本日【5月28日】終了予定のセール
スポンサードリンク

作曲支援プラグイン「Scaler 2」はどれだけ便利か?使い方解説!音楽理論がわからなくても作曲できるツール

作曲支援プラグイン「Plugin Boutique Scaler 2」使い方!音楽理論がわからなくても作曲できる!

Sacle2の購入はこちらから >>

「Plugin Boutique Scaler 2」使い方!音楽理論がわからなくても作曲できる人気の作曲支援プラグイン(簡易伴奏付き)

作曲支援プラグイン「Plugin Boutique Scaler 2」使い方!音楽理論がわからなくても作曲できる!

作曲支援プラグイン「Plugin Boutique Scaler 2」使い方!音楽理論がわからなくても作曲できる!

目次

「Scaler 2」はこんな人におすすめ

・音楽理論がわからないけどコード進行を手早く作りたい
・コード進行プリセットがほしい
・コード進行に自動伴奏を付けたい

Plugin BoutiqueのScaler2を3分で説明

誰得ギター
Plugin Boutique の作曲支援プラグイン「Scaler 2」はコード進行支援ツール。
音楽理論が得意じゃない場合には驚くほど作曲支援してくれる時短ツールです。
アイデア出しにも使えます。

コード進行から作曲を始める人にとって「Scaler 2」は必需品とも言えます。
もちろん数百種類のコード進行を記憶していれば良いのですが、作曲していくうちに使い慣れたコード進行が決まってきます。

耳残りや気持ちよさは良いのですが、同じパターンだけだとマンネリ化してしまうときがあります。
凝り固まったコード進行の考え方に、違うアイデアを追加してくれるのがScaler 2です。

DTMのトラックテンプレートに入れておけば、数秒で新しいコード進行をMIDIとして貼り付けることができるので、製作速度・作曲幅が大幅にアップできますよ!!

「Plugin Boutique Scaler 2」で出来ることの要点

ポイント


・歌のジャンルに合わせたコード進行を自動作成
・アーティストがよく使うコード進行を自動作成
・スケールからコード進行を自動作成
・五度圏表から次に進んで違和感のないコード進行を提案
・コード進行を元に簡単な伴奏・モチーフを自動作成 / 作成した伴奏・モチーフはMIDIとしてDAWのトラックに貼り付けられる

Scaler2はコード進行の並べ替え、編集がドラッグ&ドロップでできるほか、
2020年にリリースされたバージョン2である「Scaler2」からは転調にも対応しています。

典型的な音楽ジャンルのコード進行テンプレが用意されており、用意されたテンプレを入れ替えていくだけでもバシバシコード進行を決めていけます。

使い慣れたコード進行だけじゃなく、たまには違う曲調にして刺激的に変えてみたい場合にも補助ツールとして便利です。

音楽理論がよくわからない人にとってコード進行は難しく感じますから、
コード進行に悩んでいるユーザーにとって救世主的なプラグインになっています。

スポンサードリンク

「Plugin Boutique Scaler 2」の購入はこちら >> 購入方法解説

「Scaler 2」はプラグインが購入できるサイト「Plugin Boutique」で購入ができます。

詳しい購入方法はこちらから >>
「Scaler 2」買い方を解説 >>

あわせて読みたい
「Scaler 2」【16%OFFセール中】セールはある?買い方を解説!コード進行補助をする作曲支援プラグイン このページでは作曲支援ソフト 「Plugin Boutique Scaler 2」の買い方について解説していきます。 「Scaler 2」の使い方に関してはこちらから >> 以前は「Scaler 2」を...

7,300円前後のプラグインですが、利用頻度が多くずっと使い続けることができるので費用対効果もバッチリです!

