DTM

【即戦力音源】「VPS Avenger」買い方・使い方!出音がぶっとい!即戦力プリセットがたくさん入った人気シンセ

スポンサードリンク

2021年3月13日

【即戦力音源】「VPS Avenger」買い方・使い方!出音がぶっとい!即戦力プリセットがたくさん入った人気シンセ

【即戦力音源】「VPS Avenger」買い方・使い方!出音がぶっとい!即戦力プリセットがたくさん入った人気シンセ

VPS Avenger
リリース以降、アップデートを繰り返して人気と存在感を保ち続けているモンスターシンセがVengeance Producer Suite の「VPS Avenger」です。

Vengeance-SoundとKeilwerth Audioによって生み出されたシンセサイザーです。

どんなジャンルもイケる即戦力モンスターシンセ!
2021年7月31日まで20%OFF!

今すぐVPS Avengerを購入する!

ソフトシンセを選ぶ場合にSerumと比較対象になっていますね。

よく聞くことができるHouse系・EDM系の曲で多様されている音がたくさん詰まっていて、プリセットを鳴らしていくと「この音聞いたことあるな〜」というトーンがたくさん見つかります。

即戦力なサウンドがプリセットでつまっており、プリセットだけでも十分な品質の曲が作れます。
個人的にはRoland Cloudにあるシンセよりも音を鳴らしたときにテンションがあがりました。

音も太く存在感があるのですが、ウィンドウが大きく自在に可変できる点が地味に良いですね。
つまみの場所が把握しやすいのは音楽を作る時のストレス軽減になります。

出音がクリアでシンプルに太いので、存在感のある音を出したいときはAvengerに頼ってしまいますね。
はっきりした【ぶっといシンセベース】をほしい人にも良いです。

どんなジャンルもイケる即戦力モンスターシンセ!
2021年7月31日まで20%OFF!

今すぐVPS Avengerを購入する!

「VPS Avenger」音源サンプル動画

VPS Avenger 使い方

サウンドライブラリからプリセットを選んでいきます。

サウンドライブラリのカテゴリは以下に分かれています。
・Arp
・​Bass
・Bell
・Chords
・Drum
・Effects
・Instruments
・MultiLoops
・Organ
・Pad
・Piano & Keys
・Plucked
・Sequences
・Synth
・TrangeGate
・Voice

とくにSequencesフォルダにあるループデータはすでに作り込みされているものがほとんどでそのまま曲に使えるものばかり。
プリセットの量が多いのでどれを選んでいいかわからないときや、見落としていて良さげなプリセットでてこやー!という気分のときには
カテゴリ検索にある「SURPISE!」ボタンを押すとAvenger側でプリセットを自動選択してくれます。

プリセットの検索では
・使われる音楽ジャンル、
・プリセットカテゴリ、
・プリセット音源の雰囲気、
・アーティスト別、
・テキスト検索、
・お気に入りのみ検索
があります。

プリセットを選ぶだけでも十分なサウンドが出てきますが、
ここからさらにカスタマイズができます。
インターフェイスを見るとわかるとおりものすごい数のつまみが並んでいます。
このつまみがどういう風に動作して、どういう音ができあがるのか?
自由すぎるサウンドメイクの壁がありますが使いこなせれば、作れる音楽の幅が広がり、夢も広がります。

スポンサードリンク

VPS Avenger 主な特徴

930種類以上のファクトリープリセット
620個のマルチサンプル
218個のスペシャル・サンプル(アタック、ノイズ)
154個のリサンプラー波形
168個のドラムキット、168個のドラムシーケンス
596個のウェーブテーブル
数千のオシレータ・シェイプ
30種類のエフェクトタイプ(ArtsAcousticのアナログコーラス、リバーブ、フェイザーなども含む)
47種類のフィルター・タイプ
リサンプリング/ウェーブテーブル・ジェネレータ搭載
フリーフォームOSC / 波形を書き込めます
エイリアス・フリーOSC / ウェーブテーブル、FM、AMモジュレーション
ドラッグ&ドロップで操作可能な、パワフルで簡単なモジュレーション・マトリクス
操作画面のリサイズ (4k対応)
アンドゥ機能
快適なプリセット検索システム/タグクラウド
8つのアルペジオ、8ステップシーケンサ、18エンベロープジェネレータ
素早くサウンドを調整できるマクロ・コントローラ
外部MIDIコントローラーとペダルのサポート
自在にルーティング可能なFXバスとセンドエフェクト
カスタマイズ可能なLFO、4つのシェイパー・モジュール
ユニゾン機能:コーダー、“V-Saw” - Supersaw
お手持ちのサンプル、ドラム、ウェーブテーブル、オシレータ波形のインポート
MIDIラーン

