<景品表示法に基づく表記 > 本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

DTMプラグイン販売サイト「Plugin Boutique」 セール情報


9月はシンセセール!KORGコレクション4や他社の人気シンセが安く入手出来るチャンス!
またアップデートされたiZotope Ozone11,Nectar4を軸にしたiZotopeバンドルセール!
今まで買い集めてきた人は悔しすぎる【UADの最大88%OFF】価格破壊セール!

↓↓↓ 今すぐ【2023年9月】のプラグインセールを見るにはこちら↓↓↓
Plugin Boutiqueのセール会場を今すぐ見るにはこちら >>

Vengeance Soundおすすめ

シンセ「VPS Avenger」レビュー!評判はどう?プロも使ってる出音の太い即戦力シンセ

2023年8月9日

スポンサードリンク

「VPS Avenger はこんな人におすすめ

・なんでもできる万能シンセがほしい
・エレクトロサウンドな曲を作りたい人
 ・音源拡張できるシンセがほしい人

【即戦力音源】「VPS Avenger」買い方・使い方!出音がぶっとい!即戦力プリセットがたくさん入った人気シンセ

【即戦力音源】「VPS Avenger」買い方・使い方!出音がぶっとい!即戦力プリセットがたくさん入った人気シンセ

リリース以降、アップデートを繰り返して人気と存在感を保ち続けているモンスターシンセが、
Vengeance Producer Suite(略称VPS) の「VPS Avenger」。

AvengerはVengeance-SoundとKeilwerth Audioによって生み出されたシンセサイザーです。

VPS Avenger

Avengerので公式デモを見ると、デモレーターをしているBartek氏が非常に楽しそうにAvengerを演奏しているのが毎動画楽しそうで見入ってしまいますね。

注目したいのがほとんど指を動かしていないのに、ものすごいクオリティのシークエンスサウンドが流れている点です。

シークエンスプリセットはベース帯域を鳴らしたとき、同時にリズムトラックが鳴るようになっているので、右手で演奏するメロディを入れていくとすぐに曲になってしまうチート機能があります。
そして単純にAvengerの音はものすごく良く圧倒されます。

日本の音楽史を築き上げたプロデューサー小室哲哉氏が現在の音楽業界について語っているこの動画が話題になりました。
モニターに「VPS Avenger」が映っているの気が付きました?

ソフトシンセを選ぶ場合にNexus4,Serumなど比較対象になっていることでも知られています。

VPS Avengerを選ぶ理由

・太い出音
・多様なジャンルに使えるシンセのポテンシャルの広さ
・一度は聴いたことがある音が出来上がっているプリセット

誰得ギター
プリセットの即戦力がすごい上に更に音の作り込みができるモンスターシンセ

誰得ギター
VPS Avenger一つでどんなジャンルにも対応できる汎用性も魅力的!

誰得ギター

ポップス、ロック、エレクトロ系ジャンルを問わず使える即戦力プリセットが内蔵されています。
VPS Avengerのサウンドを取り込んでいけば、曲のクオリティを簡単に上げられます。

スポンサードリンク

Avengerの特徴

VPS Avenger レビュー・感想

よく聞くことができるHouse系・EDM系の曲で多様されている音がたくさん詰まっていて、
プリセットを鳴らしていくと「この音聞いたことあるな〜」というトーンがたくさん見つかります。

この音聞いたことあるな〜」って結構重要ですよね。
音を聞いて出したいと思ったら同じ機材が欲しくなるわけで、同じ音質が簡単に入るならそのシンセを手に入れたくなります。

即戦力なサウンドがプリセットでつまっており、プリセットだけでも十分な品質の曲が作れます。

正直なことを言ってし今うと、もう少しプリセット数があると嬉しいですが、ここのメーカーは拡張プリセットに力を入れているのでビジネス的にこれ以上初期プリセット数をふやすのは無理なのかなと感じます。
機能豊富すぎですが、音作りはしやすいのでガンガン個性的な自分の音を作っていきたいですね。

