【終了間近】の狙い目DTMセールはこちらから >>

【SUPERIOR DRUMMER 3】スネアロールを打ち込む

SUPERIOR DRUMMER 3
SUPERIOR DRUMMER 3

SUPERIOR DRUMMER 3

スネアロールを打ち込むのは非常にめんどくさい。
BFD3にはスネアロールするチャンネルが設定されていた記憶がありますが、「SUPERIOR DRUMMER3」にはありませんでした。

そこでスネアロールを打ち込まないといけないのですが、やはりめんどい。
「SUPERIOR DRUMMER 3」のMIDI Grooveを探してみたらありました。

「SUPERIOR DRUMMER3 Orchestral Percussion」を持っていると初期のMIDI Grooveにスネアロールがあるではありませんか。

Superior Libraries Orchestral Percussion I を検索すると
FamilyにあるSnare RollsがスネアロールのMIDIになっています。
気に入ったMIDIをそのまま「SUPERIOR DRUMMER3」を設定しているトラックへドラッグ&ドロップして配置します。

初期のMIDI Grooveですと

・Plain Roll(ずっと同じボリュームのスネアロール)
・Diminuendo Short(ディミヌエンドロール短い)
・Diminuendo Long(ディミヌエンドロール長い)
・Crescendo Short(クレッシェンドロール短い)
・Crescendo Long(クレッシェンドロール長い)
・Acc End Roll(アクセントが終わりについたロール)
・Acc Start Roll(アクセントが最初についたロール)

の8パターンあります。

■音楽用語

Dimimuendo(ディミヌエンド) => 「だんだん弱く」
Crescendo(クレッシェンド) => 「だんだん強く」

吹奏楽を全く通っていなくて、バンドあがりですとオーケストラのドラムパターンって全然知らないことに気が付きます。
勉強してリズムの理解をするのが1番良いのでしょうが、時間がないときはMIDIのドラムパターンを利用するのは非常に気楽ですね。

目次

参考動画

How To Make Realistic MIDI Snare Rolls in Logic Pro X

『誰得ギター』LINE公式アカウント

SUPERIOR DRUMMER 3

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『誰得ギター』というギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。
最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。
Twitter限定で発信している情報もあり!!⇒ フォローはこちら >>

コメントはこちら

コメントする

目次