DTM

「SynthMaster One」の買い方!コスパ良い使えるプリセットが詰まったシンセが過去最安値70%OFFセール

スポンサードリンク
スポンサーリンク

「SynthMaster One」

「SynthMaster One」

低価格でプリセットがしっかりしていて数が多い『KV331 AudioのSynthMaster One』が過去最安値セールになっています。

SynthMaster One」は音が上品
画面がわかりやすい!
機能ごとのレイアウトが理路整然としており、理解しやすいのでこれからシンセの勉強をしたい人にもおすすめ!

負荷が軽いのであまりパソコンのスペックに余裕がない人でも実力を発揮してくれます。
またプリセットカテゴリーがジャンルごとにフォルダ分けされているので、そのジャンルに精通していなくても、それっぽい音が簡単にだせて作りたい曲に組み込んでいけますよ!

下位グレードPLAYER,ONE からアップデートが可能になっていて、SynthMasterの使い勝手、サウンドが気に入ってから最上位版にアップデートすることもできます。
今回のセールはアップデート用踏み台(クロスグレード用)としても使えます。

$79→$24(70%OFF)のセール中!!(税込)
※価格は為替レートで変動します。

SynthMasterとは?

KV331からリリースされているウェーブテーブルシンセサイザー。
EDM向けシンセとして知られています。

SynthMasterには3つのグレードがあります。

・入門版のSYNTHMASTER PLAYER
・お手軽版
SYNTHMASTER ONE

・最上位版のSYNTHMASTER
(バンドル全部入りのSynthMaster Everything Bundleがあります

2021年2月3日現在バージョン2.9
SynthMaster OneはiOS版も出ています。

SynthMasterOneのサンプル動画

スポンサードリンク

SynthMasterOneのサンプルプリセットサウンド

SynthMasterOneの仕様

SYNTHMASTER ONE は1250のファクトリープリセットから音を作り込んでいきます。

・2つのオシレーター
・2つのサブオシレーター
・2つのフィルター
・4つのADSR(Attack、Decay、Sustain、Release)エンベロープ
・2つのLFO(Low Frequency Oscillator)
・シーケンサー/16 stepsアルペジエーター
を搭載し、Filterで音を作り込んでいけます。

■Filter
Ladder: Low 12, Low 24, High 12, High 24, Band Pass, Band Stop
Diode Ladder: Low pass 24
State Variable: Low 12, High 12, Band Pass, Band Stop
Bite: Low 12, High 6

■11種類のエフェクト・タイプ搭載
・ディストーション、ローファイ、アンサンブル、フェーザー、6バンドEQ、コンプレッサー、ボコーダー、ディレイ、コーラス、トレモロ、リバーブ

スポンサードリンク

「SynthMasterOne」買い方

SynthMasterOneを購入するなら「Plugin Boutique」がお得に買い物できます。

Plugin Boutiqueは英語のサイトではありますが、わかりやすいサイト構成になっていますので
簡単に買い物できますよ!
詳しい買い物方法はこちらの記事「Plugin Boutiqueでのプラグインの買い方を解説。「Xpand!2」のインストールを例にして紹介」を参照してください。

定期的に入れかわる「1商品購入でもらえるプラグイン」もPlugin Boutique利用者がチェックしている点です。
2021年2月の「1商品購入でもらえるプラグイン」は「Objeq Delay」になっています。

-DTM
-, ,

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

© 2021 誰得ギター