個人的に「VPS Avenger」を鳴らしたとき、Roland Cloudにあるシンセよりも音を鳴らしたときにテンションがあがりました。

音も太く存在感があります。
つまみの場所が把握しやすいのは音楽を作る時のストレス軽減になります。

出音がクリアでシンプルに太いので、存在感のある音を出したいときはAvengerに頼ってしまいますね。
はっきりした【ぶっといシンセベース】をほしい人にも良いです。

またウィンドウが大きく自在に可変できる点が地味に良いですね。

誰得ギター
Avengerはセールをする時期が決まっていますがセール回数が非常に少ないです。
どんなプラグインでも、買ったあとソフトの操作を覚えて使いこなせるようになる時間のコストが必要になります。

Avengerは様々な音が入っている分、使う回数が多くなる音源ですので、安くなる時期を待っているより欲しいときが購入時です!

VPS Avengerの購入はこちら

月払いで支払いが終わると自分のものになる(永久ライセンスになる)
Rent To Own Sale】でも購入できます。
誰得ギター

※ プロも使ってる出音の太い即戦力シンセ!!


今すぐVPS Avengerを購入する!

「VPS Avenger」音源サンプル動画

スポンサードリンク

VPS Avenger 使い方

VPS Avenger 使い方

VPS Avenger 使い方

VPS Avengerのサウンドライブラリ

最初は左上にある【サウンドライブラリ】からプリセットを選んでいきます。

サウンドライブラリのカテゴリは以下に分かれています。

・Arp
・​Bass
・Bell
・Chords
・Drum
・Effects
・Instruments
・MultiLoops
・Organ
・Pad
・Piano & Keys
・Plucked
・Sequences
・Synth
・TrangeGate
・Voice

とくにSequencesフォルダにあるループデータはすでに作り込みされているものがほとんどでそのまま曲に使えるものばかり。

VPS Avengerの豊富な930以上のサウンドプリセット

プリセットの量が多いのでどれを選んでいいかわからないときや、見落としていて良さげなプリセットでてこやー!という気分のときには
カテゴリ検索にある「SURPISE!」ボタンを押すとAvenger側でプリセットを自動選択してくれます。

プリセットの検索では

・使われる音楽ジャンル、
・プリセットカテゴリ、
・プリセット音源の雰囲気、
・アーティスト別、
・テキスト検索、

・お気に入りのみ検索
があります。

プリセットを選ぶだけでも十分なサウンドが出てきますが、ここからさらにカスタマイズができます。
インターフェイスを見るとわかるとおりものすごい数のつまみが並んでいます。

このつまみがどういう風に動作して、どういう音ができあがるのか?
自由すぎるサウンドメイクの壁がありますが使いこなせれば、作れる音楽の幅が広がり、夢も広がります。

VPS Avengerジャンルやタイプ検索

VPS Avengerジャンルやタイプ検索

VPS Avenger 主な特徴

930種類以上のファクトリープリセット
620個のマルチサンプル
218個のスペシャル・サンプル(アタック、ノイズ)
154個のリサンプラー波形
168個のドラムキット、168個のドラムシーケンス
596個のウェーブテーブル
数千のオシレータ・シェイプ
30種類のエフェクトタイプ(ArtsAcousticのアナログコーラス、リバーブ、フェイザーなども含む)
47種類のフィルター・タイプ
リサンプリング/ウェーブテーブル・ジェネレータ搭載
フリーフォームOSC / 波形を書き込めます
エイリアス・フリーOSC / ウェーブテーブル、FM、AMモジュレーション
ドラッグ&ドロップで操作可能な、パワフルで簡単なモジュレーション・マトリクス
操作画面のリサイズ (4k対応)
アンドゥ機能
快適なプリセット検索システム/タグクラウド
8つのアルペジオ、8ステップシーケンサ、18エンベロープジェネレータ
素早くサウンドを調整できるマクロ・コントローラ
外部MIDIコントローラーとペダルのサポート
自在にルーティング可能なFXバスとセンドエフェクト
カスタマイズ可能なLFO、4つのシェイパー・モジュール
ユニゾン機能:コーダー、“V-Saw” - Supersaw
お手持ちのサンプル、ドラム、ウェーブテーブル、オシレータ波形のインポート
MIDIラーン