誰得ギター
Scaler2バンドルも要チェック
□「Scaler2」には購入バンドルがあります。
Scaler 2の単体購入はこちら,
Scaler1からのアップグレード購入はこちら
Auto-Inspire Bundleはこちら >> (リズムマシンPlaybeat3が付いてきます)
Scaler 2 Trap Bundleはこちら >>(Trapを作るための音源とサンプルが付いてきます)

ウキウキで購入したのは良いものの、使っているPCにソフトが対応していないことがありますので、
購入前にシステム要件を確認しましょう。
特に2020年はMacの新OS Big sur,シリコンマックがでました。
新規OS,新規CPUには対応しきれていないことが多いのでMacユーザーは注意です。

Scaler 2 システム要件

Mac

OS X 10.8 and later (macOS Monterey compatible) 
64-bit compatible only
Apple M1 Mac compatibility: Rossettaで起動

■Formats
AAX
Audio Units (AU)
VST2
VST3
Windows

Windows 7 and later
64-bit compatible only
Formats

AAX
VST2
VST3
Scaler 2 Compatibility
Important Note: Scaler 2 is only 64-bit compatible.

■Mac DAW
Cubase 9.5 – OK
ProTools 12.8 – OK
FL Studio 12 – OK (VST, not VST3)
FL Studio 20 – OK (MIDI routing available from VST2 only)
Studio One 3 – OK
Studio One 4 – OK
Studio One 5 – OK
Ableton Live 9 – OK
Ableton Live 10 – OK
Logic Pro X – MIDI Routing functionality available
Logic Pro X 10.7.1 running on Mac M1 & macOS Monterey – OK – No MIDI Routing: Use Blue Cat Audio Patchwork for MIDI Routing
Reaper – OK
Bitwig Studio 2 – OK
Bitwig Studio 3 – OK
Maschine 2 – OK – No MIDI Routing: Use Blue Cat Audio Patchwork for MIDI Routing
Reason – OK – No MIDI Routing: Use Blue Cat Audio Patchwork for MIDI Routing

■Windows DAW
FL Studio 12 – OK
FL Studio 20 – OK (MIDI routing available from VST2 only)
Cubase 9.5 – OK
ProTools 12.8 – OK
Studio One 3 – OK
Studio One 4 – OK
Studio One 5 – OK
Ableton Live 9 – OK
Ableton Live 10 – OK
Reaper – OK
Bitwig Studio 2 – OK
Bitwig Studio 3 – OK
Maschine 2 – OK – No MIDI Routing: Use Blue Cat Audio Patchwork for MIDI Routing
Reason – OK – No MIDI Routing: Use Blue Cat Audio Patchwork for MIDI Routing

スポンサードリンク

Scaler2の特徴・使い方

Scaler 2 Plugin Tutorial & In Depth Overview

注意:Scaler2ではトライアル版が試せます。
トライアル版では使っているとサーっというノイズが鳴るようになっています。

Scaler2

Scaler2を鳴らすためには、基本的にピアノ系かギター系の音色を選んだあと、プリセットになっているコード進行を選び、再生しながらこーでもないあーでもないとコード進行を作っていく流れです。

作成したコード進行はMIDIデータとして、そのままDAWのトラックへドラッグすればコード進行をDAW上のトラックの音源で再生ができます。

■Scaler2の大まかな流れ
・コード進行を簡単に並べ替え作成できる
・コード進行の割当もScaler2上で自在にならべていくだけ編集
・リズムパターンも豊富に用意
・音楽ジャンル(ソング)から各ジャンルの定番コード進行テンプレを呼び出し
・選んだコード進行からフレーズを選ぶとアレンジ補助可能
・作ったコード進行はMIDIは自動作成され、MIDIをそのままトラックへドラッグ&ドロップしたらアレンジ終了

Scaler2のコード進行プリセット(ここだけ覚えておくだけでもかなり作曲が捗る)

Scaler2を開いてたらメニューの「SONG」を押すと
音楽ジャンルでよく使われるコード進行のプリセットが選べます。このコード進行プリセットはバージョンアップで追加されていきます。

