【終了間近】の狙い目DTMセールはこちらから >>

【soundwide】「Brainworx bx_console N」プラグインレビュー・使い方!NeveVXSアナログミキシングコンソールのチャンネルストリッププラグイン

「Brainworx bx_console N」
「Brainworx bx_console N」

「Brainworx bx_console N」

目次

Plugin Alliance Brainworx bx_console Nはこんな人におすすめ

・シンプルなアナログチャンネルストリップの音が欲しい人

「Brainworx bx_console N」は『チャンネルストリップ』プラグインです。

■チャンネルストリップとは?
EQとエフェクター部が一体化しているプラグインのこと(通称チャンスト)
主にハードコンソールをプラグイン化している形態が多い

TMTコンソールのエミュレーションの元祖! 「TMT」の機能はPlugin Alliance独自のアナログ機器特有の電気特性誤差を再現する機能。
Brainworxのチャンネルストリッププラグインにはコンソールチャンネル間の特性を再現する機能があり、これは「TMT」で成り立っています。

「TMT」をオンにしたアナログモードの場合にはL,Rの特性が変わります。デジタルモードにするとTMTがオフになります。
「Brainworx bx_console N」はBrainworx Audioが所有する象徴的なNeve VXSコンソールをベースに、72チャンネルのアナログサウンドを実現しています。
「TMT」によるL,Rのアナログ特性の違いで音の立体感が表現されます。

チャンネルによる違いまでを再現して使いたい場合にはBrainworxのチャンネルストリップ一択です。
アナログ特性を再現しているのでプラグインを追加してなんの設定もしない「ただエフェクトを挿すだけ」でも微妙なアナログ感が再現できます。

「Brainworx bx_console N」の特徴

珍しい大判NeveVXSアナログミキシングコンソールをモデル化し、72の異なるTMTチャンネルを提供します
フル機能のチャンネルストリップには、コンプレッサー/リミッター、エキスパンダー/ゲート、4バンドEQ、および幅広いハイパスフィルターとローパスフィルターが含まれています。
Tolerance Modeling Technology(TMT、米国特許第10,725,727号)は、最もリアルなアナログサウンドのために電子部品のチャネル間の変動をシミュレートします
ゲートは、入力信号レベルがしきい値付近で変動した場合のオンオフチャタリングを防止する連続可変ヒステリシス制御を備えています
連続可変THDコントロールは、チャンネルごとに独立してカラフルな彩度を追加します
連続可変バーチャルゲインコントロールは、追加のアナログバイブのためにチャンネルごとに独立してシミュレートされたアナログノイズを追加します
包括的な計量および監視施設を含む。M/Sソロ機能

「Brainworx bx_console N」のサウンドデモ

Soundwide Intro Bundleが6/15まで98%OFFセール中

Soundwide Intro Bundle

Soundwide Intro Bundle


「Brainworx bx_console N」を含めた合計15プラグインがセットになった破格バンドル「Soundwide Intro Bundle」がセール中です。
2022/6/15まで98%OFFと値段設定も異常な値引率。
Plugin Allianceのプラグインをサブスクでなく買い切りで保有し続けたい人にもピッタリなバンドルです。

■『Soundwide Intro Bundle』の収録プラグイン
iZotope RX Elements (整音ツール)
iZotope Ozone Elements(マスタリングツール)
iZotope Neutron Elements(ミキシングツール)
iZotope Nectar Elements(ボーカルプロセッサー)
iZotope Trash 2(ディストーションプラグイン)
iZotope VocalSynth 2(ボーカルマルチエフェクター)
iZotope R4 by Exponential Audio (Exponential Audio)(リバーブ)
iZotope NIMBUS by Exponential Audio (Exponential Audio)(リバーブ)
Native Instruments MASSIVE(シンセ)
Brainworx bx_digital V3(イコライザー)
Brainworx bx_subsynth(ベースエンハンサー)
Brainworx bx_console N(チャンネルストリップ)
Brainworx bx_stereomaker(ステレオイメージャー)
Brainworx bx_delay 2500(ディレイ)
Native Instruments GUITAR RIG 6 LE(ギターアンプシミュレーター)

bx_console Nは単体だと$299ドルするプラグインで、Soundwide Intro Bundleの価格とセット内容を見ると、如何にお得かわかります。

あわせて読みたい
Soundwide Intro Bundleはこんな人におすすめ!ハズレがない15プラグインを収録したバンドル ※価格に為替レート影響あり Soundwide Intro Bundleの購入はこちら >> 【Soundwide Intro Bundleはこんな人におすすめ】 Soundwide Intro Bundleが登場しました! Sound...
※価格に為替レート影響あり
【6/15まで期間限定セール 98%OFF】 ¥359,478 ⇒ ¥7,172
Soundwide Intro Bundleの購入はこちら >>

Plugin Alliance Brainworx bx_console N レビュー

アナログコンソールプラグインの音を体感しておくのにピッタリ!

明るいサウンドというよりは力強さを感じられるサウンドへ変化。
見た目のコンソールデザインが非常にリアルで、見た目から入りたい人にも非常に作業時のテンションをあげてくれるリアルさです。

アナログコンソールエミュレートプラグインのため、デジタルEQの設定画面に慣れていると戸惑うことが多いはず。
慣れで解消できる点ではありますが、使い方・特にノブの配置はマニュアルを見ておかないとちょっとイライラするかも。

チャンネルストリッププラグインは小さい画面内にたくさんのノブを詰め込んでいるから
最初は少し配置を覚えるのを頑張らないといけないのが欠点。

「Brainworx bx_console N」の再現度のこだわりが出ていると突き刺さる点として、コンプのTHR下にある小さいツマミのデザイン。
マイナスドライバーを挿し込んで回したくなる小ささですが細かい調整をするときに使います。

売りになっているTMT機能のアナログチャンネルはトラックごとにずらして設定したほうが音のまとまり感がでます。

面白い機能としてチャンネルストリップでは珍しいSoloMとSoloSが用意されています。
また他のプラグインでもよく見られるA/B比較機能がありますが、「Brainworx bx_console N」の場合はA,B,C,Dの4つに設定を記録しておけて
1クリックで呼び出しができサウンド比較が簡単にできます。
設定を追い込みたいとき・色々なバリエーションを試してみたい時に便利な機能です。

ミキシングはずっと作業していると耳が慣れてしまうので、以前の設定がわからなくなってしまいがちなんですよね。
過去の設定値を一時的に保存しておける機能は非常に役立ちます。

Plugin Alliance Brainworx bx_console Nの買い方

Soundwide Intro Bundleにbx_console Nが含まれているので2022年6月15日まではSoundwide Intro Bundleで購入するのがお得です。

※価格に為替レート影響あり
【6/15まで期間限定セール 98%OFF】 ¥359,478 ⇒ ¥7,172
Soundwide Intro Bundleの購入はこちら >>
あわせて読みたい
『Softube』買って損しないおすすめプラグインはどれ?DTM用のヴィンテージハイクオリティサウンドメーカー 【Softubeとは】 Softube(ソフチューブ)は、Oscar Öbergによって2003年にスウェーデンのストックホルムで設立したソフトウェア・プラグイン/ハードウェア・ブランド M...

『誰得ギター』LINE公式アカウント

「Brainworx bx_console N」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『誰得ギター』というギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。
最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。
Twitter限定で発信している情報もあり!!⇒ フォローはこちら >>

コメントはこちら

コメントする

目次