サイト内検索

スポンサードリンク

Sonnoxプラグインおすすめ

「Claro」レビュー!おすすめEQマスキング可視化と簡単処理でミックス処理速度を上げよう

2022年10月28日


[blog_parts id="23208"]

誰得ギター
「Claro」はSonnoxのミックス用イコライザー(EQ)プラグインです。

Claro はこんな人におすすめ

・透明感あるEQを手に入れたい
・EQ作業の手間を減らしたい
・EQ調整したあとに音量を調整する手間を減らしたい

EQを操作すると音量が変わって聴こえることありませんか?
そのたびに修正してませんか?
sonnox claro」にある「オートゲイン機能」を使えばその作業から解放されます!

Sonnox Claro のレビュー

Sonnox Claroは何ができる?どんな機能?

Sonnoxはプロご愛用の老舗メーカー
「Claro」で目玉となっているのが透明感ある処理のEQとオートゲイン機能です。

透明感ある処理というのは、他のEQプラグインを使って「Claro」と同じ帯域の処理をした場合、
「Claro」のほうがスッキリしてい聞こえてくるという意味です。

Sonnox Claroはのメリットは?

Sonnox Claroには「オートゲイン機能」がついています。

EQ処理をする際、帯域調整をした後とに音量が若干変わってしまいます。
そのためEQ操作後に音量を元に戻したり、微調整するのが非常に煩わしい作業でした。

このめんどくさい音量調整から開放されます。
また楽器同士で「マスキング」している帯域が目で見て分かるマスキング機能があります(後述)

そしてEQ処理後の透明度が高いのがポイント。
透明度というのはEQバンドを入れて処理を入れた際に、ノイズが出てしまったり他の帯域の音質が変わってしまうことを示します。

ClaroでのEQ処理後は、透明度が高いまま。
原音からの変化が極力すくない状態でEQ処理が可能です。

Sonnoxからの公式テストトーングラフ

Claroでは、これまで以上にスムーズなパラメータの補完を実現していますが、なぜそれが重要なのでしょうか?パラメーターが自動化されると、「ジッパー」ノイズやその他のオーディオ的な人工ノイズ、歪みが発生します。

下のグラフは、3つの異なるEQプラグインで再生したテストトーンの3つのグラフです。

Sonnox Claro
中央と右の2つのグラフは、現在販売されているデジタルEQの中で最も人気があり、最も売れているものです。

このグラフは、ローカットフィルターをかけたときのノイズ出力を示しています。1番左のグラフ、これこそが私たちの求める音です。2kHzの音以外のコンテンツは、歪みや不要なノイズとして聞こえてしまいます。

他の帯域を処理した後でも、音が細くなってしまうようなことがありません。

誰得ギター
Sonnoxはプロがこぞって使ってるだけありました!
Claroはミックス処理速度を上げるイコライザープラグイン!
マスキングの可視化で、ミックスが苦手な人でもEQ調整したあとの音もクリアで他の音との棲み分けが綺麗にできあがります。
誰得ギター
複数プラグインを立ちあげなくてもEQ処理ができるのが魅力的。トラック数が増えるとウィンドウを立ち上げるだけでも面倒くさい手間が増えますから。
Claroを使い出したら便利さで他のEQに戻れない
スポンサードリンク

「Claro」のサウンドチェック

Claro使い方

ClaroにはPRODUCE, TWEAK、MIXの3つの大きなセクションがあります。

セクション 用途
PRODUCE 大まかにLow,Mid,Highを調整するEQセクション
TWEAK さらなる補正を行うセクション
MIX 他のトラックと同時表示させて帯域かぶりを見つけられるセクション

PRODUCEセクション

PRODUCEセクションで帯域調整をすると、TWEAKにカーブポイントが設定されます。
直接TWEAKセクションでカーブポイントを作っても良いのですが、SONNOXの想定されている使い方としてはPRODUCEセクションで先に大雑把に調整していく流れになっています。
PRODUCE・TWEAKセクションにはAutoGainスイッチがあります。

