【終了間近】の狙い目DTMセールはこちらから >>

【soundwide】「Brainworx bx_subsynth」プラグインレビュー・使い方!ローエンドを強化でき真っ赤なUIがテンションを上げてくれるサブベースエンハンサープラグイン!

「Brainworx bx_subsynth」
スポンサードリンク
「Brainworx bx_subsynth」

「Brainworx bx_subsynth」

目次

Plugin Alliance Brainworx bx_subsynthはこんな人におすすめ

・作っている曲の低域を強化したい人
・サブベースエンハンサーが欲しい人
・最近のポップスやEDMの低域処理に近づけたい人

「Brainworx bx_subsynth」は低域のサウンドを強化する『サブハーモニック・シンセサイザー』プラグインです。
低域強化で人気の機種「dbx120XP」に影響を受けて作られているプラグイン。

dbx120XPの2つに対して、最大3つの個別の周波数帯域を調整しローエンドを強化します。
dbx120XPで出来なかったハイカットとタイトパンチの機能が追加されています。

誰得ギター
歌ものの曲から低域の迫力が必要になるEDMまで幅広く使い倒せるプラグインです。

Brainworx bx_subsynth Demo

「Brainworx bx_subsynth」のサウンドデモ

※サウンドデモを聞く時はヘッドホン推奨

「Brainworx bx_subsynth」の特徴

・劇的に拡張された処理機能とコントロールを備えた、dbx120XPサブハーモニックシンセサイザーのエレメンタルサウンドをモデル化します
・音楽トラック、シネマティックFX、サウンドシステムに雷鳴のような低音を生成します
・タイトパンチは、過度のローエンドを使いこなしながら、強調されたパンチのために、調整可能なカットオフ周波数を備えた共振ハイパスを提供します
・ローエンドコントロールは、中高音との完璧なバランスのために総低音出力を調整します
・スムースとハーシュの2種類のエッジ処理は、ローカットフィルターとハイカットフィルターで成形でき、個別のコントロールで微調整できます。
・モノメーカーコントロールは、レーザーのようなフォーカスのために、ユーザーが調整可能なコーナー周波数より下のモノに低音帯域を合計します

Plugin Alliance Brainworx bx_subsynth レビュー

Brainworx bx_subsynthはキックやベースのトラックに使って原曲壊さずスムーズに超低域を強化するプラグイン。
サブベースと呼ばれる超低域の帯域であるだいたい60Hz以下の音程を操作します。
この音域はちゃんと低域の再生ができるスピーカーやヘッドホンでないと聞こえないので、しっかりしたモニター機材を用意しておく必要があります。
基本的には低域が足りないときの補強として使い、サブベースを補強することで曲に安定感と厚みが加えられます。

Brainworx bx_subsynthは3つのセクション「Global」「Sub」「Saturation」から成り立っています。
「Sub」がメインとなる機能ですが、「Global」を見るとM/Sの処理ができることに気がつきます。

Mono Makerは指定した帯域よりも『下』の音をモノラルにするための機能。
Stereo Withは最大400%まで音を広げられるステレオイメージャーです。
マスタートラックに使うと音の広がり調整ができて便利。

「Sub」では3つのノブで「24Hz ~ 36Hz」「36Hz ~ 56Hz」「56Hz~80Hz」をそれぞれ足りない箇所を補強していけます。
そして「Saturation」があり、Saturationの下にFilterがあります。

このTight Punchの機能がなかなか強烈で「OFF/20 Hz ~ 60 Hz」の間で指定した帯域が強調されます。
EDMを作っている人にはたまらない機能でキック音の圧力が足りないと感じた場合などに有効です。キックの厚みがエグいくらい前に出てきます。上げすぎると耳が痛いので注意してくださいね。

サブベース強化をするプラグインは他にも「Waves R Bass」「Apple Sub Bass(LogicProX)」などがありますが、
Brainworx bx_subsynthは多機能で分かりやすさがダントツです。
全身が真っ赤なUIもテンションを上げてくれます!

