サイト内検索

スポンサードリンク

DTM

kontaktのQuick Loadを移行する方法

kontaktのQuick Loadを移行する方法

kontakt7がリリースされ、今までのKontakt6と共存して使えるようになりました。
一つ困ったのが今までのKontaktで設定していたQuick Loadのファイルパスがどこかに行ってしまったことです。

また設定のやり直しをしないといけないのか?…
そう思っていたらkontaktのQuick Loadを移行する方法があるとのことで移行手順を記録しておきます。

Quick Load

Quick Loadの画面

Quick Loadの画面

kontaktの音源が増えてくると探すのが大変になってきます。
kontakt7からはブラウザ機能が拡張されましたが旧kontaktを使っているなら、検索窓を使わない場合スクロールしていかないと探せません。

またサードパーティ製でNative Accessの認証をしない音源の場合、表示されませんので、
ファイルからパッチファイルを開かないといけません。

その場合のショートカットができるのがQuick Loadです。(キーボードショートカットは[Cmd+F(Mac) /Ctrl+F(Win)キー])

メニューからQuickLoadを表示できる

メニューからQuickLoadを表示できる

スポンサードリンク

旧kontaktからkontakt7へのQuick Load移行手順

[1]
Finderより 移動 > ライブラリー を開きます。

[2]
ライブラリ > Application Support > Native Instruments を開きます。


[3]
旧Kontaktのフォルダを開き「QuickLoad」を選択します。

[4]
右クリックメニューを開いて「コピー」を押します。

[5]
同じ階層にあるKontakt7のフォルダを開くとQuickLoadのフォルダがあります。

ライブラリ > Application Support > Native Instruments > Kontakt 7  を開きます。

右クリックメニューより「ペースト」を選んで、QuickLoadフォルダを上書きします。

Windowsの手順は公式サイトのヘルプを参照してください。
KONTAKTのQuick-Loadカタログをバックアップして移動する方法

-DTM
-,

スポンサードリンク
スポンサードリンク

サイト内検索

タグ

今月のDTMプラグインセール

  • この記事を書いた人

誰得ギター | 櫻井徳右衛門

『誰得ギター』はギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。 最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。 Twitter限定で発信している情報もあり!!⇒ 誰得ギターアカウントのフォローはこちら >> ■中の人プロフィール ギターがメインの楽器です。 ⇒ @guitarsakurai2のフォロー >> 作った曲配信中→http://linkco.re/xyZ8uEeu

-DTM
-,