「Tone2 Electra3」4つのシンセサイザーを1画面内で扱えるユニークシンセがアップデート

※当サイト内のコンテンツは一部商品プロモーションが含まれている場合があります。

-DTMプラグイン, シンセ音源おすすめ
-,

2023年2月16日

スポンサードリンク
2014年発売のTONE2のシンセ「Electra」がバージョンアップしElectra3になりました。

Tone2 Electra3

Tone2 Electra3

Skrillex、Hans Zimmer、Apex Twinといった世界的に著名な作曲家が使っているのがTone2 Electraです。
またElectra2は小室哲哉氏が使用していたことでも知られています。

レイヤー化された「3つのオシレーターをもった4台分のシンセサイザー」がタブごとに設定できるようになっているのが最大の特徴。
サウンド幅を広げたシンセです。

Tone2 Electra3 Synthesizer - new features

Tone2 Electra3 synthesizer: New sounds

「Tone2 Electra3」

「Tone2 Electra3」

■主な改善点
・8k Ultra HDまでのGUIサイズに対応
・HiDPI,Retina Display対応
・64bit対応,CPU使用率低下
・1450パッチ,3000サウンド、118のニューパッチが追加
・モジュレーションのドラッグ&ドロップでの設定
・LFOの33シェイプ
・12個の新規追加アナログオシレーター(Pulse(PW,1/2,2/5,1/3,1/4,1/5,1/6,/1/8) Saw Invert , Sine Flip,Comb2,Comb3,Impulse)
・8-bit Low-fi FX オシレーター
・新規トランジェントシェイパー追加
・オートマイクロチューニング
・メジャー・マイナーアルペジエーター
・リバーブタイプの強化(Cold,Theater,Hall,Cathedral,Room,Infinity,Big,Glass,Plate)

Electra2 V2.8のものですが、どんなプリセットサウンドか想像ができます。

できることがありすぎてシンセの基本的な使い方をマスターしていないと難しく感じてしまいますが、
【1つのインターフェイスに4つのシンセサイザー】という点がはやり強力です。

スポンサードリンク



Tone3での新規追加一覧

新機能 - インターフェース:

16 の異なるサイズの GUI (エディター/エフェクトの有無にかかわらず)。
WQHD、4K、5K、8K UHD ディスプレイのネイティブ サポート。
右下隅をクリックすると、GUI を 50% から 300% まで拡大できます。
よりスムーズなアニメーションとより応答性の高いコントロール。
ハードウェア アクセラレーションのサポート。
HiDpi と Retina ディスプレイのサポートが強化されたウルトラシャープ グラフィックス。
レイヤーがノートを再生すると、SYNTH ボタンが点滅します。これにより、複数のアルペジエーターを操作しやすくなります。
理想的な GUI サイズの自動検出。
チェックマークは、最後にロードされたカスタム波形を示します。
チュートリアル ビデオによるオンライン ヘルプ。

新機能 - 合成:

新機能を利用した118個の追加パッチ。シンセは現在 1439 個のパッチが付属しています。
8Bitノイズオシレーターは往年のローファイなFXサウンドを作ることができます。PWとキーでサウンドを変化させることができます。
アルペジエーターの追加のキー モードとして、メジャー コードとマイナー コードを使用できます。
新しい「トランジエント シェイパー」は、サウンドにパンチと存在感を加えます。「サウンドモード」セレクターでアクセスできます。
新しい「Transient + Bass」モードは、サウンドに存在感とダイナミックな低音圧を追加します。「サウンド モード」セレクターでアクセスできます。
新しいアナログ パルス オシレーターの種類: Pulse 1/2、Pulse 2/5、Pulse 1/3、Pulse 1/4、Pulse 1/5、Pulse 1/6、Pulse 1/8。
位相が反転した新しいアナログオシレータータイプ: Saw invert、Pulse invert。
新しいアナログ オシレーター タイプ: インパルス、サイン フリップ、コム 2、コム 3。
新しいリバーブ タイプ: コールド、シアター、ハンガー。
カスタムウェーブ/ウェーブテーブルオシレーター用の 40 の新しい波形。
新しいバイポーラモジュレーションソース: "Step LFO/Envelope +-"。
最初に押されたキーでのみ再トリガーされるモノフォニック LFO (LFO モードを「Mono」に設定)。
モノフォニック STEP LFO (トリガーモードを「モノループ」に設定)。

強化 - 合成:

オーディオ エンジンは 32 ビットではなく 64 ビット精度を使用するようになり、音質が向上しました。
CPU 使用率が低下しました。
最大遅延時間が延長されました。
自動マイクロチューニングの強化されたサウンド: 幅広いコードが検出されます。
「Reverb Hall」をより良いサウンドのアルゴリズムに置き換えました。
リバーブ タイプ「Cathedral」、「Room」、「Infinity」、「Big」、「Glass」、「Plate」のわずかに強化されたサウンド。
アルペジエーターのスタックモードが強化され、ポリフォニック入力と複製ノートを処理できるようになりました。
ユニゾンの強化音。
未使用のマトリックス スロットは、パッチを保存した後に自動的にクリーンアップされます。

