【終了間近】の狙い目DTMセールはこちらから >>

「Arturia Augmented VOICES 」レビュー・使い方/ ストリングスとシンセをモーフィングするハイブリッド音源

「Arturia Augmented STRINGS Intro」レビュー・使い方
スポンサードリンク
「Arturia Augmented VOICES」レビュー・使い方

「Arturia Augmented VOICES」レビュー・使い方

目次

Arturia Augmented VOICES はこんな人におすすめ

・ボーカルシンセ音源を集めている人
・モーフィングサウンドに興味がある人

Arturia Augmented VOICES はこんなボーカルシンセ音源

Arturiaはフランスのメーカーでソフトシンセだけでなく実機シンセやMIDIのキーボードも販売しています。
その中でもヴィンテージサウンドをハイクオリティで再現する技術が評価されています。

Augmented VOICES」はAugmented STRINGS」のボーカル版。
サンプリングしたボーカル素材にシンセサウンドを重ねて音を鳴らせるハイブリッドボーカルシンセ音源です。

機能面は「Augmented STRINGS」と同じ。「Augmented STRINGS」よりももっとシンセっぽさが感じられます。
非常に美しいサウンドですっかり魅了されてしまいました。

Tutorials | Augmented VOICES – Overview

Augmented VOICES のレビュー

サンプリング素材を選ぶカテゴリ名は「Real Voices」となっていますが、若干加工されている音で生々しいボーカルサウンドとシンセボイスの中間に位置するような独特なサウンドなんですよね。
クワイヤのような重厚なコーラス隊サウンドではないですし、歌声に近い音質のボーカルシンセのようなデジタル感マシマシな感じでもない。
生っぽさもありつつもシンセっぽさも両方感じられる他の音源では再現しにくいサウンドです。

それもあってかオケ馴染みが良く他の楽器と合わせやすく感じました。

Augmented STRINGS」同様の機能がありますので、レイヤーAの音からレイヤーBの音へモーフィングさせながら鳴らせるのが特徴です。

誰得ギター
モーフィングは2つの音をぶつ切りにならないよう自然に切り替える機能です。

CPU負荷が高めなのは同じですが、「Augmented VOICES」もサウンドが美しくこのデメリットを凌駕しています。

ボーカルシンセと言うとふわっと立ち上がり淡い感じに鳴らすボーカルPad音として使うのが主流ですが、この「Augmented STRINGSはリード音として使っても非常に良い感じ。

近い感じの機能があるボーカルシンセ音源に「Output EXHALE」があります。

EXHALEはAugmented VOICESよりももう少し濃厚で密度の濃い太いサウンド。エレクトロ系の曲に使うとバッチリハマってくれる音源です。
内蔵エフェクトの組み合わせで過剰にエフェクトをかけて癖のあるサウンドを作れる印象です。
Augmented VOICESの方はEXHALEよりもう少し爽やかで柔らかいニュアンスが出せます。

サウンドメイクが面倒な人はプリセットを選ぶだけで十分なクオリティ。
モーフィングにあわせて7つのマクロ(複数の設定した値を同時に変化させる機能)ノブを操作するとより音楽的なサウンドになります。

サウンドメイクを細かく行いたい人は「Advanced」のボタンを押すことで編集画面が開きます。

Augmented_VOICES

Augmented_VOICES


Augmented_VOICES

Augmented_VOICES

Keyタッチまで細かく設定できるModulationセクション

LayerA,B個別に設定できるArepggiatorセクション
Arepggiator起動時はCPU負荷があがります

Arturiaのヴィンテージシンセ由来のエフェクトセクション

Augmented_VOICES

Augmented_VOICES

細かく調整できるマクロセクション

Augmented_VOICES

Augmented_VOICES

地味に良いのがHISTORYタブの機能です。
一般的な音源だと1つ前の状態へ戻したり進めたりするUndo/Redoの機能が付いていますが、
Augmented VOICES」の場合はPhotoshopの様にHISTORYタブで操作した履歴が残り、戻りたい場合は履歴一覧から指定ができます。
こういった機能は地味に便利なんですよね。

