ギター小物 商品レビュー

【厳選】スタジオ移動で使用するギター用ギグバッグはどれが良いのか比較。SADOWSKY ( サドウスキー ) / GUITAR PORTABAG PLUSが良かったので購入&レビュー

スポンサードリンク

投稿日:2016年6月3日 更新日:

-ギター小物, 商品レビュー
-, ,

この記事では「スタジオ移動で使用するギター用ギグバッグはどれが良いのか比較」していきます。

7,8年使用していたIGiG ( アイギグ ) のギター用バッグの底に穴が合いてしまい、
別の物を用意するか、そのまま買い直すか決めかねていました。
その時の検討材料として自分なりの考えが参考になるかもしれませんのでご紹介します。

□アコギ用のギグケースはこちらがおすすめです。
【レビュー】「ARIA ( アリア ) / AGC-AG」コストパフォーマンスにすぐれたアコギ用ギグバッグ

ギター用ギグバッグの種類

最近ではセミハードケースも出てきましたが、ギター用バッグはソフトケース、ハードケースに大きく分類されます。

ギター用ギグバッグ :ソフトケース

主に移動用に使われるギグバッグです。

安めのギターを買ったときについてくるバッグですね。
ソフトケースはなんといっても「軽い」ので移動用にぴったりです。

反面、生地が薄いのでギター本体へのダメージが怖いですね。
特に満員電車の中や、車や飛行機での移動、宅配便を送るときなどは注意が必要です。

ギター用ギグバッグ :ハードケース

ソフトケースと対称的なのがハードケースです。

湿度がある程度一定に保てる、高価なギターを買ったときにはギターが動かないようにピッタリの寸法で作られているものが多いので
ギター本体へのダメージが一番少ないケースです。

、欠点は「重い」「かさばる」点です。

ギブソンのギターを持ち歩くときは必ずハードケースに入れて持ち歩く姿が様になるということで、
町中をハードケースで持ち歩くう強者もいますので、運べるかどうかは本人次第です。

長期保管する場合にはハードケースが良いですね。

ギター用ギグバッグ :セミハードケース

近年出てきたのがソフトケースとハードケースの良いところどりしたのが「セミハードケース」です。
頑丈でギター本体へのダメージも少ない上に、持ち運ぶには重すぎないのが魅力的。

メーカーによっては、スリム化するために「ポケットをつけていない」「ポケットの広さが足りない」場合があるのがデメリットです。

ソフトケースは移動が楽、ハードケースは頑丈な作りでギターへの傷や外部からの圧力に負けないのがメリットになっています。
ちょっとお高いギターを買うと大抵ハードケースはついてきます。

ギターは大切に長期間使いたいですよね。
「今回は背負えるギターケースで且つ頑丈なものを選ぶ」ことを念頭にいれました。
1万円以下のソフトケースは保護する素材の量が極端に減るため、選択からはずしました。

候補に残ったのは「SADOWSKY ( サドウスキー ) / GUITAR PORTABAG PLUS」「MONO ( モノ ) / M80 VERTIGO ELECTRIC CASE」「IGiG ( アイギグ ) / G310B Black(BLK/BLK)」の3種類です。

□ギターギグバッグ比較(価格はサウンドハウスによる)

メーカー 重さ 種類 価格
サドウスキー GUITAR PORTABAG PLUS  約3.1kg セミハードケース (¥23,544 税込)
MONO M80 VEG-GRY 約2.7kg ギグバッグ  (¥25,704 税込)
IGIG G310B 約2.5kg ギグバッグ (¥13,824 税込)

サドウスキー GUITAR PORTABAG PLUS

サドウスキー GUITAR PORTABAG PLUSはシンプルなデザイン。

セミハードケースのため重量が少しありますが、クッションの多さで安心感があります。
外側のポケットが2つありポケットサイズも大きいのが良し。

SADOWSKY ( サドウスキー ) / GUITAR PORTABAG PLUS

MONO M80 VEG-GRY

MONO M80 VEG-GRYはシンプルな見た目が多いギターケースの中で
かなりおしゃれで目を引くデザインになっているのが良いですね。
クッション性も高く、上のファスナーからギター取り出す作りになっているので、
セッティングでの手間が軽くなるのが特徴。

MONO ( モノ ) / M80 VERTIGO ELECTRIC CASE

エンドピンがあたる部分に大きくクッションがあり、破損を防いでくれます。
高い位置から落としてクッション性を試験する映像は安心感を与えてくれます。

問題はスリムなデザインのためポケットが少ないこと。
別売りのMONO ( モノ ) / M80 GUITAR TICK
を拡張で取り付けられますが、金額が大きく上がってしまう点はデメリットでしょう。

IGIG

IGIGはコストパフォ-マンスにすぐれています。
ポケットも大きく、ギターシールドを入れられる専用ポケットなど細かく分類されているので
場所を決めていろいろ運びたい人には最適。
専用のレインコートが付いているのも移動時にありがたい点です。

