本日【5月28日】終了予定のセール
スポンサードリンク

「AudioThing Speakers」プラグインレビュー・使い方!ローファイスピーカーなメガホン・ラジカセ・黒電話の出音を再現する

「AudioThing Speakers」レビュー・使い方!
「AudioThing Speakers」レビュー・使い方!

「AudioThing Speakers」レビュー・使い方!

目次

AudioThing Speakers はこんな人におすすめ

・Lo-Fi向けのプラグインが欲しい
・わざとしょぼい音質にしたい
・電話越しで話している音にしたい

誰得ギター
狙い通りすぎてSpeakersをONにしたらニンマリします。

AudioThing Speakers  サンプル動画

ラジカセ・メガホン・電話機・スマホスピーカー、GameboyのスピーカーなどもありSpeakersをONにするだけで選んだスピーカーサウンドに変化します。
IRデータを用いているので非常に変化がリアル。

※価格に為替レート影響あり

「Speakers」の購入はこちら >>
スポンサードリンク

AudioThing Speakers はこんなプラグイン!

AudioThing Speakers」は AudioThingのマルチエフェクトプラグインです。

Speakersの名前通りに、いろいろなスピーカーをシュミレートできるプラグイン。
キャビネットからおもちゃのスピーカーまでのIRデータを収録。

・55種類のスピーカー,
・32種類のマイク,
・18種類のディストーション、
・サウンドデグレードのためのアルゴリズム,
・42種類のバックグラウンドノイズを付加を備えたプラグインです。

TV 1
TV 2
Telephone (1960)
Telephone (1970)
Speaker
Apple II
Megaphone
Tape Player
Tape Recorder
Radio 1(big)
Radio 2(small)
Radio 3
Speak & Spell
Toy Recorder
Vintage Mic
SM58
SM57
CB Radio Mic
Talk Back Mic
Toy Mic 等

Speakersの音の違い

Speakersプラグイン-OFF

speaker-bad radio 壊れたラジオをシュミレート

bad radio

bad radio

Speaker-magaphone メガホンをシュミレート

speaker magaphone

speaker magaphone

Speaker-PAhorn PAスピーカー用ホーン(町内会の案内放送)をシュミレート

Speaker-kuro 黒電話をシュミレート

AudioThing Speakers 使い方

左側のInputセクションでどのマイクから拾った音にするのか?を指定します。
右側のOuputセクションでどのスピーカーから音を出すのか?を決めます。

スピーカーの指定が実に多彩で、
メガホンから出る音、ラジカセから出る音、昔の黒電話から話している声を再現なんてことも「AudioThing Speakers」を通すだけで簡単に再現できます。
簡単に音をチープにできるので色々な場面転換を必要とするノベルゲームなどにも利用できます。

音楽用途としては人気の定着しているLo-Fi Beats,Lo-Fi Hip Hopなど小型スピーカーのシュミレートがあるので
カフェで流れている音楽をリアルに再現なんて手法も取れます。

AudioThing側もLo-Fi系のユーザーを想定しているのかプリセットのフォルダ分けに「Lo-Fi」があります。
Lo-Fi系の曲を作ろうとしているのなら「RC-20 Retro Color」と合わせて必須プラグインでしょう。

誰得ギター
スピーカーシュミレートでLo-Fiを再現!
※価格に為替レート影響あり

「Speakers」の購入はこちら >>

Speakers エフェクト

プリセットだけでもお腹いっぱいになれるプラグインなのですが、「AudioThing Speakers」はエフェクトのルーティングを変更できます。
右上のRoutingの枠をクリックすることで、Routing状況が表示されます。

Mic,Speakerは最初の画面に表示されているエフェクトブロックです。
Mic,SpeakerにのみEQが設定できます。

信号上にあるエフェクトブロックをドロック&ドロップで入れ替えられます。
コマンドキー+クリックでエフェクトブロックのOn/OFFができます。

Speakers Distortion/ Degradation

「AudioThing Speakers」

「AudioThing Speakers」

Distortion(歪み)は色々なプラグインで見かけると思いますが、Degradation(劣化)はLo−Fi系プラグイン独特の設定値です。
ビットレート・サンプルレートを下げて音を劣化させてLo-Fi化させる項目です。

