【終了間近】の狙い目DTMセールはこちらから >>

まだいける!!「BBC Symphony Orchestra Discover」はアンケート回答で無料GETすることが可能

スポンサードリンク

Spitfire Audioは現在、アンケートに回答した人に通常価格49ドルの「BBC Symphony Orchestra Discover」を無償進呈中。
アンケート(合計37問)に回答した人には、14日後に「BBC Symphony Orchestra Discover」のダウンロード・リンクが送信されるとのことです。さらなる詳細は、Spitfire AudioのWebサイトをご覧ください。

・2020年10月25日にアンケート回答を実施しました。
・2020年11月8日(日) に以下のメールが届きダウンロードできました!アンケートに答えるだけなので簡単!
SPITFIRE AUDIOからのメール

SPITFIRE AUDIOからのメール


目次

アンケートに回答するには?

注意ポイント

回答するにはSpitfire Audioのアカウントを作ってSign Inしていることが条件。

Spitfire Audio — BBC Symphony Orchestra Discoverを開き「ADD TO CART」の下にある「OR FREE」のリンクをクリックします。

あとはアンケートに答えていきます。
全26問とちょっと問題数が多いのですが難しいことは聞かれていないので
サクッと埋めていきましょう。

1. WHICH COUNTRY DO YOU LIVE IN? * 「Japan」
2. HOW OLD ARE YOU? * 年齢を回答
3. ARE YOU A STUDENT IN FULL-TIME EDUCATION? * 専業の学生さんですか?
4. ARE YOU A FULL-TIME MUSIC EDUCATOR? * 専業の音楽家ですか?
5. HOW DID YOU FIRST HEAR ABOUT BBC SYMPHONY ORCHESTRA DISCOVER? * どこでBBC SYMPHONY ORCHESTRA DISCOVERを知ったか?
6. HAD YOU HEARD ABOUT SPITFIRE AUDIO BEFORE? * SPITFIRE AUDIOって知ってた?
7. HAD YOU VISITED OUR WEBSITE BEFORE? *  SPITFIRE AUDIOのWEBサイト見たことある?
8. DO YOU KNOW ABOUT OUR FREE LABS RANGE? * FREEのLABS(Spitfire Audio LABS)は知っている?
9. WHAT OPERATING SYSTEM DO YOU MAINLY USE WHEN MAKING MUSIC (TICK ALL THAT APPLY)? * 音楽作成時のOSは?
10. WHAT SOFTWARE DO YOU MAINLY USE TO WRITE MUSIC (TICK ALL THAT APPLY)? * 音楽ソフトは何使ってる?
11. WHAT STYLE OF MUSIC DO YOU EXPECT TO USE BBC SYMPHONY ORCHESTRA DISCOVER FOR (TICK ALL THAT APPLY)? * BBC SYMPHONY ORCHESTRA DISCOVERを何のジャンルに使うか?
12. WHAT IS MAKING MUSIC TO YOU? * 何のために音楽作ってる?
13. WHAT AREAS OF THE MUSIC INDUSTRY DO YOU CURRENTLY OPERATE IN? (TICK ALL THAT APPLY)? * 音楽家の活動分野は?
14. WHAT AREAS OF THE MUSIC INDUSTRY DO YOU HOPE TO OPERATE IN IN FUTURE? (TICK ALL THAT APPLY)? * 音楽家として将来どのジャンルを希望するか?
15. ARE YOU IN A BAND? * バンドに在籍してる?
16. ARE YOU IN AN ORCHESTRAL ENSEMBLE? * オーケストラに入ってる?
17. DO YOU READ ANY MUSIC PUBLICATIONS (TICK ALL THAT APPLY)? * 読んでる音楽メディアは?
18. IS THIS YOUR FIRST ORCHESTRAL LIBRARY? * これは初めてのオーケストラライブラリ?
19. IS THIS YOUR FIRST SAMPLE LIBRARY? *   これは初めてのサンプルライブラリ?
20. WHAT IS THE BIGGEST GAP IN YOUR SAMPLE COLLECTION? *サンプルコレクションの最大のギャップは何ですか?
21. HOW WOULD YOU DESCRIBE YOUR ABILITY TO READ MUSIC? * 楽譜を読む能力をどのように説明しますか?
22. HOW HAVE YOU PREDOMINANTLY LEARNED ABOUT MUSIC TECH (MAKING MUSIC WITH COMPUTERS) (TICK ALL THAT APPLY)? * MUSIC TECH(コンピューターで音楽を作る)について主にどのように学びましたか
23. WHICH MUSIC YOUTUBERS DO YOU WATCH AND ENJOY? * どの音楽のYouTuberを見て、楽しんでいますか? => Youtubeチャンネル名を入力
24. WHAT TOPICS WOULD YOU LIKE TO SEE MORE OF IN OUR YOUTUBE VIDEOS? * YOUTUBEビデオでもっと見たいトピックは何ですか?
25. WHOSE MUSIC ARE YOU CURRENTLY LISTENING TO? * 現在、誰の音楽を聴いていますか?
26. NAME A MUSICAL HERO? * ミュージカルヒーローに名前を付けますか? *