音の質感がものすごく良いボーカルシンセサウンドですので惹かれる人も多いハズ。
ぜひ一度鳴らしてみてくださいね。

Arturia Augmented VOICESの特徴

DAW(Live、FL Studio、Logicなど)で再生できる仮想楽器、またはMIDIキーボードを使用してスタンドアロンで再生できる仮想楽器。
ダイナミックハイブリッド音声楽器
各プリセット内の2つのレイヤー。各レイヤーには、2つのカスタマイズ可能な音源が含まれています
詳細なボーカルサンプルライブラリ
ソロとアンサンブルのレコーディングをフィーチャー
近くと遠くのマイクの配置
50以上の表現力豊かで現代的なアーティキュレーション
柔軟なシンセエンジン
受賞歴のあるTAE®テクノロジーを搭載したバーチャルアナログ
ワープ、グリッチ、ストレッチサウンドを生み出す粒状エンジン
アディティブシンセシスに基づくハーモニックエンジン
より研ぎ澄まされたデジタルサウンドのためのルックアップテーブルを備えたウェーブテーブルエンジン
モーフコントロールはレイヤーAとレイヤーBの間を移動したり、最大8つのカスタム宛先に影響を与えたりします
7つの追加マクロ:時間、色、モーション、FX A、FX B、リバーブ、ディレイ
2つのLFO、2つのファンクションジェネレーター、2つのランダムジェネレーター、4つのキーボードモジュレーションソース、専用のビブラートとトレモロ
ParamEQ、Bitcrusher、BL-20Flangerなどを含む14のFXを備えたレイヤーごとに2つのFXスロット
5つの空間/時間ベースのアルゴリズムを使用した専用のディレイとリバーブの送信
内蔵の16ステップアルペジエーター
250以上のファクトリープリセットが含まれています
MPEの互換性
MTS-ESPODDSOUNDマイクロチューニングの互換性

Arturia Augmented VOICESを買うならVコレクション9がお得


V Collection 9

V Collection 9

Arturia V Collectionが「V Collection 9」へアップデートされています。
今回追加された音源にストリングス音をメインにした「Augmented STRINGS」、ボーカル音をメインにした「Augmented VOICES」が追加。

そして、
シンセは「KORG MS-20 V」「SQ80 V」の2つに加え、
リビルドされた4つの音源(Prophet5 V,Prophet-0VS  V,CS-80 V,Piano V)。
V Collection 9」は合計32音源を扱えるバンドルのため使える音が増えて作曲の幅が大きく広げられます。
古いシンセの音を現代曲に入れるアイデアはかなり一般的なので、今風の曲の中に溶け込ませると新鮮に聞こえてきます。

古い音だから使わないという選択肢は外し、古き良きを今風に加工して新しい音を作り上げましょう!!。
※価格に為替レート影響あり。
【12/6まで ブラックフライデーセール 50%OFFセール中!】 ¥ 91,820 ⇒ ¥ 45,834 
「Arturia V Collection 9」の購入はこちら >>


楽器別DTMおすすめ音源

メーカーDTMおすすめ音源

DTMプラグインのまとめ

スポンサードリンク

『誰得ギター』メルマガ登録はこちら

LINEアカウントからTheLetterのメルマガへ変更になりました。
・『終了直前のDTMセール情報』
・『見逃せないDTMプラグインのセール情報のまとめ』
・『DTMで使える小ネタ』
等お役立ちコンテンツを定期的に配信予定です!
ぜひご登録ください。

「Arturia Augmented STRINGS Intro」レビュー・使い方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『誰得ギター』というギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。
最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。
Twitter限定で発信している情報もあり!!⇒ フォローはこちら >>

スポンサードリンク

コメントはこちら

コメントする

目次