今月の最新DTMセールはこちら >>

「Gibson Shinichi Ubukata ES-355 Vintage Ebony VOS」生形真一氏のシグネイチャーモデルが限定150本生産

スポンサードリンク

DTMセール・新製品情報

■ぞくぞく登場する新製品!2024年2月の【お得なDTMセール】をまとめています
最新のDTMセール/プラグインの解説記事はこちら >>

Sonnox、Arturia ,Native Instrumentsなど人気メーカーがセール中
↓↓↓ 今すぐプラグインセール会場を見るにはこちら↓↓↓
独占セールありなPlugin Boutiqueのセール会場を今すぐ見るにはこちら

521836 main l 201706141512

ELLEGARDEN、Nothing’s Carved In Stoneのギタリストである生形真一氏のシグネイチャーモデルが限定150本生産されます。
ギタリストあこがれのギブソンからのシグネイチャーモデルです。

セミアコで人気のギブソンES-335とES-355の違いは、ピックガードバインディングやレスポールカスタムで見られるヘッド部分のスプリットダイヤモンドインレイ、ポジションマークなどが挙げられます。

黒のES-355はキース・リチャーズなどが使用しているのを見たことがあるかもしれません。

「Gibson Shinichi Ubukata ES-355 Vintage Ebony VOS」はモデル名のとおりES-355をベースにカスタムされています。

パッと見て気がつく点として、ベースとなっているES-355はよく見るfホールの形ですが、
このモデルではトリニ・ロペス・モデルなどで使われているダイヤモンド・シェイプfホールを採用しています。
ホール名のとおりfの形がダイヤモンドの形になっています。fホールの形に見慣れている人にとっては新鮮さがあると思います。

またES-355は指板材にエボニー指板(現行モデルはリッチライト)が使われているのに対して、ローズウッド指板が使われています。

□Gibson Memphis ES-355 with Bigsby Ebony
WG72 1 thumb 800xauto 7177

□Gibson Shinichi Ubukata ES-355 Vintage Ebony VOS

521836 sub 1 l 201706141512

サウンド面での特徴としてはES-345などで使われている大きなノブで設定する5段階のバリトーンスイッチ。

521836 sub 1 l 201706141512 2

バリトーンスイッチをつかうことで幅広いサウンドメイクができるようになります。

スイッチ番号をあげていくことでギターサウンドのブライト感が増していくのでよりバッキングでの使用や特徴的なフレーズを演出したいときなど
に最適。ビンテージラジオ音のような変化球ニュアンスも出せます。

ピックアップはビンテージギブソンのサウンドトーンを出すMHSピックアップ。

ヘッド裏とハードケースにトレードマークの「スカルマークロゴ」が加えられます。

521836 sub 4 l 201706141512

521836 sub 8 l 201706141512

150本限定生産なのでファンは手に入れておきたい一本ですね。
ちょっとかわったES-355が欲しい人も要チェックなギターです。

□製品仕様の詳細はこちらから

□こちらもおすすめです

スポンサードリンク

『誰得ギター』メルマガ登録はこちら

・『終了直前のDTMセール情報』
・『見逃せないDTMプラグインのセール情報のまとめ』
・『DTMで使える小ネタ』
等お役立ちコンテンツを定期的に配信予定です!
ぜひご登録ください。

サンプル素材・ループ素材を買うなら

Loopcloud Music App from Loopmasters.com

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら

コメントする

目次