【8月14日終了】の狙い目DTMセールはこちらから >>
スポンサードリンク

「LX480 Essentials」こんな人におすすめ!レビュー・使い方!簡易版でも十分使える「Lexicon 480L」を再現したリバーブプラグイン

「LX480 Essentials」買い方・使い方!評判はどう?
誰得ギター
「LX480 Essentials」はRelab Developmentのリバーブプラグイン。
リバーブといえばレキシコン(Lexicon)!!という時代があり、レキシコン実機機材のサウンドが忠実に再現されています。
レキシコンリバーブは様々な名曲で使われてきた歴史あるリバーブです。
目次

「LX480 Essentials」はこんな人におすすめ

・有料のリバーブプラグインを試してみたい人
・安くリバーブを買いたい人
・レキシコンのリバーブ音を試してみたい人(実機は値段が高い)

こちらが実機「Lexicon 480L実機」と「LX480」を比較している動画で、音だけ聞くとどっちが実機がわからないクオリティ。 
LX480」は480系リバーブを探している人向けの決定版です。

LX480 Essentialsとは?

「LX480 Essentials」は往年のリバーブの名機「Lexicon 480L」のエミュレートプラグインです。
基本的にリバーブプラグインは高価ですが、リバーブにしては手に入れやすい価格帯で,サウンドクオリティも高くコスパに優れており利用者の多く見かける人気プラグインです。

Relab LX480 Essentialsは、クラシックな480L *リバーブハードウェアのサウンドを忠実にキャプチャするだけでなく、その伝説的なサウンドをこれまでになく迅速かつ簡単に取得できるようにします。リッチで複雑なテクスチャーと、RelabLX480だけが提供できる豊かで広々としたリバーブテールでトラックを変換します。

スポンサードリンク

LX480 Essentials レビュー

まずLX480は2グレードあります。
・簡易版のLX480 Essentials 
・上位版のLX480 Complete

この2つで音質差はありません。機能面では違いが大きくあります。その点を最初に把握してください。

リバーブを大胆にかけてもサウンド破綻しない

LX480 Essentialsは他のリバーブプラグインに比べるとエフェクトの主張が弱めでゴリゴリの設定をしてもそれほどリバーブの掛けすぎで音がモアモアするようなことになりません。
リバーブを使いすぎていわゆる風呂リバーブになって破綻してしまうことは少ないですね。
サウンドはあっさり目。

リバーブの入門にも良い

LX480 Essentialsを使うメリットとしてはリバーブにしては設定項目が少ないんですね。
リバーブを使う前には抑えておかないといけない専門用語が概念があり、抵抗感がある人にはちょっとハードルが高い。

LX480 Essentialsの場合は設定する項目が少ない分、覚えて使いこなすまでの時間が短くて済みます。

頻繁にセールを行っているiZotope R4を例にするとつまみの数が全然違いますよね。

iZotope R4

iZotope R4


これから有料のリバーブを本格的に使っていきたい人には良いです。

繰り返しになりますがリバーブプラグインは値段が高いものが多いのですが、「LX480」もそれなりにお高い。
ですが、お高いのは完全版の「LX480 Complete(46,857円前後)」で簡易版の「LX480 Essentials」は機能を絞って価格を押さえているプラグインになっています。

「LX480 Essentials」は簡易版と言っても十分使えるリバーブで、非常に上品に色付けする美しいリバーブです。
「Lexicon 480L」の実機と聞き分けができないほどのサウンドクオリテイ。
あまり自己主張の激しくない感じのリバーブを探している人にはハマってくれるプラグインになっています。

誰得ギター
Essentials版はたまに値引き率の高いセールを行います。

「Lexicon 480L」の解説

Lexiconというメーカーの「Lexicon 480L Digital Effects System」をデジタルリバーブをエミュレートしたプラグインです。
「Lexicon 480L」の実機は大定番のリバーブとして昔から使われていて、中古市場で60万円程度する代物です。
「Lexicon」のハードウェアリバーブは数多くのチャートトップのレコーディングで使用されています。

「Lexicon 480L」の実機は中古市場でしか手に入らず、2021年9月現在ではラック型の「Lexicon ( レキシコン ) / PCM96 Surround Analog & Digital I/O サラウンドリバーブ」で音を引き継いでいます。

他にも「Lexicon 480L」をエミュレートしているプラグインは
UNIVERSAL AUDIO(UAD)の「Lexicon 480L Digital Reverb & Effects」
Reverb Foundry「HD Cart」
があります。その「Lexiconエミュレートプラグイン」の中でも評価が高くコスパに優れているのがRelab Developmentの「LX480 Essentials」です。

スポンサードリンク

「LX480 Essentials」サウンドチェック

■LX480 Essentials drum-dry

リバーブタイプにあわせて、少しずつ部屋の空間が広くなりリバーブのエフェクト音が変わっていきます。
■LX480 Essentials Preset Drum Ambience