AutoGainのON/OFFを試してみるとわかるのですがEQをかけた時の音量差を全然感じなくて目からウロコです。
効果の凄さに思わずテンションがあがりますね。

Low,Mid,Highのどの帯域にEQカーブを効かせるか?の設定をすると中央にスライダーボタンが表示されます。
これは左右に動かせるようになっているので、帯域の把握をしている人ならばいちいちボタンの再設定をしなくて良い作りになっています。

最初からローパス、ハイパスを設定したい場合には、左右にある「Shelf」のチェックボタンを押しておくと、
TWEAKセクションに移動した際にローパス、ハイパスが設定済になっています。
またTone・WidthのスイッチでEQ操作したい種類を選べます。

■Claro Low Shelfあり


Claro Low Shelfあり

Claro Low Shelfあり

■Claro Low Shelfなし

Claro Low Shelfなし

Claro Low Shelfなし

TWEAKセクション

PRODUCEセクションと連動していて色によってEQの調整が分けられています。

内容
TONE(通常のEQ)
ピンク WIDE(M/S処理)

EQのポイントを右クリックすると内容を変更できます。
個人的に好印象なのがEQポイントをピアノの鍵盤(ピアノロール表示)で表示させている点です。

DTMを初めた頃だったり楽器の知識がない場合ですと、今いじっているEQがどれくらいの帯域がわからないので
鍵盤を押して見ればこれぐらいの音域の場所なんだなと確認できるのは地味に良いですね。

Claroで使えるEQバンド

■Claro Low cut

Claro Low cut

Claro Low cut

■Claro Low Shelf

Claro Low Shelf

Claro Low Shelf

■Claro Bell

Claro Bell

Claro Bell

■Claro High Shelf

Claro High Shelf

Claro High Shelf

■Claro High Cut

MIXセクション

MIXセクションではClaroを挿しているトラックがあれば同画面で並べてEQの調整ができます。

そしてMIXセクションにおいては、帯域かぶり(マスキング)の処理を目で見て把握することができます。
マスキングしている箇所は黄色のマークに色が変わります。

iZotope NeutronのEQにもマスキングメーターの機能はあるのですが、Claroの方が見やすくてわかりやすい印象を受けました。

Sonnox Claro vs Fabfilter

Sonnox Claroは正直なところ持ってて損しないイコライザーです。

特に fabfilter Pro-Qを持っていないなら即決しても良いぐらいです。
EQカーブを操作したときに他の帯域への影響がほぼない透明感あるイコライジング、イコライザーとしての使いやすさは秀逸!!

「Claro」に関しては発売後、同じEQプラグインであるFabfliterのPro-Q3と比較しているユーザーが多く見られます。
Fabfliter Pro-Q3との大きな違いはダイナミックEQが「Claro」にはありません。

EQを操作したあとに必ず調整することになる工程を省ける『オートゲインの便利さ』も良いです。
音量調整を意識しなくていい楽さは快適ですね。

そして「Claro」を挿した他のトラックとの同時表示、マスキング表示が便利です。

「FabFilter Pro-Q 3」よりも安い価格帯も魅力の一つ。
「FabFilter Pro-Q 3」に付いているダイナミックEQがありませんが、ダイナミックEQをそこまで利用しない、別にダイナミックEQ持っているという人ならば
Claroはミックス時間を少なくできる非常に便利なプラグインになることは間違いありません。

機能 Claro Fabfilter Pro-Q3
EQ Match ×
Phase Invert ×
ダイナミックEQ ×
MIDI Learn ×
Undo/Redo ×
プリセット呼び出し ×
オートゲイン
ピアノロール表示
ステレオ/mid/side
最大バンド処理数 17 24
フィルターバンド数 5 9
スロープ 12,24,36,48,72,96,120 12,24,36,48,72,96
価格(2022年12月時点) $147.40 $185.90
スポンサードリンク

