【8月14日終了】の狙い目DTMセールはこちらから >>
スポンサードリンク

『NUX MG-30』4万円で買える高品質マルチエフェクター!クリーン・クランチの音も良い!


低価格の中華製マルチエフェクターが人気ですよね。
価格の安さに加えて音質のクオリティが年々あがっていて情報を調べたくなるメーカーが増えてきました。
その一つが「NUX(ニューエックス)

同メーカーからリリースされている「NUX MG-300」はPCエディター、IR(インパルスレスポンス)、USBオーディオインターフェイス、リアンプ機能などがついた盛りだくさんな中身なのに
2万円以下で購入できるマルチエフェクターで2020年の人気商品でした。

この「NUX MG-300」の上位機種である「MG-30」が海外ではリリースされており、日本でも2021年内に発売されるでしょう。

3チャンネル+エクスプレッションペダルの仕様で「NUX MG-300」よりもよりライブ向きな作りになっています。
加えて、SEND/RETURN端子、EXP1の端子があるのでチャンネルを増やしたり外部エフェクターを追加する拡張が可能なつくりになっています!
ノブが少なめですが、回すだけでなくプッシュすることもできるようになっていて使い勝手が追求されているなと感じます。

NUX マルチエフェクター MG-30
目次

NUX MG-30 サンプルサウンド

NUXの製品はモデリングのサウンドが同価格帯に比べて良く聞こえます。

NUX MG-30の動画も少しずつ上ってきています。

こちらの動画の後半ではアコギシュミレーションの音も聞くことができます。

動画のサウンドを聞いて感じるのがクリーン・クランチ系のギター音のクオリティがかなり高い!
古めのこれぞギターって音から今どきの甘いサウンドまで、今使われる人気のギター音を集めて手軽に再現できるようにしました!という印象を強く受けました。

この価格のモデルで、IRのキャビネット選択やイコライジングができるのが衝撃的です。
エフェクターやアンプモデルも一通り入っているので1ランク上のマルチエフェクターを試してみたい人にも良さそうです。
筐体の大きさから気軽にセッションしたいときに持っていくと音質面とお手軽さで幸せになれそう。

こちらは私自身で弾いたプNUX MG-30のサウンド。【NUX MG-30 => USB接続 =>Mac】の流れて直差し録音したものです。 最初のメサブギープリセットほぼそのままでEQをほんの少しいじった程度ですが、なかなか良い感じですよね。

筐体の大きさ

313mm(L) x 16t6mm(W) x 54mm(H)
Weight 1.5kg

NUX MG-30 価格・発売日

発売前の予想です。

海外のショッピングサイトからおよその値段は予測できそうです。
ThomannではNux MG-30が£213(32330円前後)で販売されています。

他のNux製品が比較してみると
※2021年3月15日時点

 Thomannサウンドハウス(税込)
Nux MG-300£91(14,000円前後)16,720円
Nux Cerberus£145(22,000円前後)29,480円


日本発売されました!価格は4万円を切る

税込み36,080円前後でした。 この価格はイケベ楽器の2021年4月23日時点での価格です。

NUX MG-30 仕様

DSPs x2
エレキギターアンプモデルx25
アコースティックアンプモデルx2
ベースアンプモデルx3
ギターキャビネットIRx8
ベースキャビネットIRx8
マイクタイプx8
マイクポジションx3


エフェクトブロック
・WAH
・CMP
・GATE
・EFX
・EQ
・MOD
・DLY
・RVB
PCサウンドエディター(NUX Quick Tone™)
チューナー、60秒ルーパー
USB Recording

Input: IM ohm
Return : 220k ohm
Output : 1k ohm
SEND : 1k ohm
A/D Converter:32bit
Sampling Frequeency : 48kHz
Frequency Response Range : 20Hz~ 20kHz
Dynamic Range : 110dB
Curren Draw: <400mA
Power: 9V DC Negative center
Dimensions:313mm(L) x 16t6mm(W) x 54mm(H)
Weight 1.5kg

■公式サイトURL
MG-30 – NUX

あわせて読みたい
JST Toneforgeの買い方・使い方! Jeff Loomis・Misha Mansoor・Ben Bruce・Jason Richardsonのシグネイ... ギターアンシュミプラグイン「JST Toneforge」の紹介です。 プラグインのギターアンシュミを試してみたいけどBiasみたいに高価なものにはなかなか手が出せない・・・と...

あわせて読みたい
Neural DSP Archetype: Gojiraが登場!メタルバンドGojiraの「JOE DUPLANTIER」モデル/ギターアンシュミ... 2020年から発売はまだか発売まだかと言い続けられている「NeuralDSPのQuad Corteが出る前に新作が登場しました。 Archetype: Gojiraが発売されました。 フランスのメタ...

あわせて読みたい
Neural DSP Quad Cortex気になる発売日・価格は?ついにFactory Capture Listが公開 2020年1番注目しているギターアンプシュミレーターが「NeuralDSPのQuad Cortex」です。 NAMM 2020で注目をあつめているフロアタイプアンププロセッサー。 発売はまださ...

あわせて読みたい
「BOSS Pocket GT」YouTubeの動画と気軽にセッションできるギター練習特化ツール! 【YouTubeの動画と気軽にセッションできるBOSS Pocket GT】 【Pocket GTでギターを練習しよう! 】Pocket GTは、日々の練習やジャム・セッションをより一層楽しくする画...

あわせて読みたい
【2021年】おすすめギターマルチエフェクター!持ち運びしやすいIR対応の小型万能タイプが人気! この記事では当サイト調べで【2021年注目のおすすめギターマルチエフェクター】を掲載していきます。 新興メーカーから老舗ブランドまで「ギター用マルチエフェクター」...

購入できたので試奏

予約が間に合い、無事早期入手ができました!!
■所感 ・全体的に音は固めだけど、最近の流行に合わせているのかなと感じた
・プリセットはそれぞれそれほど極端な差はないため派手さはないが、実践でそのまま使えるプリセットが多い
・外部スイッチが同梱されているので3つのフットスイッチでも困らなそう
・ギターケースに入れられる大きさと重さは魅力
・4万円以内の価格帯でこの音が出せる技術力に驚いた。
NUX マルチエフェクター MG-30
次のページは 

『誰得ギター』LINE公式アカウント

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『誰得ギター』というギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。
最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。
Twitter限定で発信している情報もあり!!⇒ フォローはこちら >>

コメントはこちら

コメントする

目次
閉じる