【終了間近】の狙い目DTMセールはこちらから >>

「Arturia Augmented STRINGS 」レビュー・使い方/ ストリングスとシンセをモーフィングするハイブリッド音源

「Arturia Augmented STRINGS Intro」レビュー・使い方

Arturia Augmented STRINGS はこんな人におすすめ

・ストリングス音源を集めている人
・ストリングスとシンセをモーフィングするハイブリッド音源に興味がある人

目次

Arturia Augmented STRINGS はこんなストリングス音源

Arturiaはフランスのメーカーでソフトシンセだけでなく実機シンセやMIDIのキーボードも販売しています。
その中でもヴィンテージサウンドをハイクオリティで再現する技術が評価されています。

Augmented STRINGS」はストリングスのサウンドにシンセが加わったハイブリッドストリングス音源です。
先行リリースされていた「Augmented STRINGS Intro」の上位版。
レイヤーサウンドとして2つの素材を重ねて作り、レイヤーAとレイヤーBを間をモーフィングさせて鳴らすことができます。

上位版ではIntro版では出来なかったレイヤーサウンドの加工等機能拡張されています。
サウンド面のクオリティはIntro版と同じなので、Intro版で音に惚れ込んでしまったら上位版へGo!!です。

かく言う私、Intro版のサウンドがかなり気に入ったので早速上位版を試しました。

Augmented STRINGS のレビュー

アコースティックストリングスとシンセのハイブリッド音源で、レイヤーAの音からレイヤーBの音へモーフィングさせながら鳴らせるのが特徴です。

誰得ギター
モーフィングは2つの音をぶつ切りにならないよう自然に切り替える機能です。

CPU負荷が高めではあるのですが、サウンドの美しさがこのデメリットを凌駕しています。

ARP Quadraのようにストリングスをまぜてサウンドメイクするシンセは今までに出ていましたが、あくまでシンセストリングスの音。
ここまで生々しいヴァイオリン・ビオラ・チェロ・ベースのサンプリングされたストリングスサウンドにシンセ音をモーフィングさせるのは今までに無かったシンセで新しい表現方法が期待できそう。

人の歌声が心を動かすとは言いますが、歌声の次に来るのがストリングスの音ですよね。
生々しいストリングス音にシンセ音が加えられるとなると何かしら可能性を感じませんか?

シンセの音素材はAnalog,Granular,Harmonic,Wavetableから選択

プリセット音の作り込みがかなり良いです!
そのまま使えちゃうのでシンセアレルギーでも問題なし。
基本的にはプリセットを選んで鍵盤を鳴らして7つのマクロパラメーターをMIDIキーボードのノブで回していく・オートメーション書いていき曲に当てはめていきます。

FXAはLayerA専用のエフェクトで、FXBはLayerB専用のエフェクト。
中央にあるMORPHは左へ振り切るとLayerAの音のみ、右へ振り切るとLayerBの音のみが鳴ります。

シンプルなフレーズを鳴らしてMORPHノブを使って音を切り替えていくだけでも普段と違った聞こえ方がするのは非常に楽しく快感です。
クラシック曲で使われるストリングスの演奏方法を網羅しているわけではないので、クラシック曲に入れるのは難しいのですが、ポップスやロック曲の後ろで鳴らす分には申し分ないクオリティです。

サウンドメイクを細かく行いたい人は「Advanced」のボタンを押すことで編集画面が開きます。

選んでいる音素材の組み合わせによりメイン画面で表示される楽器の状態が変わります。
これも楽しい演出です。

4つともオフの状態

LayerA(Synth + Synth), LayerB( Sampler +Sampler )

LayerA(Sampler + Synth), LayerB( Sampler +Synthr )

Arturiaのシンセは操作性が良くシンセ知識があまりなくてもなんとなく鳴らしているだけで楽しい感じは毎作非常に良いです。
UIはPigments 3に近いので触ったことがある人、Pigments 3を持っている人ならサクサクとサウンドメイクができます。

LayerAとLayerBのサウンドを作る時には2つの音素材を重ねるのですが、サンプラー音x2、シンセ音x2の数は固定でドラック&ドロップでレイヤーを行き来できる柔軟さはちょっとした感動を覚えました。

Keyタッチまで細かく設定できるModulationセクション

LayerA,B個別に設定できるArepggiatorセクション
Arepggiator起動時はCPU負荷があがります

Arturiaのヴィンテージシンセ由来のエフェクトセクション

細かく調整できるマクロセクション

MIDIのコントローラーを設定するときは歯車アイコンを押してSettingsを開きMIDIのタブより調整が可能です。

適当に慣らしても良い感じのサウンドがするので使用回数が必然と増えて来そうなシンセとなっています。

Arturia Augmented STRINGSの特徴

DAW(Live、FL Studio、Logicなど)で再生できる仮想楽器、またはMIDIキーボードを使用してスタンドアロンで再生できる仮想楽器。
ダイナミックハイブリッド弦楽器
各プリセット内の2つのレイヤー。各レイヤーには、2つのカスタマイズ可能な音源が含まれています
詳細な文字列サンプルライブラリ
ソロとアンサンブルの弦をフィーチャー
コントラバス、チェロ、ビオラ、バイオリン
近距離マイクと遠距離マイク
60以上のアーティキュレーション
柔軟なシンセエンジン
受賞歴のあるTAE®テクノロジーを搭載したバーチャルアナログ
ワープ、グリッチ、ストレッチサウンドを生み出す粒状エンジン
アディティブシンセシスに基づくハーモニックエンジン
より研ぎ澄まされたデジタルサウンドのためのルックアップテーブルを備えたウェーブテーブルエンジン
モーフコントロールはレイヤーAとレイヤーBの間を移動し、最大8つのカスタム宛先に影響を与えます
7つの追加マクロ:時間、色、モーション、FX A、FX B、リバーブ、ディレイ
2つのLFO、2つのファンクションジェネレーター、2つのランダムジェネレーター、4つのキーボードモジュレーションソース、専用のビブラートとトレモロ
ParamEQ、Bitcrusher、BL-20Flangerなどを含む14のFXを備えたレイヤーごとに2つのFXスロット
5つの空間/時間ベースのアルゴリズムを使用した専用のディレイとリバーブの送信
内蔵の16ステップアルペジエーター
250以上のファクトリープリセットが含まれています
MPEの互換性
MTS-ESPODDSOUNDマイクロチューニングの互換性

Tutorials | Augmented STRINGS – Walkthrough (Part. 1)

プリセットのシーケンスカテゴリのサウンド

Arturia Augmented STRINGS を買うならVコレクション9がお得

Arturia V Collectionが「V Collection 9」へアップデートされています。
今回追加された音源の中に、ストリングス音をメインにした「Augmented STRINGS」、ボーカル音をメインにした「Augmented VOICES」が増えています。
Augmented STRINGS、Augmented VOICESともに販売価格は$99。
V Collection 9」は合計32音源を扱えるバンドルのため使える音が増えて作曲の幅が広げられます。

※価格に為替レート影響あり
「Arturia V Collection 9」の購入はこちら >>

他にもあるArturiaおすすめ音源・プラグイン

Arturiaのおすすめ はこちら >>

楽器別DTMおすすめ音源

メーカーDTMおすすめ音源

DTMプラグインのまとめ

『誰得ギター』LINE公式アカウント

「Arturia Augmented STRINGS Intro」レビュー・使い方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『誰得ギター』というギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。
最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。
Twitter限定で発信している情報もあり!!⇒ フォローはこちら >>

コメントはこちら

コメントする

目次