新しいマルチステップ エンベロープ / LFO (4 つのシンセ レイヤーのそれぞれで使用可能):

STEP LFO は完全に書き直されました。
トリガーモードをエンベロープに変更することで、マルチステップエンベロープとして使用できます。
シンセのモジュレーション機能が大幅に拡張されました。
編集とサウンド デザインがより直感的になりました。
リアルタイム表示は、現在の形状を視覚化します。
現在の再生位置が表示されます。
LFO の未使用部分がフェードアウトします。
STEP LFO の形状と値は、NoteOn 後にのみ更新されなくなりました。
より高精度のタイミングを提供します。
補間が可能で、よりスムーズに聞こえます。

新しいマルチステップ エンベロープ / LFO 波形:

Linear to left : 左に位置するステップにスムーズに補間します。
Cubic to left : 3 次スプラインで補間します。
Analog slow : 低カットオフのアナログ エンベロープ スムージング。
Analog medium : カットオフが中程度のアナログ エンベロープ スムージング。
Analog fast : カットオフの高いアナログ エンベロープ スムージング。
Analog reverse : 反転したアナログエンベロープ。
Saw down : ステップが下向きに傾斜します。
Saw up : ステップが上向きに傾斜します。
三角形 : ステップが上下に傾斜します。
三角形 25 % : 傾斜した三角形。
三角形 75 % : 傾斜した三角形。
パルス 0 % : ステップの 2 番目の部分は 0 です。
Pulse 50 % : ステップの最初の部分は 0 です。
Decay 1 : スローなアナログ ディケイ エンベロープ。
Decay 2 : 高速なアナログ ディケイ エンベロープ。
Attack 1 : スローなアナログアタックエンベロープ。
Attack 2 : 速いアナログ アタック エンベロープ。
Sine / 2 : 半分の周波数の正弦。
Cosine / 2 : 半分の周波数で Cosing。
サイン + -: バイポーラサイン。
FM Sine : FM 変調されたサインはウォブルに役立ちます。
FM Square : FM変調された方形波。
FM Saw down : FM変調のこぎりはぐらつきに役立ちます。
FM Saw up : FM 変調のこぎりは、ぐらつきに役立ちます。
ノイズ : ノイズのあるステップ。
拡散 : ステップ間のノイズ拡散。

機能強化 - インターフェース:

完全に書き直された GUI コード。
液晶ディスプレイのグラフィックをより美しく。
フィルター、LFO、波形、およびエンベロープ表示のアニメーションが大幅に高速かつスムーズになりました。
ノブハンドルのコントラストを高めます。
多くのグラフィックを作り直しました。
LFO波形表示が大きくなりました。
エディターまたはエフェクトを非表示にすると、パッチ ブラウザーのキーボードが非表示になります。
インターフェイスの多くの座標を微調整しました。
一部の色を微調整しました。
フィルターのカットオフとパラメーターのより迅速な制御。
より良い説明を含むより多くのツールチップ。
レイヤーは、滑らかなゲート形状で初期化されます。
パッチブラウザは、「BROWSER」または左上の表示をクリックして開くこともできるようになりました。
コントロールがクリック可能であることを示すために、「BROWSER」にカーソルを合わせると指が表示されます。
ドラッグ アンド ドロップによる変調を使用すると、インターフェイスが青色になります。
パッチが STEP Lfo を使用している場合、ロード後に自動的に表示されます。
画面に対して大きすぎる GUI サイズを選択すると、警告が表示されます。

強化 - 合成:

強化された音質。
より正確なピッチ計算。
LFO のタイミングの精度が向上しました。
ホワイトノイズの強化音。
ピンクノイズの増強音。
アナログオシレーターはより同調し、より美しいノイズを持っています。
ステップ LFO の形状と値は、NoteOn でのみ更新されなくなりました。
ステップ LFO は補間することができ、より滑らかに聞こえます。

その他の機能強化:

DAWの互換性と安定性を強化。
パフォーマンスの最適化。
重複インストールを回避するための、PC でのインストール パスのよりスマートな検出。
すべてのリンクが https になりました。
小さな機能強化の膨大な数。

修正:

マイクロチューニングでコードを演奏しているときにパッチを切り替えると発生する可能性があったクラッシュを修正しました。
デスクトップ ズーム > 100% で実行されている PC 上の VST3 に関するまれな問題を修正しました。
カテゴリの 2 番目のパッチをロードした後に Init が押されたときに発生する可能性が非常に低いクラッシュを修正しました。

https://www.tone2.com/electra-update.html

Tone2 Electra3の購入はこちら >>

$ 149.-
Electra3 単体購入はこちら

■ ElectraX もしくは Electra2を持っている人むけのアップグレード版
$ 89.-
Electra3 Upgrade Tone2 | bestservice.com | EN

BEST SERVICEでの音源の買い方解説

BEST SERVICEでのDTMプラグインの買い方

-DTMプラグイン, シンセ音源おすすめ
-,

スポンサードリンク
スポンサードリンク



最新のDTMセール情報はこちら

サンプル素材・ループ素材を買うなら

Loopcloud Music App from Loopmasters.com

-DTMプラグイン, シンセ音源おすすめ
-,