【8月14日終了】の狙い目DTMセールはこちらから >>
スポンサードリンク

【KOMPLETE Future Classics Collection TRK-01】買い方・使い方・レビュー!

「TRK-01」はNative Instrumentsのドラム&ベースシンセです。

KICKモジュールとBASSモジュール、それにシーケンサーが追加されているシンセで、エレクトロニックミュージック向けです。

再生しながらMIDIノートでサウンド変化をさせていくことができるリアルタイムパフォーマンスが可能なシンセ。

MIDIノートを操作して変化させていく内容は下のようになっています。

MIDIノート 変化内容
C1~B1 KICKサウンドを変更
C2~B2 KICKシーケンスパターンを変更
C3~B3 BASSサウンドを変更
C4~B4 BASSシーケンスパターンを変更

もちろんKICK、BASSの音も作り込んでいけます!
KICKモジュールとBASSモジュールが一つにまとまっているのが良いですね。

目次

「TRK-01」 はこんな人におすすめ

・エレクトロニックミュージックを作る人
・リアルタイムに変更可能なKICK、BASSシーケンサーが欲しい人

Native Instrumentsのシンセバンドル「KOMPLETE Future Classics Collection」が【9/30まで 72%OFFのセール中!】
これからシンセを揃えていきたい人にとっては手に入れやすい価格帯になっています。
SUPER 8(元値:¥13,400)
FORM(元値:¥13,400)
TRK-01(元値:¥13,400)
MOD PACK(Choral,Flair,Phasisのセット)(元値:¥9,300)
の4つのプラグインがセットになっているお得版です。
「KOMPLETE Future Classics Collection」の購入はこちら >>
【9/30まで 72%OFFのセール中!】 ¥47,863 => ¥12,924
今すぐKOMPLETE Future Classic Collectionを購入する!
↓↓↓2022年8月DTMセールの最新詳細はこちら(随時更新) ↓↓↓ DTMプラグインセール中のプラグイン、音源の個別解説レビュー >>

## TRK-01がインストルメントパネルに表示されないときは?

シンセ音源はDAWのインストルメントから選んで使いますが、インストールしたにも関わらずFORMは表示されていません。
それはFORMが「Reaktor」を使って起動させるツールだからです。

ReaktorはKOMPLETE インストゥルメントとして無料でインストールができます。
Native accessのアプリにある「Reaktor Player(2021年9月7日現在Reaktor Player6が最新)」をインストールして使うことになります。

## TRK-01を起動させる方法は?

Reaktorをインストルメントパネルからトラックに読み込ませたら下の画面が表示されます。
左下の欄にある「TRK-01.ens」を右側のパネルへドラック&ドロップすることでTRK-01が起動します。

【9/30まで 72%OFFのセール中!】 ¥47,863 => ¥12,924
今すぐKOMPLETE Future Classic Collectionを購入する!
↓↓↓2022年8月DTMセールの最新詳細はこちら(随時更新) ↓↓↓ DTMプラグインセール中のプラグイン、音源の個別解説レビュー >>
次のページは 

『誰得ギター』LINE公式アカウント

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『誰得ギター』というギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。
最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。
Twitter限定で発信している情報もあり!!⇒ フォローはこちら >>

コメントはこちら

コメントする

目次
閉じる