シンセに必要な機能が一覧できる大画面インターフェイス

そして使い方が独特ではありますがドラムシーケンサー付きです。

さらにサードパーティ製品のAvengerライブラリを追加インストールして音源を増やすことができます。
ファクトリープリセットでは最近のシンセサウンドが多めでヴィンテージ系のサウンドは少なめです。
サードパーティライブラリは即戦力になる音源がおおく(TRAP,HOUSE,FUTURE BASS、EDM,TRANCEなど)Avengerをいじりたおしていくとますます欲しくなってしまうのがデメリットかもしれません。

VPS Avenger Expansion Pack(拡張パック)

Avengerには追加拡張音源「VPS Avenger Expansion Pack」が用意されています。
最初のプリセットだけでは物足りなさを感じたときに随時追加購入していける拡張音源です。

拡張パックは使うジャンルごとにカテゴライズされているので、ドンピシャな音源になっている即戦力です。

VPS Avenger Expansion Packにどんな音源が入っているのかは、VPS Avengerの公式Youtubeチャンネルで確認できます。

VPS Avenger Expansion Pack: House & Techno, VPS Avenger Expansion

Avenger Preset Pack: Classic Drum & Bass, Avenger Preset Pack: Classic

VPS Avenger Expansion Pack(拡張パック)はどこで買う?

Avenger公式サイト、pluginboutiqueで購入します。

VPS Avenger Expansion Packの情報はこちらのページでまとめています。
「VPS Avenger Expansion 」おすすめAvengerの拡張音源を探そう

他のVPS Avenger Expansion Packはこちら >>

「VPS Avenger Expansion 」おすすめAvengerの拡張音源を探そう

リリース以降、アップデートを繰り返して人気と存在感を保ち続けているモンスターシンセが、 Vengeance Producer Suite(略称VPS) の「VPS Avenger」。 VPS Aven ...

VPS Avenger 評判

AvengerのCPU負荷は高めなのですが、その分Avengerのプリセットをそのまま即投入できるのが強みになっているようです。

VPS Avenger バージョン確認方法

詳細設定ウィンドウにある「SYS」タブを選びます。
中央下にかかれている「V○○○」が現在使っているAvengerのバージョンです。

VPS Avenger バージョン 1.8 リリース

2021年11月Avengerバージョン 1.8 リリース されました。
バージョンにともないライブラリの音がいくつか増えています。

129 Avenger presets 14 new drumkits
14 new drumsequences 5 new granular samples
2 new multiloops (vocals) 132 new multisamples
22 new osc shapes 30 new wavetables

Avenger バージョン1.8が条件のExpansionリリースされています。

Vengeance Producer Suite - Avenger Expansion Demo: Tropical House 2

Vengeance Producer Suite - Avenger Expansion Demo: Italo Disco 2

Vengeance Producer Suite - Avenger Expansion Demo: Vocal Trance

Vengeance Producer Suite - Avenger Expansion Demo: Melodic Techno 1


VPS Avenger セール・最安値は?

※金額は当時の為替レートによる

2022/1/16まで 25%OFF ブラックフライデー&年末セール
2022年5月 50%OFFセール
2022年9月 50%OFFセール
2022年11月 ブラックフライデー33%OFF ¥35,763円 ⇒ ¥ 23,961
2022年11月28~12/4 セール Vengeance Sound VPS Avenger & Expansions Sale 52%OFF ¥ 35,110 ⇒ ¥ 16,639
2023年4月1〜16まで  33%OFF ¥ 33,314円 ⇒ ¥ 22,444

VPS Avenger 買い方

VPS Avengerを購入するなら「Plugin Boutique」がお得に買い物できます。

Plugin Boutiqueは英語のサイトではありますが、わかりやすいサイト構成になっていますので簡単に買い物できますよ!
詳しい買い物方法はこちらの記事「Plugin Boutiqueでのプラグインの買い方を解説。「Xpand!2」のインストールを例にして紹介」を参照してください。

