【終了間近】の狙い目DTMセールはこちらから >>

「Gong Amp by AudioThing」使い方!「アンビエント・ドローンミュージック」を作りたい人向けなレゾネーターアンププラグイン

「Gong Amp by AudioThing」

AudioThing Gong Amp はこんな人におすすめ

・トリップするような音楽を作りたい人。
・アンビエンス・ドローンミュージック向けプラグインを探している人

目次

AudioThing Gong Amp はこんなプラグイン!

Gong Amp」は AudioThing のアンプレゾネータープラグイン。
Eowave社のMetallik Resonatorをプラグイン化したもの。

■Eowave社のMetallik Resonator

上の動画の公開者であるハインバッハ氏の協力により開発成功したのが「AudioThing Gong Amp」です。

AudioThing Gong Amp サンプル音源

かなりマニアックなプラグインですがハインバッハ氏の音楽のような音が欲しい人にはたまらないプラグインです。

Gong Ampは、電子音楽の始まりから今日のプラグインの世界まで、エキサイティングな実験的なアンプを採用しています。

1932年、モーリスマルトノは、当時のホーンやスピーカーでアーカイブできるものを超えて、画期的なプロトシンセサイザー「オンド」を聞こえるようにする方法を探していました。彼は一連の「ディフューザー」を開発しましたが、そのうちの「メタリック」はその1つでした。紙のコーンやホーンの代わりに、マルトノはアンプ回路の後ろにゴングを置きました。この一見単純なアイデアは、今日まで聴衆を興奮させる共鳴と華麗な倍音をもたらしました。

2011年、フランスの会社Eowaveは、マルトノの発明からインスピレーションを得て、独自のバージョンであるResonatorMetallikを作成しました。私たちの友人であるベルリンの作曲家ハインバッハがこの希少で廃止されたアンプで何をしたかを聞いたとき、私たちはこのサウンドが選ばれた少数の人々以上に利用可能である必要があることを知りました。そこで、Motors andWires以来3度目のHainbachとのコラボレーションであるGongAmpを作成しました。

畳み込み処理、物理モデリング、フィードバックシステムの複雑な組み合わせを使用して、オリジナルの応答性に忠実であり、サウンドデザインの可能性の点でそれを超越する楽器を作成しました。

AudioThing Gong Amp 使い方

ミキサーセクションにモノラルマイク、ステレオマイク、ハインバッハ氏が設計した独自の「レゾネーター」エフェクトの3つのノブを設定。
倍音付与させるときにはDriveをあげていきます。
チェーンと枕をおいて反響音を押さえたり、モジュレーションの追加、トリップモードのON/OFFでサイケデリックな音楽を作れるプラグインです。
マニアックなジャンルですが「ドローンミュージック」を作りたい人にとっては非常に惹かれるプラグインでしょう。

AudioThing Gong Amp レビュー

Initの設定にするだけで反響音が入り面白いサウンドになります。
WindowSizeはSmall,Standard,Bigの三種類

Tripモードは自動でmono,Stereo,Resonateのノブが最小値〜最大値までループし続けるボタン。
mixerの3つのマイクのON/OFFで聞こえ方が変わってきます。
このTripモードの速度は変更ができ、Tripモードのラベル左側にある音符マークがスイッチになっています。
後はspeedノブを回していくと速度が変わります。

ミュート機材の鎖をつければ鎖がシンバルにあたる音が付与され、枕にすると反響が減ります。

シンセでPad系の音色にGong Ampを使うとさらに奥まった印象があたえられて幻想的な音になって楽しいです。
個人的にはオートーメーションを書いてパラメーターを変化させたほうが面白い効果が得られると感じられました。

AudioThing Gong Amp プリセットサウンドサンプル

ピアノの音で1コード押さえただけの音です。
Gong AMPを通すとこれだけ変わっていきます。
■gong-amp-piano-dry(Bypass音)

■gong-amp-piano-brokenRoom

■gong-amp-piano-chain Reverb

■gong-amp-piano-Octaverb

■gong-amp-piano-warpChords

こちらはシンセ音
■gong-amp-synthpad-Dry(Bypass音)

■gong-amp-synthpad-Distant Seas

AudioThing Gong Ampの買い方

Pulsar Gong Ampを購入するなら「Plugin Boutique」がお得に買い物できます。

Plugin Boutiqueでの購入方法解説


Plugin Boutiqueは英語のサイトですが、わかりやすいサイト構成になっていますので簡単に買い物ができます!
詳しい買い物方法はこちらの記事「Plugin Boutiqueでのプラグインの買い方を解説。「Xpand!2」のインストールを例にして紹介」を参照してください。

あわせて読みたい
Plugin Boutiqueでプラグインを買うにはどうしたら良い?買い方を解説。「Xpand!2」のインストールを例... 【Plugin Boutiqueでのプラグインの買い方を解説】 DAWで使えるプラグインをお得に購入できるPlugin Boutique 日本語対応されていないので英語が苦手な人はちょっと抵抗...

誰得ギター
定期的に入れかわる「1回購入でもらえるプラグイン」もPlugin Boutique利用者がチェックしている点です。
2022年9月の「1回購入でもらえるプラグイン(会計時に1円以上になっていることが条件)」は
Space」(4,500円相当のリバーブ)(Poly Spaceの機能縮小版
Huracan」(15,000円相当のエスニック音源)

両方とも欲しい場合には、2回に分けて商品チェックアウトを行い,ギフト請求をするとプラグインをもらうことができます!
誰得ギター
Plugin Boutiqueで何度も購入しているユーザーならバーチャルキャッシュがたまっているはずですので、バーチャルキャッシュを使って1円まで割引した状態でもギフトはもらえます。(会計時に1円以上が条件)
誰得ギター
一見して英語のサイトなのでサポートが不安になるかもしれませんが、Plugin Boutiqueでのヘルプ・問い合わせは『日本語』でも受け付けています。 私もメールを問い合わせした後、日本語で返信が届き驚きました。
誰得ギター
Plugin Boutiqueでの支払い方式にGooglePayが追加されました。 またApple Payを使う場合はSafariを使うと支払いボタンが表示されます。 

※価格に為替レート影響あり
「AudioThing Gong Amp」の購入はこちら >>
↓↓↓2022年9月DTMセールの最新詳細はこちら(随時更新) ↓↓↓ DTMプラグインセール中のプラグイン、音源の個別解説レビュー >>

『誰得ギター』LINE公式アカウント

「Gong Amp by AudioThing」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『誰得ギター』というギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。
最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。
Twitter限定で発信している情報もあり!!⇒ フォローはこちら >>

コメントはこちら

コメントする

目次