固定。
– Infinityリバーブタイムスイッチ
– リバーブテールキルスイッチ
– EQとリバーブ・タイムのマルチプライヤーをグラフィカルに表示。

SSL Native FlexVerb プリセットフォルダ位置

Mac: Library/Application Support/Solid State Logic/SSLNative/Presets/FlexVerb
Windows 64-bit: C:\ProgramData\Solid State Logic\SSL Native\Presets\FlexVerb

SSL Native FlexVerbの機能

flexverb

flexverb

  • Plug-in Bypass
  • A-B Comparisons
  • Undo/Redo
  • 3-Band Reverb Time Multipliers
  • 6-Band EQ
  • Input Side-Chain Compressor
  • Graphical Display
  • Dry/Wet control(Mixノブ)

FlexVerb Signal Flow

FlexVerb Signal Flow

FlexVerb Signal Flow

Reverb Tail Control Section

Parameter Description
Blend ER & Tail 初期反射音とリバーブテイルのミックス
Pre-Delay 入力信号からリバーブまでの遅延時間
Diffusion 反射の焦点と精細度を調整
Size 空間の大きさをエミュレートし、反射の量と速度を変化
Reverb Time リバーブテイルの長さ
Modulation Rate & Depth リバーブに軽い周波数変調を与え、より自然なリバーブテイルを実現

SSL Native FlexVerb レビュー

SSL Native FlexVerbのサウンドテスト

アナライザーがかっこいい!見た目の問題で個人の趣味範囲ですがアナライザーが消えていくときがうっすらと青緑にぼやけている演出が使っている人のテンションをあげてくれます。
肝心の音質ですがすごくクリア。
そしてリバーブを設定するときに、ついついリバーブかけすぎちゃうことがありますがFlexVerbの場合、過激にリバーブタイムやプレディレイを遅くしないかぎりリバーブかけすぎて失敗するってことがないです。自然に奥へ移動する空間の感覚が良いリバーブです。

初期反射音(Early Reflection)とリバーブテイルのブレンドが1つのノブで調整できるのが便利です。
後は飽和しすぎたリバーブを削れる最大6バンドEQもかゆいところに手が届く仕様で良いですね。

SSL Native マニュアル

SSL Native マニュアル

SSL Native FlexVerbの買い方

SSL Native FlexVerbを購入するなら「Plugin Boutique」がお得に買い物できます。

Plugin Boutiqueでの購入方法解説


Plugin Boutiqueは英語のサイトですが、わかりやすいサイト構成になっていますので簡単に買い物ができます!
詳しい買い物方法はこちらの記事「Plugin Boutiqueでのプラグインの買い方を解説。「Xpand!2」のインストールを例にして紹介」を参照してください。

あわせて読みたい
Plugin Boutiqueでプラグインを買うにはどうしたら良い?買い方を解説。「Xpand!2」のインストールを例... 【Plugin Boutiqueでのプラグインの買い方を解説】 DAWで使えるプラグインをお得に購入できるPlugin Boutique 日本語対応されていないので英語が苦手な人はちょっと抵抗...

誰得ギター
定期的に入れかわる「1回購入でもらえるプラグイン」もPlugin Boutique利用者がチェックしている点です。
2022年9月の「1回購入でもらえるプラグイン(会計時に1円以上になっていることが条件)」は
Space」(4,500円相当のリバーブ)(Poly Spaceの機能縮小版
Huracan」(15,000円相当のエスニック音源)

両方とも欲しい場合には、2回に分けて商品チェックアウトを行い,ギフト請求をするとプラグインをもらうことができます!
誰得ギター
Plugin Boutiqueで何度も購入しているユーザーならバーチャルキャッシュがたまっているはずですので、バーチャルキャッシュを使って1円まで割引した状態でもギフトはもらえます。(会計時に1円以上が条件)
誰得ギター
一見して英語のサイトなのでサポートが不安になるかもしれませんが、Plugin Boutiqueでのヘルプ・問い合わせは『日本語』でも受け付けています。 私もメールを問い合わせした後、日本語で返信が届き驚きました。
誰得ギター
Plugin Boutiqueでの支払い方式にGooglePayが追加されました。 またApple Payを使う場合はSafariを使うと支払いボタンが表示されます。 

※価格に為替レート影響あり

SSL Native FlexVerbの購入はこちら >>

あわせて読みたい
「Solid State Logic(SSL)」セールはある?おすすめプラグインは?NativeとFusionシリーズをプラグイン化 【Solid State Logic(SSL)とは】 Solid State Logic(SSL)はアナログコンソールメーカーの老舗。 商用スタジオ等で使用するコンソールから家庭で使えるオーディオインタ...
↓↓↓2022年9月DTMセールの最新詳細はこちら(随時更新) ↓↓↓ DTMプラグインセール中のプラグイン、音源の個別解説レビュー >>

リバーブのおすすめ

他にもあるおすすめリバーブプラグイン

誰得ギター
他にもあるおすすめリバーブプラグイン
リバーブのVSTプラグインレビュー >>

『誰得ギター』LINE公式アカウント

「SSL Native FlexVerb」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『誰得ギター』というギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。
最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。
Twitter限定で発信している情報もあり!!⇒ フォローはこちら >>

コメントはこちら

コメントする

目次