【8月14日終了】の狙い目DTMセールはこちらから >>
スポンサードリンク

Neural DSP Archetype: Rabeaが登場!ギターとモノシンセ音を使い分けられるアンプシミュレーター

誰得ギター
Neural DSPはCPU負荷は高く、一つ一つ集めていくと結構な金額がしますが、現在のギターアンプシュミレータープラグインの最高峰です。サウンドにこだわりたい人への推しプラグインメーカー。

Archetype:Rabeaが発売されました。

neuraldspのデモ演奏等楽器の紹介Youtube動画で度々登場している「Rabea Massaad」のシグネイチャーモデルです。

ギターシンセ用のMIDIピックアップを載せずに「ギターでシンセ音」を演奏したい需要は未だにあるようで、
Rolandから専用ピックアップを必要としないギターシンセ「BOSS SY-200」がリリースされています。

ギターの音が入っている曲がヒットチャートで少なくなって来ていてシンセサウンドの需要が高まっている中,Archetype:Rabeaを使うとギターとシンセのサウンドが演奏できます。

目次

Archetype: Rabeaサウンドサンプル

Archetype: Rabea PV

MOST CREATIVE GUITAR PLUGIN | Archetype: Rabea | FREE PRESETS

Archetype: Rabeaのサウンド紹介をしているこちらの動画がわかりやすいです。
06:10~あたりからシンセセクションの紹介

スポンサードリンク

Archetype: Rabeaの特徴

シンセ以外にもオクターバーやファズといった強烈なサウンドを作るためのエフェクトを搭載。
現代的なギタートーンのサウンドも出せるかなり汎用性の高いギターアンプシミュレーターです。

Archetype: Rabeaの仕様

Archetype: Rabea- Neural DSP説明書

Archetype: Rabea シンセセクション

モノフォニックで鳴らすことを前提としたシンセです。(和音の状態では不安定になる)
アルペジエーター、オシレーター2基、フィルターが設定できます。
ギターのエフェクトでシンセっぽい音が出せるものはありましたが、ここまで完璧にシンセとして搭載されているものは珍しいです。

Archetype: Rabea プリエフェクトセクション

ギターアンプの前に足元に並べているエフェクトと考えてください。

・Dural compressor
・Octaver
・Fuzz
・Overdrive

Archetype: Rabea アンプセクション

·Clean Amplifier
·Crunch Amplifier
·Lead Amplifier

Archetype: Rabea EQセクション

4バンドパラメトリック・イコライザー

Archetype: Rabea キャビネットセクション

Archetypeシリーズ共通のIRローダー、マイクポジションセッテイング

Archetype: Rabea ポストエフェクトセクション

・ATLAS – Delay Pedal
・AEONS – Reverb Pedal

■共通部
Input,Output,GATE,TRANPOSE,DOUBLER
チューナー、メトロノーム、リサイズボタン
(メトロノームはスタンドアローンプラグインの場合のみ使用可能)


・Standalone起動可能
・対応OS  Windows & Mac.
・プラグインタイプ  64-bit VST / AU / AAX / Standalone.
・iLok License Manager 認証
・フリートライアル14日間
スポンサードリンク

Archetype: Rabeaの価格

気になるイントロ価格のお値段は€139.00です。
2022年8月4日時点のユーロレートで「18905円」前後。

決済はPaypal対応しています。

次のページは 

『誰得ギター』LINE公式アカウント

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『誰得ギター』というギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。
最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。
Twitter限定で発信している情報もあり!!⇒ フォローはこちら >>

コメントはこちら

コメントする

目次
閉じる