【終了間近】の狙い目DTMセールはこちらから >>

「Reels by AudioThing」DTMセール情報/レビュー・使い方!ローファイテーププラグイン!

LoFi Tape Plugin Reels
スポンサードリンク
LoFi Tape Plugin Reels

LoFi Tape Plugin Reels

目次

AudioThing Reelsはこんな人におすすめ

・コスパに優れたお手軽に使えるLo-Fiプラグインが欲しい

Reels

Reels

AudioThing Reels のサンプル動画

03:11からReelsが登場します。

ReelsはAudioThingのLo-Fi用プラグイン。
日本のオープンリールポータブルテープレコーダーを真似したプラグインです。

オープンリールポータブルテープレコーダー

オープンリールポータブルテープレコーダー

WOW/Flutterの変化をつけられるテープシミュレーターとしても使る機能や、テープストップ効果を加えたり、
ラジカセで再生したようなサウンドへ加工することもできます!

Reelsの特徴として3つの国のテープモデリングがあります。

テープモデリングの対象国 特徴
日本(JP) テープを使用しましたが、全体的に周波数応答が優れています
イタリア(IT) 新しい古い在庫ですが、周波数応答が制限されています
フランス(FR) 使いすぎで保存状態が悪く、周波数応答が非常に悪い

テープエフェクトの他にエコーエフェクトを加えることができます。
このエコーはLo−Fi化させたエコーなので、リバーブのようにして使うたエコーとはまた違う音。
プリセットのecho > Chamberはなかなかおもしろいサウンドです。

Lo-Fiプラグインのため音をハッキリ強調させるものではありません。
他のLo-Fiプラグインと併用しても面白いサウンドメイクが期待できます。

Reelsの購入はこちら >>

※価格に為替レート影響あり

Reelsの購入はこちら >>

AudioThing Reels サウンドサンプル

AudioThing Reels の特徴

・ヴィンテージテープエミュレーション
・テープスタートとテープストップ効果
・3種類のテープ
・エコーセクション
・スピーカーとマイクのエミュレーション
・エンベロープによるヒスノイズとモーターノイズ
・50プリセット
・サイズ変更可能なウィンドウ
・ランダマイザー付きプリセットシステム

Reels レビュー

プリセットはEchoとTapeでカテゴリー分けされていて目的別にあった使い分けができます。
前述しましたがかなりLo-Fi化されたEchoでReelsを使う意味があるエコーエフェクトです。

ノイズを加えることもできるので、1930~40年代の超レトロなラジオ風サウンドのような感じにもできます。
作曲エフェクト以外でレトロなゲーム音楽やBGMの演出にもバッチリハマってくれます。
そこまで音質が良くないDAW付属のピアノ音源などにReelsを加えるとレトロ感がより一層引き立ちますので、高価な音源よりはもともとチープさがある音源に使うとより雰囲気がでます。

個人的にはラジカセのマイク・スピーカーっぽくできるMIC,SPKRのボタンも好印象ですね。
この機能は後発のAudioThing Speakersでも再現できます。

AudioThing Reels サウンドテスト

元音源は所有率の多いKontakt Factory Libraryに入っているグランドピアノを使用

■ピアノDry

Echoのプリセット例

■プリセット/ Reels-Echo-Chamber

■プリセット/ Reels-Echo-Retro LK

■プリセット/ Reels-Echo-Baby Eighties RM

Tapeのプリセット例

■プリセット/ Reels-Tape Bad Tape

■プリセット/ Reels-Tape LoHi

■プリセット/ Reels-Tape Old School Cool RM

AudioThing Reels Preset check! VS Tape MELLO-FI / RC-20 retro Color / Dirty Tape(No Taking)

AudioThing Reelsの買い方

AudioThing Reelsを購入するなら「Plugin Boutique」がお得に買い物できます。

Plugin Boutiqueでの購入方法解説


Plugin Boutiqueは英語のサイトですが、わかりやすいサイト構成になっていますので簡単に買い物ができます!
詳しい買い物方法はこちらの記事「Plugin Boutiqueでのプラグインの買い方を解説。「Xpand!2」のインストールを例にして紹介」を参照してください。

あわせて読みたい
Plugin Boutiqueでプラグインを買うにはどうしたら良い?買い方を解説。「Xpand!2」のインストールを例... 【Plugin Boutiqueでのプラグインの買い方を解説】 DAWで使えるプラグインをお得に購入できるPlugin Boutique 日本語対応されていないので英語が苦手な人はちょっと抵抗...

誰得ギター
定期的に入れかわる「1回購入でもらえるプラグイン」もPlugin Boutique利用者がチェックしている点です。
2022年9月の「1回購入でもらえるプラグイン(会計時に1円以上になっていることが条件)」は
Space」(4,500円相当のリバーブ)(Poly Spaceの機能縮小版
Huracan」(15,000円相当のエスニック音源)

両方とも欲しい場合には、2回に分けて商品チェックアウトを行い,ギフト請求をするとプラグインをもらうことができます!
誰得ギター
Plugin Boutiqueで何度も購入しているユーザーならバーチャルキャッシュがたまっているはずですので、バーチャルキャッシュを使って1円まで割引した状態でもギフトはもらえます。(会計時に1円以上が条件)
誰得ギター
一見して英語のサイトなのでサポートが不安になるかもしれませんが、Plugin Boutiqueでのヘルプ・問い合わせは『日本語』でも受け付けています。 私もメールを問い合わせした後、日本語で返信が届き驚きました。
誰得ギター
Plugin Boutiqueでの支払い方式にGooglePayが追加されました。 またApple Payを使う場合はSafariを使うと支払いボタンが表示されます。 

※価格に為替レート影響あり

Reelsの購入はこちら >>
↓↓↓2022年9月DTMセールの最新詳細はこちら(随時更新) ↓↓↓ DTMプラグインセール中のプラグイン、音源の個別解説レビュー >>

他にもあるおすすめのLo−Fiプラグイン

あわせて読みたい
『ローファイ(Lo-Fi)』用の買って損しないおすすめプラグインはどれ?Lo-Fi Hip Hop,Retro Soulなどで使... この記事ではLo-fiヒップホップ・チルアウトな曲を作る時にLo−Fi化できるプラグインを紹介していきます。 【Lo−Fi化する手法】 ・ノイズを加える ・EQで帯域をカットし...

Reels インストール方法/アクティベーション方法

AudioThingプラグインのインストール方法

AudioThingのアカウントが必要です。
AudioThingのページで新規アカウントを作成します。
AudioThing | Sound Inspired

AudioThingのシリアルコード入力ページを開きます。
Register Your Product | AudioThing

シリアルコードを入力しRedeemを押します。

ダウンロードページにあるリンクからOSに合わせてインストーラーをダウンロードします。(PCと書かれているリンクがWindows版)
この時に「Offline Activation License」もダウンロードしておきます。

DAWを立ち上げてプラグインを適応します。
ログインボタンを押してAudioThingのアカウントでログインします。
ログイン後でアクティベーションが実行されて使えるようになります。

ログインせずオフラインで認証する場合には、「メニュー > Registration」を開き
左上の矢印を押してオフライン認証画面を出します。

「Offline」を選択してダウンロードした「〇〇_license.atl」を読み込ませると
アクティベーションが完了します。

スポンサードリンク

『誰得ギター』LINE公式アカウント

LoFi Tape Plugin Reels

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『誰得ギター』というギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。
最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。
Twitter限定で発信している情報もあり!!⇒ フォローはこちら >>

スポンサードリンク

コメントはこちら

コメントする

目次