【終了間近】の狙い目DTMセールはこちらから >>

「KORG MS-20 V(ARTURIA V Collection 9)」レビュー・使い方/SQ-10のアナログシーケンサー付きのMS-20エミュシンセ

スポンサードリンク
誰得ギター
名前がややこしいのですが、Arturiaがリリースした「KORG MS-20 V」です。
MS-20エミュシンセ!
目次

Arturia KORG MS-20 V はこんな人におすすめ

・KORG MS-20の音を出したい人
・クラッシックシンセの音が好きな人

Arturia KORG MS-20 V はこんなシンセ音源

未だに根強い人気がある1978年に発売されたアナログ・セミモジュラーシンセサイザーMS-20をARTURIAが再現。

今回何よりすごいのが製品名に「KORG」の名前が入っていることです。
またシーケンサーKORG SQ-10を「KORG MS-20 V」に内蔵し現代音楽でも使える柔軟な仕様にしています。

KORG MS-20 V のレビュー

KORG MS-20は人気機種で他社からも様々なMS-20のエミュレートシンセが出ています。

KORG本家からはハードの復刻版も出ていましたし、「KORG Collection – MS-20」としてソフトシンセがあります。
またCherry audioからは「PS-20」,u-he Divaには MS-20のモデルが入っています。
ハードシンセでは機「KORG MS-20」の復刻モデル「BEHRINGER K-2」など実機面でも真似されているシンセ。

Arturia版の特徴的機能

機能面では最大6ボイスのポリフォニー、3チャンネル構成のシーケンサー、直列・並列の最大4エフェクト,モーメンタリースイッチと多彩な使い方ができます。

KORG MS-20 Vシーケンサー

KORG MS-20 Vシーケンサー


KORG MS-20 Vエフェクト

KORG MS-20 Vエフェクト

フィルター部ではKORG MS-20 Vの特徴的なサウンドを位置づける要素があります。
Mk1とMk2のスイッチで、Mk1は「KORG IC-35チップ)とMk2(OTAフィルター)を切り替えるもの。
フィルター部にサチュレーションが加わることで音の太い過激な音が出せるようになっています。

Mk1のスイッチに入れた時にポリフォニックモードで運用するとCPUの負荷がかなり大きいため
初期状態だと負荷が高いから注意して使ってね!と注意文が出ます。

配線をつなぎ直したときにケーブルがヌルっと差し込まれるこだわりの演出があったりします。
音はクラシックシンセなのですが、現代音楽作成でも使えるように機能拡張されているのがArturia版良いところですね。

Arturiaおなじみのサウンドが選びやすいプリセットブラウザは秀逸です。

Arturiaおなじみのプリセットブラウザ

Arturiaおなじみのプリセットブラウザ

デメリットをあげるとしたら導入コストの高さでしょうか。
Cherry Audio PS-20」は4,000円台で買えてしまう(頻繁にセール価格に落ちる)のに対し、KORG MS-20 Vは$199。

シンセに投資する金額制限があるとちょっと躊躇してしまいます。

もちろんKORG MS-20 Vは価格差に見合うサウンドや機能なので、購入して損をしたかも…という気分にはなりませんよ。
Arturia KORG MS-20 V を買うなら単体購入よりも「V Collection 9」としてセット購入したほうがお得です。

Arturia KORG MS-20 Vの特徴

・DAW(Live、FL Studio、Logicなど)で再生できる仮想楽器、またはMIDIキーボードを使用してスタンドアロンで再生できる仮想楽器。
・KORGと提携して設計されたオリジナルMS-20のソフトウェアエミュレーション
・ノイズ、PWM、リング変調、ハード同期、および周波数変調を備えたデュアルVCO
・KORGIC-35およびOTAチップをモデルにしたハイパスおよびローパスフィルター
・モーフィング波形を備えたモジュレーションジェネレーターLFO
・ループ/スナッピーモードを備えたデュアルエンベロープジェネレーター
・エンベロープフォロワとサイドチェーンを備えた外部信号プロセッサモジュール
・セミモジュラー信号のカスタマイズ用のパッチベイ
・KORGSQ-10をベースにした内蔵3チャンネル12ステップシーケンサー
・4スロットにまたがる16FX、直列または並列に構成可能
・ユニゾンモードで拡張された6ボイスポリフォニー
・MTS-ESPマイクロチューニングの互換性
・MPEの互換性

Arturia KORG MS-20 V を買うならVコレクション9がお得

Arturia V Collectionが「V Collection 9」へアップデートされています。
今回追加された音源にストリングス音をメインにした「KORG MS-20 V」、ボーカル音をメインにした「KORG MS-20 V」が増えています。
KORG MS-20 V、KORG MS-20 Vともに販売価格は$99。

V Collection 9」は合計32音源を扱えるバンドルのため使える音が増えて作曲の幅が広げられます。

※価格に為替レート影響あり
「Arturia V Collection 9」の購入はこちら >>

楽器別DTMおすすめ音源

メーカーDTMおすすめ音源

DTMプラグインのまとめ

スポンサードリンク

『誰得ギター』LINE公式アカウント

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『誰得ギター』というギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。
最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。
Twitter限定で発信している情報もあり!!⇒ フォローはこちら >>

スポンサードリンク

コメントはこちら

コメントする

目次