DTM プラグイン

「Spitfire Audio LABS」無料で使える劇伴向けDTM音源解説とインストール方法

スポンサードリンク
スポンサーリンク

DTMerなら必ず持っておきたい音源の一つに「Spitfire Audio LABS」があります。
この記事ではSpitfire Audio LABSの音源解説とインストール方法を解説していきます。

Spitfire Audio LABSのページで紹介されている音源はFREEのため
使わないのはもったいないです。
バンドサウンドには合わないので基本的にはBGM制作向けの音源です。

Spitfire Audio LABSとは


高品位な音源が無料で使えるSpitfire Audioの音源ライブラリ。
位置づけとしてはSpitfire Audioの音をお試ししてもらいSpitfire Audio本ちゃんの音源ソフトを買ってもらうためだと思います。
サンプルだとしてもサウンド品質が良いです。

音源ライブラリ「LABS」は、Spitfire Audio Appを使って読み込むことができます。VST2、VST3、AAX、AUのフォーマットをサポートしており、これらに対応しているDAWに読み込むことが可能です。これ以外にもLABSにはソフトピアノ、ストリングス、ドラムの3種類の音源がライブラリとして発表されています。

Spitfire Audio LABSをインストール方法

LABS — Free Virtual Instruments

hereのダウンロードリンクをクリックして
SpitfireAudioのファイルをダウンロードします。
ダウンロードリンクがWindowsとMacで分かれている点に注意です。

解凍したらアプリケーションフォルダへコピーします。

SpitfireAudio Appを起動するとSign Inの画面が表示されるので、SpitfireAudioのアカウントでログインします。(もっていない場合にはCREATE ACCOUNTより作成、メールアドレスが必要です。)

Welcome to the Spitfire Audio Appの文字が表示されたら
コンテンツを入れるフォルダのパスを登録します。
外部SSDなどに移動する場合はここで指定します。

VST2 Install Pathを選択します。
ここは変えないで良いでしょう。
FINISHを押すとSpitfire Audio LABSの画面が表示されます。

使いたい音源の「INSTALL」ボタンをおしてダウンロードしていきます。

ダウンロード開始までには少し時間がかかります。
最初は「Authorising... 」の文字が表示されるのでインストールが始まるまで待ちましょう。

Spitfire Audio LABS 音源内容

音源のデモはSpitfire Audio LABSの公式ページでも個別に聞くことができます。
音源毎に個別でYoutube動画として上げられているのでこちらを見ると雰囲気がつかめると思います。

音源のダウンロードはまとめて行えず1つずつの個別ダウンロードになり、それなりに時間がかかるので、暇なときに少しずつダウンロードするのをおすすめします。

LABS Amplified Cello Quartet

リアルなチェロカルテット(4人組のチェロ)音源
もちろんチェロがだせる音階部分しか音源はありません。

LABS CHOIR

クワイヤ音源。言葉を指定することはできずLongのみ。
雰囲気付け程度には使える。

LABS DRUMS

ドラム音源

LABS Dulcimer

弦楽器ダルシマーをサンプリング

LABS Electric Piano

ジャズ・ソウルミュージックで利用される定番のビンテージエレピ音源

LABS Frozen Strings

雪山の劇伴できけるような冷たさを感じさせるストリングス音源。

LABS Granular Whalesong

海に泳ぐクジラの歌をグラニュラーシンセシスした音源。
大海を感じさせるムードあるサウンドがなります。

LABS Hand Bells

ハンドベル音源

LABS London Atmos

ロンドンの町の音をフィールドレコーディングして完成させた音源

LABS Mandolin

マンドリン音源

LABS Modular Piano

アトモス系シンセ音が重なったピアノ音源。

LABS Monochord

マイクロトーン楽器を収録.響きは民族楽器っぽいです

LABS Moon Guitar

Chinese Moon Guitar(月琴:げっきん)をサンプリングした音源。
琴に近い音色。

LABS Music Box

オルゴール音源

LABS Opia

オーディオサンプリングされたシンセ音源
ピアノパッド、シンセ音、パーカッション音と幅広く入っています。

LABS Pedal Pads

パッド音源

LABS Peel Guitar

フェンダーテレキャスターを15w vintage tweed amp に通して録音された音源。
ロックロックしたギターではなく甘い音がする民族楽器に近いサウンド

LABS Piano Pads

音が広がっていくアンビエントパッド。名前とは違いあまりピアノっぽくない

LABS Rare Groove Piano

60年代funk要素が詰まったエレピ音源

LABS Scary Strings

アトモス系ストリングス音源
Scaryの名前の通り不気味なサウンド作りに使える音源

LABS Sleigh Bells

雪だるまがドロップキックで破壊されるPVで知られる音源。

LABS Soft Piano

かなりドライなピアノ音源。打鍵音は強め

LABS Strings

ストリングス音源

LABS Strings2

ストリングス音源。こちらはピチカート音とスウェル音

LABS Synth Pads

パッド音源

LABS textural Pads

SFサウンドにインスパイアされたパッド音源

LABS trumpet Fields

柔らかく温かい印象を受けるトランペット音源。
ゆったりした曲向け?

LABS Tundra Atmos

環境音をMIXしたアトモスフィア系ライブラリ

LABS Wurli

60年代のジャズやロックでつかわれたエレピ音源

LABS CHARANGO

フォルクローレに使われる40から60cmほどの弦楽器「チャランゴ」をサンプリング

LABS Arctic Swells

バイオリンとネイティブアメリカンフルートをミックスした音源

SPITFIRE AUDIOの有料音源

オーケストラ音源は評判が良いです。

□SPITFIRE AUDIO/SPITFIRE CHAMBER STRINGS PROFESSIONAL

□SPITFIRE AUDIO/HANS ZIMMER PERCUSSION

-DTM, プラグイン
-, , ,

色々なギターを試してみたいならギターのサブスク!
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

© 2020 誰得ギター