「Claro」 デモ版のインストール・ダウンロード方法

デモ版は15日お試しでき、sonnox公式サイトからダウンロードします。iLokのアカウントが必要です。

iLokのアカウントの情報を入力したらClaroのデモ版ボタンが表示されますので、
「NATIVE」のボタンを押します。

Success!が表示されたら、ボタンもしくはiLokに登録しているメールアドレスにリンクが届きます。
ボタンを押してインストーラー画面へ移動します。

 

あとは使っているOSに合わせてインストーラーをダウンロードします。

「Claro」の説明書

WEBマニュアルが公開されています。
Quick start - Sonnox Toolbox Help

「Claro」の口コミ・評判

Sonnox Claro 過去セール履歴

時期 詳細 参考価格(※価格は当時の為替レート)
2021年10月 イントロセール
2021年11月 ブラックフライデーセール時 26%OFF
2022年 プラグインブティック10周年セール時 35%OFF
2022年6月  48%OFF
2022年11月ブラックフライデーセール 74%OFF ¥ 20,522 ⇒ ¥ 5,207

Claroを使い出したら便利さで他のEQに戻れない

今すぐSonnox Claro を購入する!

※Sonnoxはプロご愛用の老舗メーカー!

「Claro」の買い方

「Claro」を購入するなら「Plugin Boutique」がお得に買い物できます。

Plugin Boutiqueでの購入方法解説


Plugin Boutiqueは英語のサイトですが、わかりやすいサイト構成になっていますので簡単に買い物ができます!
詳しい買い物方法はこちらの記事「Plugin Boutiqueでのプラグインの買い方を解説。「Xpand!2」のインストールを例にして紹介」を参照してください。

誰得ギター
定期的に入れかわる「1回購入でもらえるプラグイン」も
Plugin Boutique利用者がチェックしている点です。
2022年2月の「1回購入でもらえるプラグイン(会計時に1円以上になっていることが条件)」は

Multiband Stutter, Half-Time, Reverse, Scratch, Tape-Stop, GlitchといったEDMで多様されるエフェクトを簡単に作れる「TimeShaper 3


誰得ギター
Plugin Boutiqueで何度も購入しているユーザーならバーチャルキャッシュがたまっているはずですので、バーチャルキャッシュを使って1円まで割引した状態でもギフトはもらえます。(会計時に1円以上が条件)

誰得ギター
一見して英語のサイトなのでサポートが不安になるかもしれませんが、Plugin Boutiqueでのヘルプ・問い合わせは『日本語』でも受け付けています。
私もメールを問い合わせした後、日本語で返信が届き驚きました。

誰得ギター
Plugin Boutiqueでの支払い方式にGooglePayが追加されました。 またApple Payを使う場合はSafariを使うと支払いボタンが表示されます。 


オートゲイン機能についてはGainMatchというプラグインで実現可能です。
FabfliterPro-Q3を持っていなくてこれから本格的なEQプラグインを購入予定というユーザーにはとても良いEQだと感じます。

Sonnox Claroまとめ

「FabFilter Pro-Q 3」を持っている、既にSonnoxのEQを持っている人なら要検討レベルなのですが、
DAW付属EQ以外全く他社製品を持っていなくて、なんとなくこれから新しいEQを試してみたい人ならば即買いしても失敗しないクオリティです。

誰得ギター
Claroを使い出したら便利さで他のEQに戻れない
※価格に為替レート影響あり

Claroの購入はこちら >>


[blog_parts id="29343"]

-Sonnoxプラグインおすすめ
-, , , ,

スポンサードリンク
スポンサードリンク

サイト内検索

タグ

今月のDTMプラグインセール

  • この記事を書いた人

誰得ギター | 櫻井徳右衛門

『誰得ギター』はギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。 最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。 Twitter限定で発信している情報もあり!!⇒ 誰得ギターアカウントのフォローはこちら >> ■中の人プロフィール ギターがメインの楽器です。 ⇒ @guitarsakurai2のフォロー >> 作った曲配信中→http://linkco.re/xyZ8uEeu

-Sonnoxプラグインおすすめ
-, , , ,