【終了間近】の狙い目DTMセールはこちらから >>

「MeldaProduction Mixdown Tools Bundle」セール情報・買い方・使い方!MAutoDynamicEQ・MAutoVolume・MSpectralDynamicsLE・MCompareの4つがセットになったバンドル

MeldaProduction Mixdown Tools Bundle
スポンサードリンク


MeldaProduction 最新セール情報

MeldaProductionブラックフライデーセール11/27まで (最大50%OFF)
MeldaProduction MBlackFriday Sale >>

MeldaProduction MAutoDynamicEQ 60%OFF 11/22まで

ミキシングからマスタリングまで使えるダイナミックEQ
¥ 16,772 ⇒ ¥ 6,770 (※価格に為替レート影響あり)
MAutoDynamicEQ

MeldaProduction MSoundFactory 60%OFF 11/27まで

コスパに優れた総合音源
¥ 50,777 ⇒ ¥ 20,311 (※価格に為替レート影響あり)
MSoundFactory >>

MeldaProduction Mixdown Tools Bundle

MeldaProduction Mixdown Tools Bundle

MeldaProduction Fundamental FX Bundleはこんな人におすすめ


・たくさんのミックス用プラグインを一度に手に入れたい人

MeldaProduction Mixdown Tools Bundleは
・MAutoDynamicEQ
・MAutoVolume
・MSpectralDynamicsLE
・MCompare
の4つがセットになったバンドルです。

MAutoDynamicEQ 多機能イコライザープラグイン

最大7バンドのパラメトリックイコライザープラグイン。
古い動画を見るときは驚くかもしれませんが、Ver15よりUIが変わっていますので予め把握しておいてください。

EQを編集している周波数帯域がどのキーボードの音階か?を示すことのできるAreas表示。このAreas表示は
キーボードの他にフリークエンシー、オクターブ、ドラムの表示ができ、ドラムの表示は他のプラグインであまり見かけることがないのでかなり便利です。
ドラムキットがどんな音の帯域出てるのか?ってなんとなく知っていても、ミックスエンジニアでもない限り細かいところまでは知らないですよね。

MAutoDynamicEQの画面

MAutoDynamicEQの画面


MAutoDynamicEQ EQバンド

MAutoDynamicEQ EQバンド

・アナログコンソールの感じを追加するサチュレーションノブとアナログノブ
・EQバンドを操作したときにどんな音の変化がするのか?を自動でソロリスニングにしてくれる「AutoListen」

EQ処理が面倒な人に最適なマッチングEQ機能付き
リファレンス(参照曲)を用意して読み込ませるとリファレンスのEQを自分のトラックへ適応してくれる機能です。
iZotope OzoneにもあるMatch EQと近い機能ですね。

また最近になってレゾナンス処理をするプラグインが増えていますが、
実はMAutoDynamicEQを使うことでレゾナンス削除ができます。

MAutoDynamicEQ EQプリセット

MAutoDynamicEQ EQプリセット

通常のEQプラグインよりだいぶ多機能なのですが、慣れてくると他の人気EQと同じくらいのポテンシャルを持っているEQプラグイン。
やはりMeldaは見た目で損しているよなあと再度感じてしまう良プラグインです。

MAutoVolume 自動ボリューム調整プラグイン

MAutoVolume, an automatic leveller for vocals, bass, solo instruments…

ボーカル音量のバランスを整えるときに良く使われる「WavesのVocal Rider」と比較されている自動ボリューム調整プラグイン。
小さい音と大きい音のオーディオデータが同じトラック内にある場合に良い塩梅で音量を調整してくれるプラグインです。

音量のバランスを細かく調整しないと行けないボーカル録音をツギハギしていくと、曲が長くなるにつれて調整が面倒で大変になっていきます。
そこで使えるのが自動ボリューム調整プラグインです。

小さい音は大きく、大きすぎる音は小さい音に合わせて小さくしてくれるので、Youtubeやゲームプレイの配信時の面倒な音量調節にも良いですよ。
特に声量が大きく変化する生配信では旧に大きい声が出てしまうと、視聴者側がビックリしてしまいますからね!

MAutoVolumeは音量調整したあとのコンプ感があまり感じられないのが良く、Vocal Riderよりもっと設定を追い込みたい人向けのプラグインになっています。

なお、Input・Output表示の左側にある縦長のボタンを押すとアナライザー表示になります。

mAutoVolume

mAutoVolume

mAutoVolume

mAutoVolume

他にもある自動ボリューム調整プラグイン「United Plugins Autoformer」

あわせて読みたい
「United Plugins Autoformer」買い方・使い方!ボーカル録音だけでなくライブ配信、Youtube,Vtuber動画... 【United Plugins Autoformer はこんな人におすすめ】 【United Plugins Autoformer はこんなプラグイン!】 「Autoformer」は United Pluginsの自動音量調整プラグイ...