563

「SADOWSKY ( サドウスキー ) / GUITAR PORTABAG PLUS」を買いました&レビュー

以上の点を踏まえた結果、サドウスキーのセミハードケースを選びました。

頑丈且つポケットが大きいという点が良かったですね。
背負ってみると予想していたよりIGIG G310Bとの重量差が感じられず、背中にあたるクッションが増えた分
移動時の安定感が増しました。
背負ったときのギターの位置が上がってしまったので、電車に乗る時など高さが制限されている場所を通るときは気を使いそうではあります。

Th SADOWSKY ( サドウスキー ) / GUITAR PORTABAG PLUS 552

やはり大きいポケットは良い。
内側はメッシュのファスナー付き使用になっています。

Th SADOWSKY ( サドウスキー ) / GUITAR PORTABAG PLUS 553

440mm程度のエフェクターボードならばすっぽり収納可能です。

Th SADOWSKY ( サドウスキー ) / GUITAR PORTABAG PLUS 554

こちらは上ポケット。
コンパクトエフェクターが2個入る程度の深さはあります。
主に小物がメイン。

Th SADOWSKY ( サドウスキー ) / GUITAR PORTABAG PLUS 555

裏面では背中あたりにクッションが付いています。

Th SADOWSKY ( サドウスキー ) / GUITAR PORTABAG PLUS 556

裏面上部にはフックがあります。

Th SADOWSKY ( サドウスキー ) / GUITAR PORTABAG PLUS 557

肝心のケース内です。
ネックピローが同梱されていて、これは上下に移動ができるようになっています。
移動幅は少ないものの大概のギターなら保護してくれます。

Th SADOWSKY ( サドウスキー ) / GUITAR PORTABAG PLUS 558

エンドピンがあたる部分にはクッションがあります。
このクッションはマジックテープ式ではずずことも可能。
Th SADOWSKY ( サドウスキー ) / GUITAR PORTABAG PLUS 559

上からボディをにあたる部分にもクッションがついています。

Th SADOWSKY ( サドウスキー ) / GUITAR PORTABAG PLUS 560

手持ちのギターを入れてみました。
ポールリードスミスCUSTOM22の場合は高さ、幅ともにすっぽり良い感じで収まります。
Th SADOWSKY ( サドウスキー ) / GUITAR PORTABAG PLUS 561

続いてMayansの7弦ギター。
ヘッド部分が長いのでギリギリ収まったかなあという印象です。
ネックが長いギター、ヘッドが大きいギターは内寸を下調べしておく必要があるでしょう。
もちろんエクスプローラー、フライングV,ランダムスターなどの変形ギターは無理でしょう。

Th SADOWSKY ( サドウスキー ) / GUITAR PORTABAG PLUS 562

ギターバッグとしては高価な価格帯ではありますが、
使用頻度が高く、手持ちのギターを安全に運ぶためには必要な買い物でした。

ギターバッグを選ぶときの参考になれば幸いです。

エフェクターバッグに関してはエフェクターの持ち運びに適したエフェクターバッグはどれか にて詳しく解説しています。

□製品仕様の詳細はこちらから


IGiG ( アイギグ ) / G310B Black(BLK/BLK)
IGiG ( アイギグ ) / G310B Black(BLK/BLK)

スポンサードリンク
1

これから「ジャズ」を始めてみたいジャズ入門者・初心者にとっては コドラジャズの深く興味を持つのが大変 という印象がありますよね。 いままで聞いてこなかった音楽は どうしても『敷居が高い』と感じます。 ...

2

「エフェクターを売って新しい機材を買う資金にしたい」 「使わなくなったエフェクターを整理したい」 「今月金欠になってしまって…」 エフェクターを売った経験がない人に取っては 「エフェクターを売ってどれ ...

3
4

ギターの本数が増えてきたので使っていないギターを売りたい。 新しいギターを買うための購入資金にしたいので買い取ってほしい。 やむを得ない生活苦でギターを売って生活資金にしたい コドラ人間ならだれしも面 ...

5

音楽で食べていく手段のキッカケとして「オーディション」があります。 プロダクションが才能を持った人を探し出すためのオーディションの多くは 合格後、プロダクションによる大きなバックアップが付いてきます。 ...

6

自作音源を作ったらネットショップで売ってみよう!音楽を売れるネットショップの一覧

BOSS GT1000 7

BOSS GT-1000 使い方をまとめていきます。

8

私そろそろギターを初めて20年以上になります。 長年弾いてきた経験でこれは良いこと書いてあったなあと思える実際に役立った教則本をまとめていきます。 昔に比べて情報量の多い質の高い本が増えてきたことと、 ...

9

ギターのディストーションペダルどれが良い? 当サイト調べで2018年におすすめできるギター用のディストーションペダルを掲載していきます。 ディストーションペダルも様々な種類があって選ぶのが難しい所です ...

10

当サイト調べで2017年におすすめできるオーバードライブペダルを掲載していきます。

-ギター小物, 商品レビュー
-, ,

Copyright© 誰得ギター , 2018 All Rights Reserved.