【終了間近】の狙い目DTMセールはこちらから >>

【63%OFFセール中】「Tone Empire Goliath V2」レビュー・使い方!4タイプのサチュレーション・1176スタイルのFETコンプ・3バンドEQ・オーバーサンプリングを備えたチャンネルストリップ

「Tone Empire Goliath V2」


目次

Tone Empire 最新セール情報

【7/31まで】
Tone Empireプラグインおすすめ

■Tone Empire Complte Bundle 78%OFF
Tone Empire製品全プラグインが一度に手に入るお得なバンドル版
Tone Empire Complte Bundleのセールはこちら >>

■Tone Empire Goliath V2 63%OFF
 4回路タイプ(Nickel, Iron, Steel based Transformers)のサウンドを変化できるチャンネルストリッププラグイン
独立してON/OFF可能なEQ,FETコンプが付いていてサウンドメイクの幅も抜群。色々なアナログ化プラグインを使ってきたけどアナログ感がイマイチ出ないという人は基準が変わると思います。
【63%OFFのセール中!】 ¥11,794 ⇒ ¥4,328※価格に為替レート影響あり
Goliath V2 のセール会場はこちら >> | Goliath V2のレビュー

■Tone Empire FireChild 70%OFF
 Vari-Mu Compressor の定番FairChildをエミュレートしたプラグイン。
FairChildはボーカル処理やマスタリングなどでも使われる定番です。何も設定せず通すだけでもアナログ感付与に役立つプラグイン
【70%OFFのセール中!】 ¥14,778 ⇒ ¥4,328 ※価格に為替レート影響あり
FireChild のセール会場はこちら >> | FireChildのレビュー

■Reelight PRO 70%OFF
 6タイプのサウンドを切り替えて使える万能テープマシンプラグイン
【70%OFFのセール中!】 ¥14,778 ⇒ ¥4,328※価格に為替レート影響あり
Reelight PRO のセール会場はこちら >> | REELIGHT PROのレビュー

■Model 5000 70%OFF
中高域のアタック検知でコンプをかける「Knok」とアナログソリッドステート回路のシュミレートをする「TransX」の機能を備えたVCAコンプレッサープラグイン
【75%OFFのセール中!】 ¥14,778 ⇒ ¥4,328※価格に為替レート影響あり
Model 5000 のセール会場はこちら >> |

■Loc-Ness 2 75%OFF
ドラムトラック用サチュレーションプラグイン
【75%OFFのセール中!】 ¥11,794 ⇒ ¥2,836 ※価格に為替レート影響あり
Loc-Ness 2 のセール会場はこちら >> |

■Black Q - V2 63%OFF
2タイプのサウンドを切り替えて使えるアナログイコライザープラグイン
【63%OFFのセール中!】 ¥11,794 ⇒ ¥4,328 ※価格に為替レート影響あり
Black Q - V2 のセール会場はこちら >> |

■OptoRED 63%OFF
絶大な人気を誇る“LA-2A”を意識して開発された、オプトコンプレッサー
【63%OFFのセール中!】 ¥11,794 ⇒ ¥4,328 ※価格に為替レート影響あり
OptoRED のセール会場はこちら >> |


 「Tone Empire Goliath V2」

「Tone Empire Goliath V2」

Tone Empire Goliath V2 はこんな人におすすめ

・音が良く幅広く使えるチャンネル・ストリッププラグインが欲しい
・プロが使っているプラグインを試してみたい人

Tone Empire Goliath V2 はこんなプラグイン!

・4タイプのサチュレーションモデル(Alloy,Tube,Tape,Vinyl)を切り替え
・1176スタイルのFETコンプレッサー
・3バンドEQ+ ローカット・フィルター
・オーバーサンプリング(2x,4x,8x)

Goliath V2 のレビュー

最初に注意ですがGoliath V2は音は良いのですがCPU負荷は大きめ。
CPUが弱めなPCを使っている場合にはオーバーサンプリングの機能は使わない方が無難です。
ここぞというときにオーバーサンプリングを実行しましょう。(プリセットで使われている設定はオーバーサンプリング2xまで)

