【終了間近】の狙い目DTMセールはこちらから >>

「Prophet-5 V(ARTURIA V Collection 9)」レビュー・使い方/みんな一度は憧れる定番のアナログシンセ「Prophet-5」のエミュ音源

誰得ギター

坂本龍一など数多くの名曲を生み出したシンセ「Prophet-5」のエミュレートソフトシンセ!
目次

Arturia Prophet-5 V はこんな人におすすめ

・アナログシンセのサウンドが好きな人
・「Prophet-5」のサウンドが好きな人

Arturia Prophet-5 V はこんなシンセ音源

定番のアナログポリフォニックシンセが「Prophet-5」
1978年発売以来、Rev.1,Rev.2と改良を繰り返し2022年5月現在Rev.4まで改良されて発売されているアナログシンセです。

国内・海外問わず様々なキーボード・ミュージッククリエイターが使い倒しているド定番シンセで、ソフトシンセも多くのメーカーからエミュレートシンセが出ています。

■Prophet5のエミュレートソフトシンセ
・Native Instruments /Pro-52,Pro-53(ディスコン)
・Arturia /ProphetV
・u-he /REPRO-5
・ikmultimedia /Syntronik Pro-V

その中でもこの記事では「Arturia Prophet-5 V」を解説してきます。
Arturiaのヴィンテージシンセバンドル「V Collection 9」がリリースされ、その中に収録されている「Prophet-5 V」がリビルド(エンジン部作り直し)されています。

サウンドだけでなくUIの作り込みも実機のProphet5のようになっています。

Prophet-5 V のレビュー

Prophet5のエミュレートソフトシンセとして上がるのが「u-he /REPRO-5」です。


この「REPRO-5」サウンドは良いのですがCPU負荷がかなり高いことで知られています。

Arturia Prophet-5 V

Arturia Prophet-5 V

一方「Arturia Prophet-5 V」はかなりCPU負荷が少ない。そして見た目の実機っぽさがたまらんつくりになっています。
実機アナログシンセサウンドの音の太さには敵いませんが、ソフトシンセならではの柔軟さが「Arturia Prophet-5 V」の強み。

プリセットから狙った音をかんたんに探せるのはもちろんのこと、Advancedモードからモジュレーション、アフタータッチなどのキーボード設定、Arturiaのヴィンテージシンセ由来のエフェクト設定が可能です。
音の作り込みをしたい人にとってはAdvancedモードの項目は非常に便利です。

Advancedモード モジュレーション

Advancedモード モジュレーション

Advancedモード キーボード

Advancedモード キーボード

Advancedモード エフェクト

Advancedモード エフェクト

Arturiaのソフトシンセ共通機能で、他のシンセだとundo/redoで操作履歴を戻すところをPhotoshopのように履歴項目から戻せたり、
初期のマクロ設定がされてあったりと即曲づくりがストレスなく行えるようになっているのがArturiaの音源の良いところです。

V Collection 9」からProphet-5 VのVSモードがなくなり、ベクトルシンセが「PROPHET-VS V」として独立しました。
この点は大きな違いになっています。
切り離された分、決定的にサウンドの方向性が異なるPROPHET-VS Vと使い分けできるので非常に便利になりました。

1 2

『誰得ギター』LINE公式アカウント

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『誰得ギター』というギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。
最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。
Twitter限定で発信している情報もあり!!⇒ フォローはこちら >>

コメントはこちら

コメントする

目次