プレイヤー

フランクギャンバレ(frank gambale)

スポンサードリンク

1982年、23歳でに米ハリウッドのミュージシャンズ・インスティチュート(GIT)に入学。卒業とともに同校で講師を務めつつ、周辺のジャズクラブなどでも演奏活動を続ける。1986年にチック・コリア・エレクトリック・バンドに参加したことで一躍名を挙げる。

彼が有名になったのは彼が発案した奏法であるスピードピッキング(エコノミーピッキング)によるところが大きい。この奏法はアルペジオやスケール演奏時に隣接する弦へ移動する際、上への場合はアップ、下への場合はダウンと二つの音を短く切り、それを一回のピッキング動作で行うテクニックである。文章にしてしまうと単純な事に思えてしまうが、本人も語っているとおりこの奏法の難易度は非常に高い。彼がリスペクトされ、この奏法の第一人者とされる所以である。彼のスウィープピッキングのテクニックは、イングヴェイ・マルムスティーンを代表とする近代のネオクラシカルギタリストの追随を許さないほど正確無比なものであり、スウィープピッキングを極めた一人としてギター雑誌などで取り上げられることが多い
Quote:
フランク・ギャンバレ - Wikipedia

スピードピッキング(エコノミーピッキング)名手。
難易度の高いこの奏法は習得するのがとても大変です。

ジャズフュージョンスタイルがメインですが、この手のジャンルに
興味がない人でも一度真似してみると得る物がありそうです。

-プレイヤー
-

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

Copyright© 誰得ギター , 2020 All Rights Reserved.