VPS Avenger ダウンロード方法

ライセンス購入が終わったらAvenger公式サイトからダウンロードとライセンス認証登録を行います。
https://register.vps-avenger.com/login

登録後のダッシュボードからはAvengerの拡張音源エクスパンションパックを購入することもできます。
ジャンルに特化したサウンドプリセットが入っているので気になるようでしたらサウンドをチェックしてみてください。
開発元のVengeanceSoundのYoutubeチャンネルでプリセットの音を確認できます。
Vengeance-Sound - YouTube

参照

Vengeance Sound 公式サイト

その他のシンセレビュー紹介


他のシンセと比較する

Canopies (CUBE Expansion)

DTM

2023/9/30

Canopies (CUBE Expansion)レビュー!調整なしに映画のワンシーンに使えそうなサウンドプリセット集

Canopies (CUBE Expansion) はこんな人におすすめ ・サウンドスケープライブラリを強化したい人 Canopies (CUBE Expansion) レビュー Lunacy.audioの次世代シンセ「CUBE」では拡張音源がリリースされています。 今回リリースされた拡張音源「Canopies」はザ・フラッシュバルブ (The Flashbulb)としても知られる有名なエレクトロニカ・ミュージシャン「Benn Lee Jordan」によるサウンドプリセットです。 Benn Lee Jor ...

Pianoverse

DTM

2023/9/29

「Pianoverse」IKのピアノ音源!サンプリングロボットを使って集音されたピアノが持つ自然な強弱表現を完璧に再現

「Total Studio 2 MAX」と「Total Studio 2 DELUXE」の違い

「Usynth PIXEL」

ujam セール

2023/9/26

「Usynth PIXEL」レビュー!UJAM待望のチップチューンシンセ音源

UJAM Usynth Deluxeはこんな人におすすめ ・ファミコンの音を使ったチップチューンが作りたい人 ・クラッシックなゲームサウンドを利用したい人 Usynthシリーズに新作「PIXEL」が登場。 80年、90年代のクラシックなゲームサウンドを鳴らせるシンセです。 スーパードンキーコングシリーズの作曲家として知名度の高い「デビッド・ワイズ」が関わった本格的なゲームサウンドが手元で鳴らせます。 単純にゲーム機で使われているサウンドを真似ているのではなく、 レトロなゲームサウンドの質感なんだけど、洗練 ...

Tracktion Theia

DTM tracktionセール

2023/9/21

『Tracktion Theia』Hyperionシンセをお手軽にし濃厚な80年代サウンドを表現豊かに再現するシンセ

Theia はこんな人におすすめ ・80年代サウンドが好きなシンセマニアの人 「Theia」は Tracktionのソフトシンセサイザーです。 WAVESEQUENCER VIRTUAL INSTRUMENTの Paul Carter によるシンセ。 Hyperionというもモジュラーシンセがあり、このHyperionをもっと扱いやすくしたのが「Theia」です。 Hyperionの音は気に入っていたけど、難しすぎて挫折した人は要チェック! サンプラーのように使って鳴らせるシンセになっています。 Hype ...

「SOLO: World Lead Synth」

DTM

2023/9/20

「SOLO: World Lead Synth」東洋スタイルのスケールコンバーターを搭載したオリエンタルサウンドシンセ

TAQSIM SOLO: World Lead Synth  はこんな人におすすめ ・民族楽器を今どき風にアレンジして使いたい ・オリエンタルサウンドを活かした音楽を作りたい ・微分音階を調整したい TAQSIM SOLO: World Lead Synth TAQSIMの「SOLO: World Lead Synth」は民族楽器の音をベースにシンセと組み合わせた珍しいアプローチのシンセ音源です。 単純に伝統的な民族楽器のサンプルではなく、民族楽器の音を土台にしてブレンドし、ワールドミュージックサウンドを ...

