【終了間近】の狙い目DTMセールはこちらから >>

ヴァン・ヘイレン「Mean Street」(ミーンストリート)の弾き方動画

スポンサードリンク

614JGulII8L._SS300_
JUMPがCM曲として利用されることが多いので、ハードロックにうとい人もJUMPだけは知っている人は多いヴァン・ヘイレン。

ヴァン・ヘイレンはギター弾きにとっては登竜門的アーティスト。
時代が時代なので、平成の今では知らない人も多いかもしれません。
1981年発売のヴァン・ヘイレン 4thアルバム「Fair Warning」収録の一曲目に「Mean Street」が収録されています。
ヴァン・ヘイレン「Mean Street」はベースのスラップのような動作(スラッピング)をギターで行うイントロが有名な曲です。
イントロで演奏しているスラッピングは、映像をみないで初耳であったら何をやっているのかまったく良くわかりません。

動画はゲイリーシェローン在籍時のVAN HELEN IIIの時の「Mean Street」

「Mean Street」の弾き方をレクチャーしている動画がありました。
英語ではありますが、スローテンポで細かく押さえ方を指示しているので非常に参考になります。

ピックアップ側の弦をピックで弾くのではなく、
12フレット上を右手で押さえていくのですが、押さえると言うよりは、指板を叩いて音を出します。

右手で叩き、左手で叩き、ドラマーになったようにリズミカルに演奏します。

左右のコンビネーションが大事になり、また押さえない音のミュートも必要になるので、
ゆっくりしたテンポからの練習が必須。
非常に難易度の高い演奏テクニックが必要になります。

ヴァンヘイレンを知らない人が見たら、なんだこいつは!?というインパクトになるので出来るようになっておくと見聞が広がり良いですね。

ヴァンヘイレンの機材
シグネチャーアンプ 5150
Wolfgang


スポンサードリンク

『誰得ギター』メルマガ登録はこちら

LINEアカウントからTheLetterのメルマガへ変更になりました。
・『終了直前のDTMセール情報』
・『見逃せないDTMプラグインのセール情報のまとめ』
・『DTMで使える小ネタ』
等お役立ちコンテンツを定期的に配信予定です!
ぜひご登録ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『誰得ギター』というギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。
最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。
Twitter限定で発信している情報もあり!!⇒ フォローはこちら >>

スポンサードリンク

コメントはこちら

コメントする

目次