「BLEASS Megalit」コンパクトにまとまったコスパ良しなウェーブテーブルシンセ!

※当サイト内のコンテンツは一部商品プロモーションが含まれている場合があります。

-DTMプラグイン, シンセ音源おすすめ
-, , ,

2022年11月16日

誰得ギター
BLEASS Megalitは3オシレーターのウェーブテーブルシンセです。
VST3/AU/AAX版だけでなく、iOS版も用意されています。

Megalit はこんな人におすすめ

・Wavetableシンセが好きな人

BLEASS Megalit - Monumental Sonic Power

Stunning Synth Sounds with Megalit from BLEASS!

BLEASS MEGALIT: Wavetable Synth Made Easy (iOS / Desktop) Walkthrough & Demo! (See pin)

Megalit はこんなシンセ!

導入メリット

Serumと比べてしまうとパワフルさで負けてしまうのですが、この価格帯でこの音がだせちゃいますか!というのが第一印象。
シンセが苦手な人にも扱いやすいように全体的にコンパクトにまとめられているのがポイント。

シンセならリアルなUIが良い!という人は多いと思いますので、BLEASS独特のUIがちょっと損をしている印象は受けました。
値段を考えると音は良いです。

最初の画面は演奏にパラメーターを変更できるようにしてある「Perfomance」タブです。

Megalit

Megalit Perfomanceタブ

作れる音の幅は広く3オシレーターにNoiseを足して音を鳴らせます。
ミキサーは無く、音量バランスは各オシレーターのGainで調整します。

wavetableを設定する際はXYのパラメーターでどのあたりを採用するのか指定します。
2Dと3Dビューの二種類が選べます。

「Megalit」では135のウェーブテーブルを使って音作りができます。

AMPLITUEDEの項目がADSRの設定。

Voice,Unison,fm設定はGENERALのタブにまとめられています。

エフェクト

Drive/Fliters , FXsでエフェクト関連の設定を行います。
注意点としては各機能のON/OFFはよくあるスイッチのマークではなく「STATE」のボタンがON/OFFになっています。

Drive/Fliters

Drive/Fliters

Drive/Flitersのタブにある「Algorithm」はルーティングアルゴリズムを設定します。
上から Mixed,Paired,Singleです。

Mixed: オシレータセクションの混合出力 (Osc 1 + Osc 2 + Osc 3 + Noise) に後処理を適用します。
Paired: サブミックスされたオシレーターのペア (Osc 1 + Osc 2 および Osc 3 + Noise) に後処理を適用します。
Single: 個々のオシレーターとノイズ ジェネレーターの出力に後処理を適用します。

Waveshaper,Crusher,Filterが用意されています。
FXsではコンプレッサー、ディレイ、リバーブエフェクトをコントロールします。
必要最低限のエフェクトです。

モジュレーション

Moduration1,2のタブでLFOを設定します

LFOは4つあり、エンベロープジェネレーターがそれぞれのタブに用意されています。

モーションシーケンサー

機能面では設定値のランダマイザーとキーを鳴らし続けた時に動きをつけるモーションシーケンサーが独特。

モーションシーケンサーは指定した小節間の音量のオートメーションを設定する機能で、
アルペジエーターと組み合わせると効果的です。

オートメーションを設定するペンツールのようにグラフ上をマウスカーソルでなぞると
音量の波ができあがり、波にしたがって音量が上下します。
毎回モーションシーケンサーの設定をするのはめんどいので、5つぐらいの簡易プリセットは欲しかった項目です。

■モーションシーケンサーなし

■モーションシーケンサーあり

導入デメリット

Megalitはやたらタブが多いのですがiOS版を主軸にしているのでは?という気になってきますね。

Megalit iOS版の動画

全体のUIの配置はPC版もiOS版も差がないのです。
PCのシンセをずっと使ってきた人だと、音を作る段階で他のタブを行き来しないといけないときがありちょっと面倒くさい。
モジュレーションは4基ありますがタブをまたがないといけません。

まとめ

Phase PlantやSerumのような何でも出来る上位シンセと比べてしまうと機能面では見劣りするのですが、
Wavetableシンセとしてのコスパには優れているので、あまり予算はないけどちょっと音の良いシンセを試してみたいという人には良い選択肢になりそう。

あとはリアルなUIが良い人は多いと思いますので、BLEASS 独特のUIに見なれば長く使えるシンセです。
ファクトリープリセットは200程度。追加プリセットは「Expressive Pack #1 – Megalit Presets Pack」として公式サイトで扱われています。

公式サイトの紹介ページがマニュアルになっています。
BLEASS Megalit | BLEASS

※コンパクトにまとまったコスパ良しなウェーブテーブルシンセ!

今すぐMegalitを購入する!

スポンサードリンク



Megalitの買い方

Megalitを購入するなら「Plugin Boutique」がお得に買い物できます。

Plugin Boutique 購入方法


Plugin Boutiqueは英語のサイトですが、わかりやすいサイト構成になっていますので簡単に買い物ができます!
詳しい買い物方法は「Plugin Boutiqueでのプラグインの買い方を解説。「Xpand!2」のインストールを例にして紹介」を参照してください。画像キャプチャで解説を入れています。

Plugin Boutiqueで購入するとこんなお得がある!

Plugin Boutiqueで購入するとバーチャルキャッシュ(サイト内ポイント)がもらえる他、
【購入者ギフト特典】があります。

誰得ギター
定期的に入れかわる「1回購入でもらえるプラグイン【購入者ギフト特典】(会計時に1円以上になっていることが条件)」もPlugin Boutique利用者がチェックしている点です。

2024年5月は
- マスタリングツールの入門版「iZotope Ozone 11 Elements」(8,500円相当)

ozone 11 Elementsは有料のプラグインのため、のちのちのアップデートしたい、iZotopeの他の製品へクロスグレードしたいときに
アップデート・クロスグレード版の権利が受け取れます。
非常にレアなチャンスなので、pluginboutiqueで購入する際は必ずオマケプラグイン申請をしましょう!

プラグインがもらえるチャンス!この機会をお見逃しなく。
Plugin Boutiqueでのヘルプ・問い合わせは『日本語』でも受け付けています。
支払い方式はクレジットカード・ペイパルの他に、ApplePay,GooglePayに対応済です。

最新DTMプラグインセールはこちら >>


-DTMプラグイン, シンセ音源おすすめ
-, , ,

スポンサードリンク
スポンサードリンク



最新のDTMセール情報はこちら

サンプル素材・ループ素材を買うなら

Loopcloud Music App from Loopmasters.com

-DTMプラグイン, シンセ音源おすすめ
-, , ,