「KORG wavestate native」

KORG

2023/9/15

「KORG wavestate native」レビュー!ウェーブシーケンスで多彩な変化を実現するシンセサイザー

KORG wavestate native  はこんな人におすすめ ・ベクターシンセサイザーのサウンドが好き ・ウェーブ・シーケンシングを使いたい人 KORG wavestate native レビュー

「KORG modwave native」

KORG

2023/9/15

「KORG modwave native」レビュー!Kaoss PhysicsとMotion Sequencingで個性的な音作りができるウェーブテーブルシンセ

「modwave native」は2021年にリリースされたmodwaveのプラグイン版です。 デジタル・ウェーブテーブルとリッチなアナログ・フィルターを組み合わせ、アナログ・オシレーターでは不可能なサウンドを実現したKORGの代表機種「DW-8000」 このDWシリーズのサウンド資産を進化させたのがmodwaveのサウンドです。 2つのウェーブを1レイヤーとして2レイヤー重ねて音が鳴らせます。 Kaoss Physicsと呼ばれているXYPADで直感的に操作し変調先を制御することで今までのシンセとは比べ ...

「KORG opsix native」

KORG

2023/9/14

「KORG opsix native」レビュー!FM合成+減算合成+加算合成の自由度の高いシンセ

KORGシンセの中でも非常にユニークなシンセがあります。 それが6オペレーターを備えるFMシンセ「opsix」 OPSIXは、2020年11月に発表された6オペレーターFM音源搭載の32音ポリフォニック・シンセサイザー。 FMシンセ好きを唸らせる仕様になっていて、FMシンセの代名詞ともなっているDX7サウンドとは異なり、Yamahaのフラグシップシンセ「montage」」でできない変調が可能です。 このKORGシンセopsixのプラグイン版が「opsix native」です。 2023年6月に発売された「 ...

「KORG Collection 4」

KORG

2023/9/14

「KORG Collection 4」レビュー! 懐かしのJ-POPSサウンドを再現!歴代KORGシンセを集めたプラグイン版

KORGシンセの音からは他社製品では真似できない独特の明るさとパワーを感じます。 特にハードシンセの音でバンドで合わせたときの音抜け感はソフトシンセと全然違うんですよね。 曲間でシンセの音を強くアピールできるKORGの歴代14機種を収録したシンセバンドルが「KORG Collection 4」です。 歴代KORGシンセを集めたプラグイン版で、昔の懐かしいサウンドを鳴らしたい人、最近流行りの古い音を現代サウンドに混ぜて新しい曲を作っていきたい人は要チェック! KORGのシンセをエミュレートしたソフトシンセは ...

DTM

2023/9/3

「UNITY Modern Trailer Synth」レビュー!評判はどう?トレイラーミュージック向けのサンプラーシンセ

スリリングなシーンのBGMを作っていてもっと派手にパンチあるサウンドが欲しい… 実はトレイラー用途のシンセ・音源を使ってサウンドをまぜていくと出音がかなり派手になります。 トレイラーミュージック向けで派手なサウンドというとkeepforestの音源が音質のセンスもよく簡単に派手に仕上がるのでとても使い勝手が良いです。 しかしKeepforestは若干価格帯が高めに設定してるので気軽に導入しにくいのが難しいところ。 そこでもう少しお手軽な価格帯で扱いやすいのが「AVA Music Group」の音源です。 ...

-Vengeance Soundおすすめ
-, , , ,

-Vengeance Soundおすすめ
-, , , ,

スポンサードリンク
スポンサードリンク

『誰得ギター』メルマガ登録はこちら

・『終了直前のDTMセール情報』
・『見逃せないDTMプラグインのセール情報のまとめ』
・『DTMで使える小ネタ』
等お役立ちコンテンツを定期的に配信予定です!
ぜひご登録ください。

今月のDTMプラグインセール

楽器別DTM セール

楽器別DTMおすすめ音源

メーカーDTMおすすめ音源

DTMプラグインのまとめ

Neutron4のエフェクトモジュールの使い方

  • この記事を書いた人

誰得ギター

『誰得ギター』はギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。 最新のプラグインセール情報はTwitterが最速です。 誰得ギターTwitterアカウントのフォローはこちら >> レビュー記事にしている一部のDTMプラグインはpluginboutique Japan様より提供頂いております。

-Vengeance Soundおすすめ
-, , , ,