「UVI Synth Anthology 4」デュアルレイヤーとMPE対応で表現力が多彩になったヴィンテージシンセコレクション

※当サイト内のコンテンツは一部商品プロモーションが含まれている場合があります。

-UVI おすすめ, シンセ音源おすすめ
-, ,

2023年9月1日

スポンサードリンク
「UVI Synth Anthology 4」

「UVI Synth Anthology 4」

誰得ギター

シンセの音を一気に手に入れたい人は要チェック!

UVI Synth Anthology 4 はこんな人におすすめ


・使えるシンセプリセットの音をたくさん使いたい人

Synth Anthology 4」はUVIによるベストセラーシンセコレクションがバージョン4になりました。

Synth Anthology 4の特徴

Synth Anthology 4は、200モデルのハードウェアシンセサイザーをベースにし、職人によるサウンドプログラミング、
収録、編集された4,000+の音色とレイヤーが含まれています。

スポンサードリンク



Synth Anthology 3 -> 4の進化

Synth Anthology 3 Synth Anthology 4
レイヤー デュアルレイヤー(メイン+サブ) デュアルレイヤー
モデル数 132 200
音色数(プリセット) 3500 4000
MPEネイティブ対応
スマート音色提示
容量(FLAC圧縮) 14.47GB 20.42GB

シンセ2台が別々に設定できレイヤーできる用になりました。
AシンセBシンセをモーフィングし音色を切り替えていくこともでき、Synth Anthology 3までのプリセットを選んで終わり!から
多彩な音作りができるシンセへと進化しています。

大きく進化したのが「プロクシミティ・エクスプローラー」という機能で、レイヤー部分のドットボタンにあたる部分です。
選んでいるシンセの音を解析し、似ている候補のシンセを並べていくシステムです。

毎回フォルダに入っては音色を探し、音数が多すぎるため過去に選んだものを何度も選び直してしまうような作業ミスから回避。
音選びが大変だったSynth Anthology 3までの使用感をガラリと進化させています。

またモジュレーションシステムが進化。
エフェクトパラメーターの細かい音の変化を自由度高く表現ができるようになっています。

UVI Synth Anthology 4 | プリセットショーケース

MPE対応

MPE(MIDI Polyphonic Expression)ネイティブ対応が含まれたことで、新世代MIDIコントローラーを駆使するアーティストの表現力が上がります。

UVI Synth Anthology 4の購入はこちら >>

「UVI Synth Anthology 3」所有ユーザーは公式サイトログイン後アップグレードが可能です。

-UVI おすすめ, シンセ音源おすすめ
-, ,

スポンサードリンク
スポンサードリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

誰得ギター

『誰得ギター』は主にギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。 最新のプラグインセール情報はTwitterが最速です。 運営者情報はコチラ



最新のDTMセール情報はこちら

サンプル素材・ループ素材を買うなら

Loopcloud Music App from Loopmasters.com

-UVI おすすめ, シンセ音源おすすめ
-, ,