■LX480 Essentials Preset Drum Plate

■LX480 Essentials Preset Drum Room

■LX480 Essentials Preset Drum Hall

「LX480 Essentials」 参考動画

「LX480 Essentials」をボーカルに使ったときのサウンドが聞けます。

こちらは「LX480 Complete」になってしまいますがUAD版との比較動画

「LX480 Essentials」使い方

LX480 Essentialsのリバーブタイプ

切り替えられるリバーブの種類は4つ。 
「プレート」、「アンビエンス」、「ホール」、「ルーム」の4つでどれも音楽制作時には欠かせないリバーブタイプです。

リバーブタイプ ボタン名
Fat Plate PLATE|ボーカルやパーカッションに最適な明るいファットプレートリバーブ
Medium Hall HALL|中規模のホールをエミュレートするホールリバーブ
Small Ambience AMB|小さいドラム録音ルームなどの小さな空間で自然な残響効果を狙うリバーブ
Large Wood Room ROOM|ホールよりも小さい空間で映画、テレビ、あらゆるジャンルの音楽制作に使いやすいウッドルームリバーブ

LX480 Essentialsのつまみ設定

上下のつまみは左から

・リバーブタイム
・Low Frequency
・High Frequency
・Pre Delay
・MIX

Low Frequency/High Frequencyの項目がローパス・ハイパス・フィルターの指定です。
リバーブの低音が強すぎてモアモアしているときはLow Frequencyを上げていき、高域の主張がうるさくなりやすいPlateタイプなどはHigh Frequencyでつまみを下げていきます。

LOF(Low Frequency)を300にした場合は300Hzから下のリバーブ成分がローカット、
HIF(High Frequency)を12,000にした場合は12KHzから上のリバーブ成分がハイカット。

LOFを一番下にするとFULLになり、HIFを一番上にするとFULLになりフィルターをかけていない状態になります。

LX480 Essentials

下にあるLow Frequencyと上にあるHigh Frequencyのつまみの間がリバーブエフェクトが鳴る帯域

それぞれの下にある白いボタンはUNDO/REDOボタンで
直前の動かしたつまみの値と比較するときに使えます。

プリセットは各リバーブタイプ別に用意されているのに加えて、著名なレコーディングエンジニアJoe Carrell,Richard Furchのシグネチャープリセットが用意されています。

見落としがちですが、右下にA/B比較ツールがあります。
AとBの2つの設定を保存しておき、設定の比較が可能です。
また間の三角マークを押すとAからBへ、BからAへ設定のコピーができます。

LX480 Essentials
LX480 Essentials

LX480 EssentialsのCPU負荷

デバイスブロックサイズ64にしてFXチャンネルを作りLX480 Essentialsを使った時のCPU負荷
LX480 EssentialsのCPU負荷

完全版「LX480 Complete」と「LX480 Essentials」の違い

完全版「LX480 Complete」

完全版「LX480 Complete」

Relab Developmentのラインナップは2種類あり、簡易版の「LX480 Essentials」の他に完全版の「LX480 Complete」があります。

・LX480 Completeには「Random Hall,Panorama,Twin Delays」のモードがあります。
・ディスプレイにリバーブの詳細情報を表示
・AB比較ボタンの有無
・ファンクションボタンの有無
・リバーブの設定項目数が増える

複雑なリバーブ音を作り込みしたいなら 完全版の「LX480 Complete」一択になります。
ただレキシコンの音にそこまでこだわりがないのであれば他のリバーブを導入しても良いと思います。

あわせて読みたい
「LX480 Complete」DTMセール情報/買い方・使い方!セールはある?「Lexicon 480L」を再現したリバーブ... 【はこんな人におすすめ】 【「LX480 Complete」 のサンプル動画】 ■Lexicon 480L Reverb vs Relab LX480 | Product Shootout 実機の「Lexicon 480L Reverb」と Relab ...

「LX480 Essentials」まとめ

簡易版ではありますが、用途に全然問題なく十分使えるリバーブです。
完全版「LX480 Complete」が欲しくなる音質でした。

プリセットが楽器ごとに使えるように名前分けされているため、プリセットをそのまま合わせてMIX値を調整していくだけで曲の立体感が出てミックスが楽しくなっていきますよ!

↓↓↓2022年8月DTMセールの最新詳細はこちら(随時更新) ↓↓↓ DTMプラグインセール中のプラグイン、音源の個別解説レビュー >>

■公式サイトURL
Relab Development │ LX480 Essentials Plugin

LX480 Essentialsのセール履歴

2021年ブラックフライデー時 74%OFF
2022年 1/2まで 70%OFFのセール
2022年 2/28まで プラグインブティック10周年セール64%OFF
2022年 3月の短期セール 70%OFF
2022年 Springセール 64%OFF
2022年 6月 セール 70%OFF

リバーブのおすすめ

他にもあるおすすめリバーブプラグイン

誰得ギター
他にもあるおすすめリバーブプラグイン
リバーブのVSTプラグインレビュー >>
次のページは 

『誰得ギター』LINE公式アカウント

「LX480 Essentials」買い方・使い方!評判はどう?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『誰得ギター』というギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。
最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。
Twitter限定で発信している情報もあり!!⇒ フォローはこちら >>

コメントはこちら

コメントする

目次
閉じる