サブベース強化する前に『サブベースそのもの』を入れたい人には専用のサブベース音源があり、こちらも要チェックです。
DTM「サブベース音源・プラグイン」のおすすめを紹介! >>

サブベースエンハンサーはとりあえず何か一つ持っておくと作っている音楽ジャンルを問わずmix時に役立ちます。

Soundwide Intro Bundleが6/15まで98%OFFセール中

Soundwide Intro Bundle

Soundwide Intro Bundle


「Brainworx bx_subsynth」を含めた合計15プラグインがセットになった破格バンドル「Soundwide Intro Bundle」がセール中です。
2022/6/15まで98%OFFと値段設定も異常な値引率。
Plugin Allianceのプラグインをサブスクでなく買い切りで保有し続けたい人にもピッタリなバンドルです。

■『Soundwide Intro Bundle』の収録プラグイン
iZotope RX Elements (整音ツール)
iZotope Ozone Elements(マスタリングツール)
iZotope Neutron Elements(ミキシングツール)
iZotope Nectar Elements(ボーカルプロセッサー)
iZotope Trash 2(ディストーションプラグイン)
iZotope VocalSynth 2(ボーカルマルチエフェクター)
iZotope R4 by Exponential Audio (Exponential Audio)(リバーブ)
iZotope NIMBUS by Exponential Audio (Exponential Audio)(リバーブ)
Native Instruments MASSIVE(シンセ)
Brainworx bx_digital V3(イコライザー)
Brainworx bx_subsynth(ベースエンハンサー)
Brainworx bx_subsynth(チャンネルストリップ)
Brainworx bx_subsynth(ステレオイメージャー)
Brainworx bx_delay 2500(ディレイ)
Native Instruments GUITAR RIG 6 LE(ギターアンプシミュレーター)

bx_subsynthは単体だと$299ドルするプラグインで、Soundwide Intro Bundleの価格とセット内容を見ると、如何にお得かわかります。

あわせて読みたい
Soundwide Intro Bundleはこんな人におすすめ!ハズレがない15プラグインを収録したバンドル ※価格に為替レート影響あり Soundwide Intro Bundleの購入はこちら >> 【Soundwide Intro Bundleはこんな人におすすめ】 Soundwide Intro Bundleが登場しました! Sound...
※価格に為替レート影響あり
【6/15まで期間限定セール 98%OFF】 ¥359,478 ⇒ ¥7,172
Soundwide Intro Bundleの購入はこちら >>

Plugin Alliance Brainworx bx_subsynthの買い方

Soundwide Intro Bundleにbx_subsynthが含まれているので2022年6月15日まではSoundwide Intro Bundleで購入するのがお得です。

※価格に為替レート影響あり
【6/15まで期間限定セール 98%OFF】 ¥359,478 ⇒ ¥7,172
Soundwide Intro Bundleの購入はこちら >>
あわせて読みたい
『Softubeブラックフライデーセール』買って損しないおすすめプラグインはどれ?DTM用のヴィンテージハ... 【Softubeとは】 Softube(ソフチューブ)は、Oscar Öbergによって2003年にスウェーデンのストックホルムで設立したソフトウェア・プラグイン/ハードウェア・ブランド M...
スポンサードリンク

『誰得ギター』メルマガ登録はこちら

LINEアカウントからTheLetterのメルマガへ変更になりました。
・『終了直前のDTMセール情報』
・『見逃せないDTMプラグインのセール情報のまとめ』
・『DTMで使える小ネタ』
等お役立ちコンテンツを定期的に配信予定です!
ぜひご登録ください。

「Brainworx bx_subsynth」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『誰得ギター』というギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。
最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。
Twitter限定で発信している情報もあり!!⇒ フォローはこちら >>

スポンサードリンク

コメントはこちら

コメントする

目次