DistortionとDegradationは同じエフェクトブロックになっているため同時には使えません。

Speakers Distortion

  • Carbon Mic
  • Classic
  • Diode Clipper
  • Foldover
  • Soft Drive
  • Tape
  • Valve

Speakers Degradation

  • Bit Crusher
  • Clicks
  • Drops
  • GSM
  • Interference
  • Quantization
  • Radio Gate
  • Robotization
  • Telecom
  • VoIP
  • Warble

メインビューの左上にあるスパナアイコンを押すとスピーカーEQの画面が表示されます。

Speakers Background Noise

バックグラウンドノイズは「Open noise folder」を選ぶとノイズのWAVが入ったフォルダが表示されます。
このフォルダの中にノイズWAVを入れていけば、自分が持っているノイズ素材を追加して使えます。
フォルダデータを反映させるにはプラグインを再読み込みが必要です。

ノイズのWAVを鳴らし続ける機能になっていて、ノイズ自体を本格的に加工したい場合にはNoiseShaperの使用をおすすめします。
ノイズデータにLFOを書いていくのでリズムに合わせたノイズサウンドを演出できます。
自由度の高い編集はNoiseShaper、ノイズがなっている空間演出はAudioThing Speakersと使い分けできます。

あわせて読みたい
「NoiseShaper」購入方法・使い方!Lo-Fi,Ambience向けの曲を作るのに最適なプラグイン 「NoiseShaper」はCableguysによるマルチエフェクターです。 【NoiseShaper はこんな人におすすめ】 https://youtu.be/GqZmkk3FVbo 【NoiseShaper とは?】 名前の通...
スポンサードリンク

AudioThing Speakers レビュー

非常によい感じに音が劣化してくれるので、Lo-Fi系の曲に非常に合いますね。
曲間の雰囲気をガラッと変えたいときにも使えます。
アンビエント系の曲にも使えそう。

ギターアンプのキャビネットプリセットもあったりするのですが、ラジオ、スピーカー、昔の古いTVなど音を劣化させたい方に重きが置かれているプラグインです。
作っているジャンルと合えば1軍入りの即戦力プラグインでしょう。

AudioThing Speakersの買い方

Speakersを購入するなら「Plugin Boutique」がお得に買い物できます。


Plugin Boutiqueは英語のサイトですが、わかりやすいサイト構成になっていますので簡単に買い物ができます!
詳しい買い物方法はこちらの記事「Plugin Boutiqueでのプラグインの買い方を解説。「Xpand!2」のインストールを例にして紹介」を参照してください。

あわせて読みたい
Plugin Boutiqueでプラグインを買うにはどうしたら良い?買い方を解説。「Xpand!2」のインストールを例... 【Plugin Boutiqueでのプラグインの買い方を解説】 DAWで使えるプラグインをお得に購入できるPlugin Boutique 日本語対応されていないので英語が苦手な人はちょっと抵抗...

誰得ギター
定期的に入れかわる「1回購入でもらえるプラグイン」もPlugin Boutique利用者がチェックしている点です。
2022年5月の「1回購入でもらえるプラグイン(会計時に1円以上になっていることが条件)」は
■ボーカル用プラグイン Antares DUO
ボーカルトラックに厚みを加えられるダブラープラグインです。

誰得ギター
Plugin Boutiqueで何度も購入しているユーザーならバーチャルキャッシュがたまっているはずですので、バーチャルキャッシュを使って1円まで割引した状態でもギフトはもらえます。(会計時に1円以上が条件)

誰得ギター
一見して英語のサイトなのでサポートが不安になるかもしれませんが、Plugin Boutiqueでのヘルプ・問い合わせは『日本語』でも受け付けています。
私もメールを問い合わせした後、日本語で返信が届き驚きました。

誰得ギター
Plugin Boutiqueでの支払い方式にGooglePayが追加されました。 またApple Payを使う場合はSafariを使うと支払いボタンが表示されます。 


※価格に為替レート影響あり
「Speakers」の購入はこちら >>

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『誰得ギター』というギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。
最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。
Twitter限定で発信している情報もあり!!⇒ フォローはこちら >>

コメントはこちら

コメントする

目次
閉じる