読み物

TAC-2RのMacユーザーはOSアップデートに気をつけて

スポンサードリンク
スポンサーリンク

2017年7月31日

私の環境(Mac OS Sierra 10.12.5)でも発生したのですが、TAC-2RをMacにつなげて使っているときにスリープ復帰後、カーネルパニックが起こります。

カーネルパニックが起こると「問題が起きたためコンピュータを再起動しました。このまま起動する場合はいずれかのキーを押すか、数秒間そのままお待ちください」の文字が表示され、勝手に再起動してしまいます。

下の画面が表示されます。
MacIMG 6361

公式ページでもmacOS Sierra使用時の動作不具合と回避方法としてアナウンスされています。

TAC-2R Thunderbolt Audio Converter | Zoom

現在、TAC-2/TAC-2R接続時において、下記の組み合わせでMacが再起動してしまう(カーネルパニック)不具合
が発生しております。
・macOS Sierra 10.12.4 以降
・Mac 側スリープモードから復帰時
当社では鋭意原因を解析中ですが、下記の方法で回避できる場合がありますので、お試しください。
・Macの電源シャットダウン前及びスリープモードに入る前にTAC-2/2RのThunderbolt®ケーブルを抜く
※電源起動後或いはスリープモードから復帰後にTAC-2/2RのThunderbolt®ケーブルを再度接続する

2017/7/30現状ではThunderboltケーブルを抜き差しするしか対応方法が無いようですので、
しばらくはmacOS Sierraのバージョンをあげない、ダウングレードするなどユーザーが気をつける必要がありそうです。

UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / APOLLO TWIN MKII QUAD
UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / APOLLO TWIN MKII QUAD

-読み物
-

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

Copyright© 誰得ギター , 2020 All Rights Reserved.