【終了間近】の狙い目DTMセールはこちらから >>

『Hand Clap Studio ハンドクラップ特化音源』使い方!リアルなクラップ音でおしゃれな曲の雰囲気に一転できる作り込み可能な音源

Hand Clap Studioはハンドクラップの音だけを作り込みするための特化音源です。

目次

ハンドクラップとは?

誰得ギター
両手を叩いた時になるいわゆる拍手の音のこと。

ローランドのリズムマシンTR-808などにもクラップ音が入っていますし、他のビートメーカーツールにもハンドクラップ音は収録されていることが多いです。
ですがそれらの音質とは異なり、もっと人間の手を叩いたときのハンドクラップを突き詰めて音を作り込めるようにしてあるのが「Hand Clap Studio」です。
生々しいハンドクラップのサウンドをDAW上で鳴らし録音ができます。
この手の人間の体を使ったパーカッションサウンドの音源は数が少なく、(ボディパーカッションの音源はいくつか存在します)音が作り込めるのは非常にレアなので触れる機会があったら一度音を体感してみてください。

下の動画のようなハンドクラップも鳴らせる音源です。

ハンドクラップ音源 「Hand Clap Studio」のサンプル音源

ハンドクラップ音源 「Hand Clap Studio」の購入はこちら >>

「Hand Clap Studio」の特徴 ・レビュー


Hand Clap Studioはハンドクラップ音をサンプリングしたサンプルベースの楽器。
曲の中で素晴らしい音の手拍子や指のスナップをすばやく取得することに重点を置いています。
サンプルはストックホルムの有名なアトランティススタジオでハウステクニシャンのMickeHerrströmによって録音され
拍手はスウェーデン放送交響楽団のパーカッショニストPelleJacobssonによるもの。
Hand Clap Studioには、700を超えるサンプルが含まれており、複数のベロシティレイヤーとラウンドロビンが含まれています。
トランジェントが強く、持続時間が短いため、手拍子や指のスナップは録音が難しい場合があります。サウンドをキャプチャするために複数のマイクが使用されましたが、
最高のサウンドで最終製品に含まれたマイクは次のとおりです。

■使われたマイク
• Close mics:
‣ Neumann KM 86i (condenser)
‣ Cascade Fat Head (ribbon)
• Room mics: stereo pair of MicroTech Gefell M930 (condenser)
• Echo Chamber: stereo pair of Line Audio CM3 (condenser)

最大8人までのハンドクラップを鳴らせます。
8人もいたら叩くタイミングがずれることがありますよね?
その意図的なタイミングのずらしもLOOSENESSのノブで調整できます。これがまた面白いんですね
またSPREADのノブでステレオの広がり感を操作できます。横に広がって聞こえるのか狭い直線上に聞こえるのか使いたい曲のイメージに合わせて調整可能です。

ハンドクラップ音源 「Hand Clap Studio」の使い方

DAWのトラックに「Hand Clap Studio」を立ち上げると次の画面が表示されます。
使い方は簡単で、

[1]
TRIGを押してハンドクラップの音を確認

[2]
4種類からハンドクラップの音色を設定

[3]
リズムパターンを作成
ACCENTで設定した3段階の強さで強弱をつけられます。
シーケンサーのボタン上ではアクセントの変更はできません。

「Hard,Mid,SoftでACCENTを選ぶ -> ・シーケンサーのボタンを押す」の流れで調整します。

[4]
MIDI EXPORTのラベルをDAWのトラックへドラッグアンドドロップすることで
MIDIデータをトラックへ書き出せます。エクスポートボタン上のスイッチがONになっていないとドラックできません。

ハンドクラップの音色は鍵盤のC,D,E,Fに割り当てられています。
MIDIで音色を編集する際はKEY C-Fにノートを動かします。

KEY 音質
KEY-C BASIC 通常のハンドクラップ音
KEY-D BRIGHT 明るめハンドクラップ音(「クラロ」と呼ばれるフラメンコの拍手で3本の指の拍手)
KEY-E SOFT 太めのハンドクラップ音「ソルダ」と呼ばれるフラメンコの拍手で、カップ状の手で拍手
KEY-F SNAP フィンガースナップ(いわゆる指パッチン)