 Scaler2のコード進行プリセット

Scaler2のコード進行プリセット

Scaler2 コード進行プリセット ARTISTS

Scaler2 コード進行プリセット ARTISTS

Scaler2たくさんのコードプリセット

たくさんのコードプリセット

例えばコード進行Triadsを選んだ場合には…

Scaler2 コード進行 triad

Scaler2 コード進行 triad

このようにコード進行のボタンが並びます。コードのボタンをクリックするとコードの音が確認できます。

Scaler2 コード進行 triad選択後

Scaler2 コード進行 triad選択後

そして素晴らしいのがKeyを簡単に変更できます。
左端にある「ST」の矢印を押すことで-24~+24までKeyを半音単位で変更していけます。
気に入ったコード進行を見つけたら、コード進行のボタンをドラックしてつかみ、DAWのトラックへ運ぶとMIDIトラックが生成されます。

Scaler2 コード進行 Keyを変更

Scaler2 コード進行 Keyを変更

右隣の「ARTISTS」は音楽プロデューサーやミュージシャンが気に入っているコード進行をプリセット化したものです。
このアーティストフォルダはアーティスト名の連番で名前が付いているため、一つ一つ調べていかないといけません。
そのため気に入ったコード進行はユーザープリセット化したほうが後々探すのが楽になります。

最後の「USER」はユーザープリセットを保存できる場所です。
Import,Exportも可能です。

コードボタンを押し続けることで自動演奏してどんな雰囲気か確認できる

コードボタンを押し続けることで自動演奏してどんな雰囲気か確認できる

このコード進行プリセットの設定とMIDIのエクスポートをマスターしておくだけでも、もかなり作曲が捗るはずです。
ですがScaler2にはもっと細かくコード進行をカスタマイズしていく機能もあるので、作曲過程で少しずつ覚えていくのが良いと思います。

Scaler2の簡易伴奏機能

Scaler2の音色変更

鍵盤左側にある選択プルダウンメニューからScalerで鳴らす音色を変更できます。

Scalerの特徴としてこの選べる音の種類が意外と多いです。
同じコードでも音色が変わると雰囲気が違って聞こえるので、使いたい楽器に近い音色を選んで、理想のコード進行が探せます。

Scaler2の内蔵音源は意外と音が良いのです。
□Piano

  • digital Piano
  • Electric Piano
  • Felt Piano
  • Grand Piano
  • Soft Piano

□SYNTH

  • Celestial Existence
  • Detroit
  • Distance
  • Dream ON
  • Dusty Nostalgia
  • Etheral Wonders
  • Heavy Hitter
  • Housey
  • Marimba
  • Old Swells
  • Pluckity
  • Simple FM
  • Simple Pulse
  • Sine
  • Square Saw
  • Substantial
  • Super Saw
  • Wide Pad
  • Wide Pluck

□Guitar

  • Acoustic Guitar
  • Alternative Guitar
  • Six Strings

□HYBRID

  • Hybrid Keys
  • Hybrid Orchestra
  • Hybrid Staccato

□ORCHESTRA

  • Brass Ensemble
  • Choir
  • Staccato Strings
  • String Ensemble
  • Wood Ensemble

□BASS

  • Bass Guitar
  • Chorus Bass
  • FM Bass
  • Jazz Bass
  • Retro Bass
  • Saw Bass
  • Tight Bass

ドラムのようなリズム楽器以外はScaler2でまかなうことができます。
ドラムの音が必要な場合には、リズムマシンPlaybeat3が付いてくる場バンドル版
Auto-Inspire Bundle >>がおすすめ。

Scaler2はスケール自動演奏でスケールの学習もできる!

メニューの「SCALES」を押してスケールを選ぶことができます。
ここではScaler2に登録されている全スケールを音階確認ができます。
スケール名の右側にある再生ボタンを押すと、どんな音階か実際に聞いて音の雰囲気を確認できます。
スケール名と音の配列が把握できていないプレイヤーにとって非常にありがたい機能です。

誰得ギター
もちろん画面上の鍵盤・ギター指板の位置にも対応して鳴るので視覚的にわかりやすいです!

