【終了間近】の狙い目DTMセールはこちらから >>

「UVI Augmented Orchestra」オーケストラサウンドとシンセサウンドが融合したハイブリッドオーケストラ音源

誰得ギター
アコースティックとエレクトリックのハイブリッドオーケストラ音源
目次

UVI Augmented Orchestra はこんな人におすすめ

・新しいオーケストラ音源を探している人

Augmented Orchestra」は UVIのオーケストラサウンドとシンセサウンドが融合したハイブリッドなオーケストラ音源です。

サンプリングされたオーケストラ楽器をベースにしており、左側に表示される「A1,A2」右側に表示される「B1,B2」の合計4ボイスレイヤー構造。「A1⇔A2」「B1⇔B2」はモーフィングし割合の切り替えができます。

Augmented Orchestra

Augmented Orchestra

Augmented Orchestra」の特徴

・400以上の特別用意されたアコースティックと電子音源を備えたマルチパート構造
・洗練された設計、強力なモジュレーション、クリエイティブなアルペジエーター
・数百の優れた音色プリセットと自在なサウンドエディット

High,Lowにセクションわけされたオーケストラ楽器のサンプルに加えて、テープ収録オーケストラ音、シンセ音を選べます。
鍵盤1つでフルオーケストラのサウンドが出せるようメジャー・マイナーのコードサウンドも用意。
画面下に分厚いオーケストラコードっぽさを出せるハーモナイザーが付きます。

楽器カテゴリ

  • Strings Low
  • Strings High
  • String Ensemble
  • Brass Low
  • Brass High
  • Brass Ensemble
  • Winds Low
  • Winds High
  • Winds Ensemble
  • Orchestral FX, and Orchestral Chords
  • Tape Orchestra
  • Modeled
  • String Machines
  • Synth Stacks
  • Processed
  • Synth Textures
  • FM Exploration
  • Waveforms

さらにモジュレーションとエフェクトを混ぜてサウンドメイクをしていきます。
2基のアルペジエーターが付いていて簡単にシーケンスサウンドも再現できます。

UVI Augmented Orchestra プリセットショーケース

サウンドの印象はこちらのプリセットショーケースが参考になります。
  

UVI Augmented Orchestra デモソング

Augmented Orchestra」コンテンツ情報

サイズ: 17.53GB(FLACロスレス圧縮済)
コンテンツ: 520プリセット, 450のレイヤーサウンド, 62,010 サンプル
サンプル解像度: 44.1 kHz (収録: 88.2 kHz)
ライセンス: 1ライセンスにつき、PC/iLokキー混在可能な3デバイスアクティベーション
UVI Workstation 3.1.5以降、またはFalcon 2.5.6以降に対応
iLOk認証

UVI Augmented Orchestra 解説動画| オーバービュー

『誰得ギター』LINE公式アカウント

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『誰得ギター』というギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。
最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。
Twitter限定で発信している情報もあり!!⇒ フォローはこちら >>

コメントはこちら

コメントする

目次