MSpectralDynamicsLE

8種類のダイナミクス系プラグインが1つになったプラグインです。
・Flattening (リミッターに近い)
・Compressor
・De-Esser
・DeNoiser
・Ducking(side-chain)
・Ducking Bass + Drum(side-chain)
・Gate
・Spectral crusher ( フェイザーっぽいうねりが追加できるエフェクト効果)

MSpectralDynamicsLEの良い点としては、エレクトロ系以外でも使われるようになっていてどのジャンルでも必須処理になっているサイドチェインさせたときのDucking処理が簡単に設定できる点です。

ダイナミクス系のプラグインをあまり持っていない人には良いチョイスです。
一度にたくさんのダイナミクス系のプラグインが手に入ります。

ダイナミクス系のマルチエフェクターなら「SKYE Dynamics」もおすすめ。

あわせて読みたい
「SKYE Dynamics」セール情報/レビュー・使い方!エキスパンダー/コンプレッサー/リミッターが一つにな... 【「SKYE Dynamics」はこんな人におすすめ】 Signum Audio | SKYE Dynamics Quick Overview https://youtu.be/wQj7GHiDHuA Signum Audioの「SKYE Dynamics」はエキスパ...

MCompare

MCompareは自分が作成中の曲とリファレンスにしている曲を同時に鳴らしたり、比較しながらミックス調整するためのプラグインです。
比較するリファレンス曲のデータ(mp3やWAV)をFile,Sound Sourceのいずれへセットしたら
Fileを選択してオーディオ波形が表示されている状態にします。

この状態でDAWの再生をするとリファレンスとして読み込ませた曲が再生されます。

このリファレンス曲と聴き比べする機能はiZotope Ozoneにもある機能で、Ozoneの場合はAメロ・Bメロ・サビと再生位置を自動で分割してくれるのが便利です。
複数のリファレンス曲を並べて比較できる点も類似しています。

ozone-reference

ozone-reference

Diffのボタンに合わせておくとDAWプロジェクト内の曲とリファレンスが同時再生され、他のボタンを押すとリファレンス曲のみ再生されます。

リファレンス用のオーディオトラックを用意しておきミュートと解除を細かく繰り返すのが面倒くさい人と感じる人にとってはMCompareが良い仕事をしてくれます!

MCompareの優れている点としてはMCompare内でリファレンス曲のMid,Sideだけを聞くボタンがある点です。
あとはリファレンスのデータをあえて目で確認できないようにするBlind Testの機能があります。

MeldaProduction Mixdown Tools Bundleの購入はこちら >>

MeldaProduction Mixdown Tools Bundleは
・MAutoDynamicEQ
・MAutoVolume
・MSpectralDynamicsLE
・MCompare
の4つがセットになったバンドルで、それぞれを単体購入するよりも断然お得です。
MeldaProductionのプラグインは見た目も含め癖が強いものが多いですが、自由度が高く機能面が充実しています。
長く使えるものが多いので投資しても損はないプラグインです。

MeldaProduction Fundamental FX Bundleの買い方

MeldaProduction Fundamental FX Bundleを購入するなら「Plugin Boutique」がお得に買い物できます。

Plugin Boutiqueでの購入方法解説


Plugin Boutiqueは英語のサイトですが、わかりやすいサイト構成になっていますので簡単に買い物ができます!
詳しい買い物方法はこちらの記事「Plugin Boutiqueでのプラグインの買い方を解説。「Xpand!2」のインストールを例にして紹介」を参照してください。

あわせて読みたい
【画像解説】Plugin Boutiqueでプラグインを買うにはどうしたら良い?買い方を解説。「Xpand!2」のイン... 【Plugin Boutiqueでのプラグインの買い方を解説】 DAWで使えるプラグインをお得に購入できるPlugin Boutique 日本語対応されていないので英語が苦手な人はちょっと抵抗...

誰得ギター
定期的に入れかわる「1回購入でもらえるプラグイン」もPlugin Boutique利用者がチェックしている点です。
2022年11月の「1回購入でもらえるプラグイン(会計時に1円以上になっていることが条件)」は
曲の分析や耳コピに使える「zplane deCoda LE」(3,600円相当のプラグイン) 最大6バンド対応のリバーブ「MReverbMB」(8,000円相当のプラグイン)
両方ともにもらっておいて損はなし!(2022/11/22まで)
誰得ギター
Plugin Boutiqueで何度も購入しているユーザーならバーチャルキャッシュがたまっているはずですので、バーチャルキャッシュを使って1円まで割引した状態でもギフトはもらえます。(会計時に1円以上が条件)
誰得ギター
一見して英語のサイトなのでサポートが不安になるかもしれませんが、Plugin Boutiqueでのヘルプ・問い合わせは『日本語』でも受け付けています。 私もメールを問い合わせした後、日本語で返信が届き驚きました。
誰得ギター
Plugin Boutiqueでの支払い方式にGooglePayが追加されました。 またApple Payを使う場合はSafariを使うと支払いボタンが表示されます。 


↓↓↓2022年11月DTMセールの最新詳細はこちら(随時更新) ↓↓↓ DTMプラグインセール中のプラグイン、音源の個別解説レビュー >>

スポンサードリンク

『誰得ギター』メルマガ登録はこちら

LINEアカウントからTheLetterのメルマガへ変更になりました。
・『終了直前のDTMセール情報』
・『見逃せないDTMプラグインのセール情報のまとめ』
・『DTMで使える小ネタ』
等お役立ちコンテンツを定期的に配信予定です!
ぜひご登録ください。

MeldaProduction Mixdown Tools Bundle

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『誰得ギター』というギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。
最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。
Twitter限定で発信している情報もあり!!⇒ フォローはこちら >>

スポンサードリンク

コメントはこちら

コメントする

目次