本格的なScaler2の使い方は「Scaler 2 | Starting a Song | Chords, Bass Line, Melody & More」の動画で確認できます。

Scaler2が Scaler2.5へバージョンアップ

 Scaler2.5では主にギター用の改良編集がされています。

4つの新しいサウンド(スティール・アコースティック、エレクトリック・ギター、レトロ・エレクトリック、ヴィンテージ・キー)。
新しい表現モード。30種類のパターンとバリエーションを持つストラムド・シーケンサー
20種類のシンセサイザー・シーケンス
新しいコードセット(ポップロック、コンテンポラリーRnB、ポップバラード、ディープハウス)。
新しいサジェストモード。
プログレッションに対応したコードを生成。 音色やスケールの関係をたどって複雑なパターンを作成。
ランダムな進行を生成して、すぐにインスピレーションを得ることができます。

■新しいギター機能
コード・チャート:セクションCの任意のコードのギター・コード・ダイアグラムを表示します。
フレットボードビュー:楽器のフレットを探るための新しい「スケール度数」と「スケール・インターバル」ビュー。
ギターに特化した5つの新しいボイスグルーピングプロファイル。

■その他改善点
ScalerAudioとScalerControlの区別を追加
Clearステートがエディットマトリックスからタイミング情報を正しく削除
コマンドマッピング状態の呼び出しを改善
内部オーディオエンジンを改善

こんな音が鳴らせます。
もちろんコード進行とアルペジオのMIDIデータはScaler2からエクスポートしたものです。
■Guitar: Steel Acoustic

■Guitar:Electric Guitar

■Guitar:Retro Electric

■Piano:Vintage Key

■コード・チャートの表示

Scaler2.5 コードチャート

Scaler2.5 コードチャート

■フレットボードビュー:楽器のフレットを探るための新しい「スケール度数」と「スケール・インターバル」ビュー。
ギタリストがフレットボード上のスケールを覚えるときには嬉しい機能です。

Scaler2 スケール度数表示

Scaler2 スケール度数表示

Scaler2 スケール・インターバル表示

Scaler2 スケール・インターバル表示

Scaler2をもっともっと使いこなしたい人向け! 「Producer’s Guide to Scaler 2」

pluginboutiqueではScaler2をもっと使いこなしたい人向けに「Producer’s Guide to Scaler 2」という説明動画をリリースしています。

困るには説明がすべて英語になっている点ですが、英語に抵抗がない人であればこの上ないScaler2の解説コースガイドになります。

■収録内容
・Scaler 2 Course Breakdown
Module 1 – Course Introduction
Module 2 – Overview 1 – Creating a Staccato Strings Phrase in D Minor
Module 3 – Overview 2 – Creating some Classic Synth Breakdown Chords
Module 4 – Workflow 1 – Making Chords and Accompaniment for a House Groove
Module 5 – Workflow 2 – Creating Parts from a Single Chord Oneshot Sample
Module 6 – Workflow 3 – Reconstructing Chords and Creating a Bassline from a Chords Sample
Module 7 – Workflow 4 – Synthwave Arrangement Construction

購入プラン

単体購入のほか、Scaler1からのアップグレードが可能で、Scaler2の単体購入の場合 7,300円前後(税込)です。
自分の中の発想で浮かばないコード進行を提案してくれる・新しい発想が生まれやすくなると考えれば作曲補助ツールとしては格安に感じました。

ずっと使い続けられるツールなので、自分に投資したと思えば良い買い物だったと思います。

詳しい購入方法はこちらから >>
「Scaler 2」買い方を解説 >>

あわせて読みたい
「Scaler 2」【16%OFFセール中】セールはある?買い方を解説!コード進行補助をする作曲支援プラグイン このページでは作曲支援ソフト 「Plugin Boutique Scaler 2」の買い方について解説していきます。 「Scaler 2」の使い方に関してはこちらから >> 以前は「Scaler 2」を...