Hand Clap Studioの名前の通り、ハンドクラップの音を作り込んで追い込めます。
中央にあるClappersでは同時に叩く人数を決められます。
一斉に複数人同時に叩いたときのパワフルなサウンドも作れますし、バラバラでタイミングがずれている演出も可能です。

「Hand Clap Studio」を使った作品例

「Hand Clap Studio」を使ってリズムパターンを組み上げている事例です。

「Hand Clap Studio」の導入メリット

ジャンル問わずおしゃれだな〜!と感じる音源やBGMってハンドクラップ音が鳴っていることが多いんですよね。
リバーブをたっぷりかけてうっすらと鳴らすだけでも曲の味付けとして使えますし、
ハンドクラップを混ぜるだけで一気に雰囲気を変えられます。
作っている楽曲にハマると使っていて気持ち良いプラグインになります。

「Hand Clap Studio」の足りないところ

プリセットリズムパターンがなかったので、1からリズムパターンを作っていかないといけないのが
ちょっとざんねんな点です。

ハンドクラップ音の作り込みは
マイクのコンデンサマイク、リボンマイクの割合、ルームエコーのかけ具合、ピッチの上下、叩いている人数、強弱の配分と非常に細かく作り込みができます。

ハンドクラップの可能性を追求できるプラグインになっています。

他のハンドクラップ音源との比較

他のハンドクラップ音源としては「AudioThing Hand Clapperがあります。

あわせて読みたい
「Hand Clapper by AudioThing」使い方!コスパ良し!「TR808,TR909,HC2」のクラッシックスタイルからTr... 【AudioThing Hand Clapperはこんな人におすすめ】 【AudioThing Hand Clapper のサンプル動画】 https://youtu.be/4Vk0kZnRyrE Hand ClapperはAudioThingのクラップ音...


80年代のシンセにあったパーカッション音のハンドクラップを再現するハンドクラップ音源で、「Hand Clap Studio」とは方向性が違います。
HiphopやTrapミュージックで使われる機械的なクラップ音が鳴らせます。

比較的安い音源でセールも頻繁に行われるので、アクセントでハンドクラップを入れたい場合には丁度いいハンドクラップ音源です。

他にも99SoundsがリリースしているClap Machine という無料で使えるハンドクラップ音源があります。

無料音源のためできることがかなり限定されていますが、こちらはアクセント的に鳴らせれば良い場合に使えそうな音源です。

よりリアルなハンドクラップの音で作り込みができるハンドクラップ音源が欲しい場合には、「Hand Clap Studio」一択になります。

ハンドクラップ音源 「Hand Clap Studio」の買い方

Hand Clap StudioはPlugin Boutiqueで購入ができます。

Plugin Boutiqueでは定期的に変わる購入時のおまけプラグインがもらえる他、サイト内で使えるバーチャルキャッシュ(ポイントみたいなもの)がたまり、
バーチャルキャッシュでお買い物ができます。

Plugin Boutiqueは英語のサイトではありますが、わかりやすいサイト構成になっていますので簡単に買い物できますよ!
詳しい買い物方法はこちらの記事「Plugin Boutiqueでのプラグインの買い方を解説。「Xpand!2」のインストールを例にして紹介」を参照してください。

あわせて読みたい
Plugin Boutiqueでプラグインを買うにはどうしたら良い?買い方を解説。「Xpand!2」のインストールを例... 【Plugin Boutiqueでのプラグインの買い方を解説】 DAWで使えるプラグインをお得に購入できるPlugin Boutique 日本語対応されていないので英語が苦手な人はちょっと抵抗...
※価格に為替レート影響あり

Hand Clap Studioの購入はこちら >>

Hand Clap Studio 過去セール

2021 9/19まで 40%OFF ¥3,767
2021年 ブラックフライデーセール 40%OFFセール
2022年 1月 40%OFFセール
2022年2月 40%OFFセール
2022年5月 40%OFFセール

『誰得ギター』LINE公式アカウント

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『誰得ギター』というギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。
最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。
Twitter限定で発信している情報もあり!!⇒ フォローはこちら >>

コメントはこちら

コメントする

目次