サイト内検索

スポンサードリンク

cherry audioおすすめ

「Cherry Audio Minimode」買い方・使い方!1万円以下で手に入る名機「Minimoog Model D」の エミュレートシンセ

2022年5月3日

[blog_parts id="23077"]

「Cherry Audio Minimode」

「Cherry Audio Minimode」

誰得ギター
アナログシンセ「Minimoog Model D」のサウンドが安く欲しいと思っていた人の願望が叶う!

Minimode はこんな人におすすめ

・ヴィンテージサウンドのシンセ音が欲しい
・moogシンセが好き

2022年5月Cherry Audioから新しくソフトシンセがリリース!
Minimode」は往年の名機ポータブルアナログシンセ「Minimoog Model D」のエミュレーションシンセ。
前作のDreamsynthはオリジナルシンセでしたが、エミュレーションシンセに切り替えてきました。

moog本家からは「Minimoog Model D」は復刻版が出たり、限定生産の「Minimoog Model D Walnut」が出たりと未だに色褪せないシンセで、ベリンガーからもエミュレートハードシンセ「POLY D」が出ていたりとヴィンテージシンセとしては人気の機種です。

「Minimoog Model D」の実機サウンド

Kraftwerk, Herbie Hancock, Rick Wakeman, Pink Floyd, Parliament, Gary Numanなど往年の名曲サウンドに使われている定番シンセ。

オリジナルとまったく同じリアルなインターフェイスでのオリジナルのすべての機能をもちながらも
250以上のファクトリープリセットパッチ、ポリフォニックモード:1、2、4、8、または16ボイス、MPE互換コントローラー、オーバーサンプリングと現代的な仕様になっているソフトシンセです。

Minimode」エミュレートシンセは他社からも出ていてArturiaからはMini V
SoftubeからはModel 72 Synthesizer Systemが出ています。
ともに2万円以上と高価なシンセなのですが、Minimodeは1万円以下と価格帯的には非常に試しやすい価格設定になっています。

Minimodeの特徴


・伝説のモデルDの忠実なバーチャルアナログエミュレーション
・オリジナルとまったく同じリアルなインターフェイスでのオリジナルのすべての機能
・三角形、鋸歯状三角形、ランプ鋸歯状、正方形、幅の広い長方形、および幅の狭い長方形の波形を備えた3つの発振器
・クラシックな4極、24dB/オクターブラダーフィルター
・フィードバックとサイドチェーン、非常に正確に複製されたオーバードライブ特性を備えた元の楽器の外部入力機能を複製
・プロのサウンドデザイナーによって作成された250以上のファクトリープリセットパッチで完全にプログラム可能
・モノフォニックおよびポリフォニックモード:1、2、4、8、または16ボイス
・固有のオシレーターミキサーとVCAオーバードライブ特性の非常に正確なモデリング
・MPE互換コントローラーを使用した表現力豊かなパフォーマンスのためのMIDIポリフォニックエクスプレッション(MPE)のサポート
・使いやすいMIDI学習を備えた、すべてのコントロールの完全なMIDIコントロールとDAW自動化
・プリセットおよびグローバルレベルのMIDIマッピング
・CherryAudioの評価の高いフォーカスズームイン機能
・超低CPU負荷で最適なパフォーマンスを実現する高度に最適化されたコーディング
・ユーザーが調整可能なオーバーサンプリング制御

VST3,AAX,M1 Nativeにも対応済みです。

※価格に為替レート影響あり
5/31まで 【33%OFFのセール中!】 ¥8,450 ⇒ ¥5,587 
Minimodeの購入はこちら >>
スポンサードリンク

Minimode レビュー 価格面でのコスパが良すぎる!