他にもある作曲支援プラグイン

伴奏だけでなくメロディまで自動作成する機能が必要ならInstaComposerも便利です。

あわせて読みたい
作曲支援プラグイン「Chordjam」買い方・使い方!便利な時短用コード進行自動作成ツール Chordjam by audiomodernはAudiomodern制作元の作曲支援プラグイン! いろいろなコード進行を簡単に試すことができる! コード進行を自動で作成してくれる非常に便利なツ...

あわせて読みたい
メロディ自動生成プラグイン『Riffer』【20%OFFセール中】買い方・使い方!スケールからリフを自動作成... Rifferはメロディ自動生成プラグイン! 用意された53のスケールからランダムにリフを自動生成してくれる非常に便利なツールです。 AUDIOMODERNからはコード進行を自動作...

あわせて読みたい
「EVAbeat Melody Sauce2」セールはある?・レビュー/チート級のメロディ自動生成プラグイン!簡単に人... 【「Melody Sauce2」(メロディソース)はこんな人におすすめ】 【Melody Sauceバージョン2の違い】 2022年3月にMelody Sauceがバージョン2へアップグレードされました。...

あわせて読みたい
作曲支援ツール「Chord Prism」買い方・使い方!keyにあったコードを自動で用意してくれるコード進行作... Mozaic Beatsによる作曲補助ツールが「Chord Prism」です。 (旧Mozaic Beats AutoTheory ) 【どんなコード進行でも、プロ並みのベースライン、メロディー、アルペジオ...

あわせて読みたい
作曲支援プラグイン「Scaler 2」はどれだけ便利か?使い方解説!音楽理論がわからなくても作曲できるツール Sacle2の購入はこちらから >> 「Plugin Boutique Scaler 2」使い方!音楽理論がわからなくても作曲できる人気の作曲支援プラグイン(簡易伴奏付き) 今すぐScaler 2を購...

あわせて読みたい
『Liquid Music』スケッチツールが便利な作曲支援プラグイン! Liquid Musicは作曲支援プラグイン! 打ち込んだMIDIノートのコード・リズムパターン・ハーモニーをテンプレから選ぶことで 自動修正してくれる時短ツールです。 序盤の...

Scaler2 過去セールと最安値は?

2021年ブラックフライデー ¥6,760 ⇒ ¥ 5,614  (16%OFF)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『誰得ギター』というギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。
最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。
Twitter限定で発信している情報もあり!!⇒ フォローはこちら >>

コメントはこちら

コメント一覧 (4件)

  • 初めまして。
    作曲を始めたく、色々探しておりまして、scaler 2について調べていたところ、こちらのサイトに辿り着きました。
    作曲支援ツールでこれ以外にOrb Producer Suite
    というものにもたどり着いたのですが、違いなど比較されているサイトがないので、もしご存知でありました、それぞれの個性と違いをご教示いただければと願いコメントしました。
    ズブの素人で、全く違う物だよ!と笑われてしまうかもしれませんが、お忙しいところとは思いますが、何卒よろしくお願いします!

    • コメントありがとうございます。

      scaler2の主な機能はコード進行を提案してくれるソフトです。
      先にメロディがあって、その後によさそうなコード進行を考えるとき、いい案ないかな?って提案補助に使うのがメインだと思います。
      コード進行のプリセットがジャンル別に分かれているのが良いと感じました。
      メロディ自動作成はないです。

      一方、Orb Producer SuiteはAIがコード進行以外にメロディまで作ってくるソフトです。
      Orb Producer Suiteはコード進行のプリセットはありますが、コード進行の雰囲気でカテゴライズされているのみで、ジャンル別には別れていません。
      あとシンセの音が作り込めます。

      これから作曲されるということですし、ぜひがんばってください!

      • お忙しいところ有難うございました‼︎
        私の場合、思いつくメロディにコードをつけたいと考えているので、scaler 2の方が合いそうですね。

コメントする

目次
閉じる