ドラム・ベースに使ったときの重心の下がり方が心地よく、パワーある音になります。
コンプ使ってパンチのある音にならない…と嘆いてるならGoliath V2は導入価値あります。
EQをオフにしていても出音が太いのです。

4タイプのサチュレーションモデルが良い仕事をしていて、作りたい音に対して幅広く用途分けできます。
・明るく広がりある音ならAlloy
・パンチある良い音ならTube
・抜けの良いTape
・暗めなトーンで Lo-fiな仕上がりのVinyl

Tone Empire のプラグインは玄人が好んで使っている印象があって少し難しそうに感じていたのですが
プリセットも充実しているので簡単に音質改善できるのが良いですね。
オーバーサンプリング2xにするだけでもグッと印象が変わります。
CPU負荷が気にならないなら使用回数の多いチャンネルストリッププラグインになります。

Tone Empire Goliath V2の購入はこちら >>

※価格に為替レート影響あり
「Goliath V2」の購入はこちら >>

Tone Empire Goliath V2の買い方

Goliath V2を購入するなら「Plugin Boutique」がお得に買い物できます。

Plugin Boutiqueでの購入方法解説


Plugin Boutiqueは英語のサイトですが、わかりやすいサイト構成になっていますので簡単に買い物ができます!
詳しい買い物方法はこちらの記事「Plugin Boutiqueでのプラグインの買い方を解説。「Xpand!2」のインストールを例にして紹介」を参照してください。

あわせて読みたい
Plugin Boutiqueでプラグインを買うにはどうしたら良い?買い方を解説。「Xpand!2」のインストールを例... 【Plugin Boutiqueでのプラグインの買い方を解説】 DAWで使えるプラグインをお得に購入できるPlugin Boutique 日本語対応されていないので英語が苦手な人はちょっと抵抗...

誰得ギター
定期的に入れかわる「1回購入でもらえるプラグイン」もPlugin Boutique利用者がチェックしている点です。
2022年9月の「1回購入でもらえるプラグイン(会計時に1円以上になっていることが条件)」は
Space」(4,500円相当のリバーブ)(Poly Spaceの機能縮小版
Huracan」(15,000円相当のエスニック音源)

両方とも欲しい場合には、2回に分けて商品チェックアウトを行い,ギフト請求をするとプラグインをもらうことができます!
誰得ギター
Plugin Boutiqueで何度も購入しているユーザーならバーチャルキャッシュがたまっているはずですので、バーチャルキャッシュを使って1円まで割引した状態でもギフトはもらえます。(会計時に1円以上が条件)
誰得ギター
一見して英語のサイトなのでサポートが不安になるかもしれませんが、Plugin Boutiqueでのヘルプ・問い合わせは『日本語』でも受け付けています。 私もメールを問い合わせした後、日本語で返信が届き驚きました。
誰得ギター
Plugin Boutiqueでの支払い方式にGooglePayが追加されました。 またApple Payを使う場合はSafariを使うと支払いボタンが表示されます。 

※価格に為替レート影響あり
「Goliath V2」の購入はこちら >>

Goliath V2の説明

Goliath V2は、ALLOY(ニッケル、鉄、スチールベースのトランスフォーマー)、ドライブコントロール付きのTUBE、TAPE、VINYL、FETベースのエンベロープおよび3バンドEQを備えた4つのアナログモデル化処理チェーンを備えています。

これは、真に革新的で「アナログ」なサウンドツールです。嬉しい驚きに備えましょう!

アナログモデル化処理チェーンセクション
幻想的でリアルなサウンドのアナログチェーンを開発するために、独自の「マルチコンボリューション」とコンポーネントモデリングテクニックを使用して、さまざまなレベルでギアを叩くサンプルを複数使用しました。
したがって、実際にギアの「本物の」サウンドが得られます。

GoliathV2のシグナルチェーンは次のとおりです。

ローカットEQ–>アナログ処理セレクター(4つの選択肢)–>エンベロープセクション–>EQセクション。

『誰得ギター』LINE公式アカウント

「Tone Empire Goliath V2」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『誰得ギター』というギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。
最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。
Twitter限定で発信している情報もあり!!⇒ フォローはこちら >>

コメントはこちら

コメントする

目次