今月の最新DTMセールはこちら >>

滑舌が悪いのを治すには【舌筋を鍛える訓練】が必要

スポンサードリンク

DTMセール・新製品情報

■ぞくぞく登場する新製品!2024年2月の【お得なDTMセール】をまとめています
最新のDTMセール/プラグインの解説記事はこちら >>

Sonnox、Arturia ,Native Instrumentsなど人気メーカーがセール中
↓↓↓ 今すぐプラグインセール会場を見るにはこちら↓↓↓
独占セールありなPlugin Boutiqueのセール会場を今すぐ見るにはこちら

人前で話したり歌ったりするときに気になるのが「滑舌」の悪さ。
緊張で言葉が繋がらないということも要因になるでしょうが滑舌が悪いことで伝えたいことが
思うように伝わらないと悔しいですよね。

目次

滑舌が悪いので言葉が聞き取れないとと言われたのだけどどうしたら良い?


滑舌が悪いと言われた場合、以下の方法を意識して見ると少しずつ変わっていく可能性があります。


1. **スローペースで話す:** 急いで話すことが滑舌の原因となることがあります。ゆっくりとしたペースで話すことで、発音が明瞭になることがあります。

2. **口の動きに注意を払う:** 口や舌の動きに意識的に注意を払うことで、発音が改善されることがあります。鏡を使って自分の口の動きを確認してみると良いでしょう。

3. **発音練習:** 特定の言葉や音に焦点を当てて発音練習を行うことが役立ちます。辞書やオンラインの発音ガイドを利用して、正確な発音を覚えることができます。

4. **トレーニングアプリの利用:** スマートフォンアプリやオンラインの発音トレーニングツールを利用することもおすすめです。これらのツールは、リアルタイムで発音を確認し、改善点を教えてくれることがあります。

5. **発音コーチやスピーチセラピストの協力を得る:** 発音の専門家にアドバイスを求めることも一つの方法です。スピーチセラピストは、滑舌や発音の問題に対するトレーニングを提供する専門家です。

6. **日常的な練習:** 毎日の会話や読み上げ練習を通じて、滑舌を改善することができます。定期的な練習が重要です。

もともと声が小さいだけな場合はどうしたら良いでしょうか?

声が小さい場合、以下の方法で声を大きくする練習をすることができます。
ただし、無理に大きな声を出そうとすると喉に負担がかかることがあるため、徐々に練習していくことが重要です。

1. **呼吸のコントロール:** 声を大きくするためには、十分な息を深く吸い込み、ゆっくりと吐くことが重要です。腹式呼吸を練習すると、声が安定しやすくなります。

2. **声の高さと低さのバリエーション:** 単調な声よりも、声の高低を使って表現すると、相手により強く印象づけることができます。声のトーンやリズムに変化をつけることで、聞き手の注意を引くことができます。

3. **発声の練習:** 発声練習は、声の大きさや明瞭さを向上させるのに役立ちます。母音や子音の発声をクリアにすることで、声がより響くようになります。

4. **声の響きを意識する:** 声が響くようにするには、口の開き具合や舌の位置に注意を払うことが大切です。鏡を使って口の形や舌の位置を確認しながら練習すると良いでしょう。

5. **声のトレーニングアプリ:** スマートフォンアプリやオンラインの声トレーニングツールを利用して、声を大きくするための練習を行うこともあります。これらのツールは、発声の正確さを測定し、改善点を提案してくれることがあります。

6. **発声コーチや声楽教室の受講:** 専門の発声コーチや声楽教室で指導を受けることもおすすめです。プロの指導のもとで、正しい発声法を学ぶことができます。

声に自信がなくて、声がこもって聞こえている場合はどうしたら良いでしょうか?

声に自信がなく、声がこもって聞こえる場合は、以下の方法を試してみて、改善を図ることができます。

1. **姿勢の改善:** 正しい姿勢は声の通り道を確保し、声をこもらせないために重要です。背筋を伸ばし、肩をリラックスさせ、体全体を意識して立つことで、声がクリアになることがあります。

2. **発声練習:** 発声の基本的なトレーニングを行うことで、声をより明瞭にすることができます。母音や子音の発声を意識的にクリアにするために、口を大きく開けて発声練習を行いましょう。

3. **口の開き方に注意:** 口を大きく開けることで、声がより明瞭になります。発声時に口を十分に開け、舌を上あごにしっかりと当てることで、声が通りやすくなります。

4. **ゆっくりと話す:** 急いで話すことが声をこもらせる原因になることがあります。ゆっくりとしたペースで話すことで、言葉がクリアになりやすくなります。

5. **鏡を使った確認:** 鏡を使って発音や口の動きを確認すると、自分の発声のクセや改善すべき点が見つかりやすくなります。

6. **発声トレーニングアプリの利用:** スマートフォンアプリやオンラインの発声トレーニングツールを使って、自宅で効果的に声の練習を行うことができます。これらのツールはフィードバックを提供してくれることがあります。

7. **声楽教室や発声コーチの受講:** 専門の声楽教室や発声コーチに指導を受けることで、効果的かつ正確な発声法を学ぶことができます。

もしも滑舌が良くなると?

