DTM

ボーカルピッチ編集ソフトの比較(「Auto-Tune 」「Melodyne」「Revoice Pro」)

スポンサードリンク

ボーカルピッチ編集ソフトの比較

ボーカルピッチ編集ソフトの比較


ボーカルピッチ編集ソフトの比較をしていきます。
比較対象とするのは以下のソフトです。
・Antares Auto-Tune Pro
・CelemonyのMelodyne
・Synchro Arts Revoice Pro(元VocAlign)

いずれもiLokでの認証を必要とします。
MelodyneはiLokを使うか選べます。

ボーカルピッチ編集とは?

ボーカルピッチ編集とは?

ボーカルピッチ編集とは?

取り直しの大変なボーカルのピッチ、タイミング等を補正できる夢のようなツールです。
オーディオデータが音階上で表示されるので、メロディの音程がわかっていれば調整が可能。音が外れている箇所も目視でチェックできます。
できることは年々増えていっています。

Revoice Pro,Melodyneでは録音した歌のデータから「ハモリパートの作成」「ダブリング生成」「ビブラート調整」などもできます。

操作難易度

Revoice Pro > Melodyne > Auto-Tune Pro

スポンサードリンク

Antares(アンタレス)Auto-Tune Pro

Auto-TuneはMelodyneやRevoice Proのようにオーディオデータを音程化して編集していくのではなく、
スケールのピッチを設定してKeyに合わせたピッチ補正を行うツールです。
MIDIパラメーターコントロールを使って、途中でkeyを変更することも可能です。
操作がシンプルなのが良いですね。

グレードは「Pro > Artist > EFX+ > Access 」と別れています。

Auto-Tuneグレード比較

シリーズ機能比較表

対応機能 Access EFX+ Artist Pro
iLok USBキーが必要(別売) ●(9.0.1まで)
Auto-Tuneピッチ補正とボーカルエフェクト
ライブパフォーマンスとトラッキングのための低レイテンシー
Humanize機能
調整可能なRetune SpeedとHumanaizeコントロール
自動フォルマント補正
調整可能なスロートモデリング
ビブラートの作成と調整
リアルタイムMIDIコントロール
Auto-EFX: マルチエフェクトモジュール
Auto-Motionパターンの生成
Auto-Keyプラグインとの互換性:キー検出プラグイン
Auto-Keyプラグインの同梱
「Auto-Tune 5サウンド」のClassic Mode
Flex-Tune 純粋で柔軟なピッチ補正
トランスポーズ:リアルタイムピッチシフト
グラフィックピッチ編集
グラフィックタイム編集
ARAのサポート(オーディオランダムアクセス)
MIDIから音符オブジェクトを生成
個々の補正オブジェクトに対するパラメータの調整

Antares Auto-Tuneの購入はこちら >>

スポンサードリンク

Melodyne

ボーカルピッチ補正ソフトの定番。
使っている人が多いので日本語のマニュアルが多く見つけられます。
この『日本語マニュアルが多い』というのがかなり重要なポイントで、検索したときに自分と同じことに悩んでいる人が居て、悩みの解決がサクッとできる可能性があります。

グレードは「Studio > Editor>Assistant>Essential 」と別れています。
StudioOneなどで同梱されるMelodyneはEssential版にあたります。
Melodyneを本格的に使っていくならEditor版までアップグレードしないと、ポテンシャルが発揮されません。

Melodyneグレード比較

Essential Assistant Editor Studio
マルチトラッキング
マルチトラックノート編集
複数のトラックにまたがるマクロ
参照トラックにクオンタイズ
サウンドエディター
DNA Direct Note Access
コード内の各ノートを編集
拡張テンポ機能
拡張スケール機能
オーディオ-MIDI変換
インスペクター
Melodyneの全ツール
音楽的重み付けピッチ分析
コードトラックとコード検出
DNAなしの全アルゴリズム
ノートアサインを編集
Melodyneメインツール
ピッチ、タイミング、レベル調整のマクロ
スタンドアロンまたはDAWの一部として
相互互換性
Melodyne 4との互換性

Melodyneの購入はこちら >>

下のグレードからの上位アップグレードも可能です。

Revoice Pro

Melodyneに慣れていると操作の独特さが難しく感じますが、機能面ではRevoice Proが断然有利。
Melodyneでできることは基本的にRevoice Proで実現できます。
インターフェイスも見やすいのが良いですね。 

Revoice Proで強みとなっているのが2つのトラックのタイミングを合わせる機能があります。
これによって録音タイミングのずれたコーラス・ハーモニーの編集もできちゃいます。

Revoice Proの購入はこちら >>

口コミ

まとめ

ボーカルのピッチ補正ソフトは今や必須になっていて
特に歌い手さんでは「録音=> Melodyne処理」をしてからMix師にわたすのが普通のようです。
mixエンジニアだけでなくボーカリストでも使えるようにしておきたいツールですね。

最新のDTM用プラグインセール情報はこちら!

【2021年9月】DTMプラグインセール!狙い目ソフト・プラグイン

-DTM
-, ,

-DTM
-, ,

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • この記事を書いた人

Sakurai@DTMerギタリスト

DTMに目覚めたギター弾き。メタル・ゲーム音楽が好み 最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。 プラグインまとめ #saplugin

© 2021 誰得ギター