「BBC Symphony Orchestra Discover」について

□Walkthrough: BBC Symphony Orchestra Discover

BBC Symphony Orchestra は3つのエディションが用意されています。
・全部入りの「BBC SYMPHONY ORCHESTRA PROFESSIONAL」
・オーケストラ音源の中核を抜粋した「BBC SYMPHONY ORCHESTRA CORE」
・入門編の「BBC Symphony Orchestra Discover」

このプラグインは、KONTAKT上で動かすものではなく、独立して起動するオリジナルプラグイン上で動かします。

もちろんCoreやProfessionalと比較すると再現できる音色や能力は制限されてしまいますが、
Discover版ではCore版とProfessional版の両方と同じプロ仕様の録音品質の音源を動かすことができます。
ライブラリサイズが200MBとかなり軽量なのでオーケストラ音源をお試ししてみるには丁度いいサイズです。

「BBC Symphony Orchestra Discover」で使える楽器

STRINGS
VIOLIN,VIOVA,CELLO,BASSES

WOODWIND
FLUTES,OBOES,CLARINETS,BASSOONS

BRASS
TRUMPET,TROMBONE,HORNS,TUBA

PERCUSSION
HARP,SNARE DRUM,GLOCKENSPIEL,KETLE DRUM,TRIANGLE

機能比較

機能 DISC CORE PRO
インストゥルメント 33種 42種 56種
アーティキュレーション 47種 305種 435種
ラウンドロビン 1 最大8 最大8
ミキサーシグナル 1 (MIX) 1 (MIX) 20
ダイナミックレイヤー 1 最大3 最大3
レガート ×
ライブラリサイズ ~200MB ~23GB ~600GB
あわせて読みたい
2020年ブラックフライデーセール開始!おすすめ・狙い目ソフト・プラグインまとめ 2021年のDTMブラックフライデーセールまとめはこちら >> ↓↓ 狙い目な『iZotope』セール情報・プラグイン解説はこちら ↓↓ ↓↓ ソフトシンセのセール情報一覧はこちら ↓↓...

 

スポンサードリンク

『誰得ギター』メルマガ登録はこちら

LINEアカウントからTheLetterのメルマガへ変更になりました。
・『終了直前のDTMセール情報』
・『見逃せないDTMプラグインのセール情報のまとめ』
・『DTMで使える小ネタ』
等お役立ちコンテンツを定期的に配信予定です!
ぜひご登録ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『誰得ギター』というギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。
最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。
Twitter限定で発信している情報もあり!!⇒ フォローはこちら >>

スポンサードリンク

コメントはこちら

コメントする

目次