Minimodeはどこかで耳にしたことがある音の太いアナログサウンドが特徴です。
シンセが好きな人だとずっと鳴らして遊んでいられると思います。

miniVなど他社のエミュレートシンセと比較して優れている点としては
・MPEをサポート
・オーバーサンプリングに対応しており最大4xまで設定可能
・価格の安さ
といったところ

オーバーサンプリングはQのボタンから実行できます。

価格の安さはかなり魅力的なのでMinimoog Model Dのサウンドを出したかった人にとっては嬉しい点です。

同じくMinimoog Model DのエミュレートシンセのArturia Mini Vと比べてしまうと、アルペジエーターが付いていなかったりエフェクトセクションの拡張が無かったりと、
機能面で物足りなさを感じる人もいそうです。機能面ではArturia Mini Vの方が上です。
そのかわり価格差があります。(miniVは21,374円前後)

■MinimodeとminiVの比較動画

サウンド面ではほぼ変わらず。ぱっと見たときのUIも元Minimoog Model Dと同じです。
価格差の大きいコスパ面で考えるとMinimodeが圧勝です。他のシンセを持っておらず往年の名機であるMinimoog Model Dのサウンドを取り入れたい人にとっては良い選択肢の一つになりますね。

毎作感じることとして、CherryAudoのシンセは突き抜けて良い!という印象は無いのですが、80点台の十分満足できる支払金額とのバランス良い価格設定とシンセクオリティが絶妙なんですよね。

Minimodeはプリセットも充実していて、シンセのサウンドを作るのが苦手な人でも求めていたサウンドにたどり着けます。

Minimodeのバージョン情報の確認方法

Minimodeのロゴをクリックすることでバージョンが確認できます。

minimodeのロゴ

minimodeのロゴ

スポンサードリンク

Cherry Audio Minimodeの買い方

Minimodeを購入するなら「Plugin Boutique」がお得に買い物できます。

Plugin Boutiqueでの購入方法解説


Plugin Boutiqueは英語のサイトですが、わかりやすいサイト構成になっていますので簡単に買い物ができます!
詳しい買い物方法はこちらの記事「Plugin Boutiqueでのプラグインの買い方を解説。「Xpand!2」のインストールを例にして紹介」を参照してください。

誰得ギター
定期的に入れかわる「1回購入でもらえるプラグイン」も
Plugin Boutique利用者がチェックしている点です。
2022年2月の「1回購入でもらえるプラグイン(会計時に1円以上になっていることが条件)」は

Multiband Stutter, Half-Time, Reverse, Scratch, Tape-Stop, GlitchといったEDMで多様されるエフェクトを簡単に作れる「TimeShaper 3


誰得ギター
Plugin Boutiqueで何度も購入しているユーザーならバーチャルキャッシュがたまっているはずですので、バーチャルキャッシュを使って1円まで割引した状態でもギフトはもらえます。(会計時に1円以上が条件)

誰得ギター
一見して英語のサイトなのでサポートが不安になるかもしれませんが、Plugin Boutiqueでのヘルプ・問い合わせは『日本語』でも受け付けています。
私もメールを問い合わせした後、日本語で返信が届き驚きました。

誰得ギター
Plugin Boutiqueでの支払い方式にGooglePayが追加されました。 またApple Payを使う場合はSafariを使うと支払いボタンが表示されます。 


AAX,M1 Nativeにも対応済みです。

※価格に為替レート影響あり
5/31まで 【33%OFFのセール中!】 ¥8,450 ⇒ ¥5,587 
Minimodeの購入はこちら >>

Cherry audioの他のおすすめシンセ


Cherry Audio Dreamsynth
Cherry Audio Quadra
Cherry Audio Mercury-4

その他のシンセレビュー紹介

シンセ カテゴリ一覧はこちら >>

-cherry audioおすすめ
-, , , , , ,

スポンサードリンク
スポンサードリンク

サイト内検索

タグ

今月のDTMプラグインセール

  • この記事を書いた人

誰得ギター | 櫻井徳右衛門

『誰得ギター』はギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。 最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。 Twitter限定で発信している情報もあり!!⇒ 誰得ギターアカウントのフォローはこちら >> ■中の人プロフィール ギターがメインの楽器です。 ⇒ @guitarsakurai2のフォロー >> 作った曲配信中→http://linkco.re/xyZ8uEeu

-cherry audioおすすめ
-, , , , , ,