・歌が聞き取りやすくなる
・話し声が聞き取りやすくなり他人に話しかけたときに会話を聴いてもらいやすくなる
・仕事で発表をしないといけないときに聴いてもらいやすくなる
・滑舌が良いことで話す事に自信がもてる

一日二日で改善するものではなく、意識して生活してく必要があります。
また滑舌改善のトレーニング方法があります。

言葉をお客さんに伝えやすくするために滑舌を良くする訓練をします。滑舌をよくするためには舌の筋肉を鍛えます。
以下の方法を1週間に2回くらい行い2~3ヶ月続けます。

1、口を閉じます。トレーニングの最後まで口は閉じています
2、舌を下唇と下歯茎の間にさし込みます
3、舌の先に力を入れて、右端から左端にゆっくり移動します
もしメトロノームがあれば目盛60で5拍かけて移動します
4、左端までいったら、そのまま力をゆるめずに右端に戻ります
5、以上を3往復みっちり行います
6、3往復終わったら、今度はそのまま上唇と上歯茎の間に移動
7、同じように3往復行います
■参照
舌筋を鍛える簡単なトレーニング方法 これで滑舌が良くなり歌にもプレゼンにも効果があります:永井千佳の音楽ブログ:ITmedia オルタナティブ・ブログ

他の滑舌を改善するための訓練例を紹介

発音練習: 特定の音や音節、単語の発音に焦点を当てた練習が役立ちます。難しいと感じる音に対して特に注意を払い、正確な発音を意識的に行うことが重要です。

日本語の発音を向上させるためには、以下の具体的な発音練習が役立ちます。これらのトレーニングを通じて、特に日本語と他の言語の音の違いに注意を払い、正確な発音を身につけることが重要です。


**母音の発音:** 日本語の母音は他の言語と比べて短く発音されることがあります。特に「え」や「お」などの長母音に注意を払い、日本語の母音の発音をクリアにするトレーニングを行いましょう。

**子音の発音:** 日本語には「ん」以外に濁音や半濁音があります。これらの子音の発音に慣れ、他の言語の子音との違いを理解するために、繰り返し練習すると良いです。

**イントネーション:** 日本語のイントネーションは他の言語とは異なります。特に文の終わりでの下降イントネーションや疑問文での上昇イントネーションに注意を払い、自然なリズムを身につけるために日常的な発音練習を行いましょう。

**舌の位置や口の形の確認:** 発音の正確性には舌や唇の位置が影響を与えます。鏡を使って自分の口の形や舌の位置を確認しながら、特に難しい音に対して正確な発音を目指しましょう。

**日本語の発音アプリの利用:** スマートフォンアプリやオンラインの発音トレーニングツールを利用して、母音や子音の発音を正確にトレーニングすることができます。これらのツールはフィードバックを提供してくれるので、自己練習をサポートします。

**ネイティブスピーカーの模倣:** 日本語を正確に話すネイティブスピーカーの発音を聞き、模倣することで、自然な発音を身につけることができます。ドラマや映画、音声教材などがその良い例です。

口の動きの確認:

鏡を使って口の動きを確認することで、どのように言葉を発音しているかを視覚的に確認できます。特に舌や唇の動きに注意を払い、正確な発音を目指しましょう。

早口言葉の練習:

早口言葉は滑舌の向上に効果的です。早く正確に言葉を発することで、口の動きや舌の使い方が向上し、滑舌が良くなります。

日本語の早口言葉の練習で効き目のあるフレーズは何?

日本語の早口言葉は、口の動きや舌の使い方をトレーニングするのに効果的です。以下は、効果的な早口言葉の一例です。ゆっくりと始め、徐々にスピードを上げて挑戦してみてください。

ポイント

**「赤巻紙、青巻紙、黄巻紙」(あかまきし、あおまきし、きまきし)**
– この早口言葉は、色々な「まきし」の巻紙を繰り返し使います。色々な音を含んでいるため、リズムをつかむのに良いです。

**「東京特許許可局」(とうきょうとっきょきょかきょく)**
– この言葉は同じくらいの長さの「きょ」の連続で構成されています。スムーズな発音が求められます。

**「蛙ぴょこぴょこ三ぴょこぴょこ」(かえるぴょこぴょこさんぴょこぴょこ)**
– 「ぴょこぴょこ」の部分がリズミカルで、発音の素早さを要求します。

**「賢い犬は金色の鼻」(かしこいいぬはこんじきのはな)**
– この早口言葉は、単語の中で「い」や「ん」などの音を使っています。

**「六義園の六義園へ行こう」(ろくぎえんのろくぎえんへいこう)**
– 同じ単語が続くことで、音の変化に慣れることができます。

これらの早口言葉を何度も繰り返し練習することで、口の動きや舌の動きをスムーズにし、滑舌や発音の向上に役立つでしょう。早口言葉は楽しく挑戦できるので、リラックスして取り組んでみてください。

リズムやイントネーションのトレーニング:

言葉のリズムやイントネーションに注意を払うことで、滑舌を改善することができます。ストレスのかかる部分や抑揚を意識的に取り入れてみましょう。

録音を活用:

録音を使って自分の話し方を聴くことで、滑舌の問題や改善点を発見しやすくなります。自己評価をすることで、具体的な改善ポイントを見つけることができます。

発音トレーニングアプリの利用:

スマートフォンアプリやオンラインの発音トレーニングツールを使用すると、リアルタイムで発音を確認し、改善点を指摘してくれることがあります。

発音コーチやスピーチセラピストの協力を得る:

専門家にアドバイスを求めることも有益です。発音コーチやスピーチセラピストが個別に指導することで、効果的な訓練ができます。

スポンサードリンク

『誰得ギター』メルマガ登録はこちら

・『終了直前のDTMセール情報』
・『見逃せないDTMプラグインのセール情報のまとめ』
・『DTMで使える小ネタ』
等お役立ちコンテンツを定期的に配信予定です!
ぜひご登録ください。

サンプル素材・ループ素材を買うなら

Loopcloud Music App from Loopmasters.com

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら

コメントする

目次