シンセに必要な機能が一覧できる大画面インターフェイス

そして使い方が独特ではありますがドラムシーケンサー付きです。

さらにサードパーティ製品のAvengerライブラリを追加インストールして音源を増やすことができます。
ファクトリープリセットでは最近のシンセサウンドが多めでヴィンテージ系のサウンドは少なめです。
サードパーティライブラリは即戦力になる音源がおおく(TRAP,HOUSE,FUTURE BASS、EDM,TRANCEなど)Avengerをいじりたおしていくとますます欲しくなってしまうのがデメリットかもしれません。

VPS Avenger Expansion Pack(拡張パック)

VPS Avengerには追加拡張音源「VPS Avenger Expansion Pack」が用意されています。
最初のプリセットだけでは物足りなさを感じたときに随時追加購入していける拡張音源です。

拡張パックは使うジャンルごとにカテゴライズされているので、ドンピシャな音源になっている即戦力です。

VPS Avenger Expansion Packにどんな音源が入っているのかは、VPS Avengerの公式Youtubeチャンネルで確認できます。

VPS Avenger Expansion Pack: House & Techno, VPS Avenger Expansion

Avenger Preset Pack: Classic Drum & Bass, Avenger Preset Pack: Classic

スポンサードリンク

VPS Avenger Expansion Pack(拡張パック)はどこで買う?

Avengerログイン後ページの下の方までスクロールしていくとYOUR PRODUCTSの枠が見つかります。
その下に見える『AVAILABLE EXPANSIONS FOR PURCHASE』のBUYボタンより購入ができます。

https://register.vps-avenger.com/login

VPS Avenger Expansion購入

VPS Avenger Expansion購入

またSONICWIREでもAvenger Expansion Packの購入ができます。

おすすめされている「VPS Avenger Expansion Pack」

AVENGER EXPANSION PACK:8 BIT ERA

ファミコンチップで鳴らしたような8ビットサウンドが詰まったAvenger Expansion Pack

AVENGER EXPANSION PACK:DOOMSTEP

邪悪で重厚なサウンドをメインにしたAvenger Expansion Pack

AVENGER EXPANSION PACK:IBIZA HOUSE

ハウスミュージック用の明るい音色

Avenger Expansion Demo: Hip Hop 2

Hip Hop特化音源

VPS Avenger 評判

AvengerのCPU負荷は高めなのですが、その分Avengerのプリセットをそのまま即投入できるのが強みになっているようです。

VPS Avenger 買い方

VPS Avengerを購入するなら「Plugin Boutique」がお得に買い物できます。

Plugin Boutiqueは英語のサイトではありますが、わかりやすいサイト構成になっていますので簡単に買い物できますよ!
詳しい買い物方法はこちらの記事「Plugin Boutiqueでのプラグインの買い方を解説。「Xpand!2」のインストールを例にして紹介」を参照してください。

VPS Avenger ダウンロード方法

ライセンス購入が終わったらAvenger公式サイトからダウンロードとライセンス認証登録を行います。
https://register.vps-avenger.com/login

登録後のダッシュボードからはAvengerの拡張音源エクスパンションパックを購入することもできます。
ジャンルに特化したサウンドプリセットが入っているので気になるようでしたらサウンドをチェックしてみてください。
開発元のVengeanceSoundのYoutubeチャンネルでプリセットの音を確認できます。
Vengeance-Sound - YouTube

2021年7月31日まで20%OFF!

今すぐVPS Avengerを購入する!

参照

Vengeance Sound 公式サイト

-DTM
-, ,

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • この記事を書いた人

Sakurai@DTMerギタリスト

DTMに目覚めたギター弾き。メタル・ゲーム音楽が好み プラグインセール情報まとめ⇒ #saplugin

© 2021 誰得ギター