【終了間近】の狙い目DTMセールはこちらから >>

DTMおすすめアコーディオン音源「Accordions 2」「Vintage Accordion by PSound」等の買い方・使い方!

スポンサードリンク

DTMおすすめアコーディオン音源をまとめていきます!

目次

Best Service Accordions 2

13のアコーディオンを集めた音源集。
古くからある音源でアコーディオンの音源といえばコレ!というぐらい名前が上がります。
バンドネオンが入っているのも見逃せません。
ヴィンテージマイクNEUMANN U47で録音されたアコーディオン音源です。


■Accordions 2収録内容

  1. Accordion Basses
  2. Accordion
  3. Bandoneon
  4. Bass Accordion
  5. Concert Accordion Basses
  6. Concert Accordion
  7. Concertina
  8. Folk Accordion Basses
  9. Folk Accordion
  10. French Musette Accordion
  11. Steirisches Accordion Left Hand
  12. Steirisches Accordion
  13. Wooden Melodica

Wavesfactory Le Parisien

蛇腹が開いていくUIを見ていると思わずテンションのあがるハイクオリティアコーディオン音源。
Rouge, Blanc,Noirの3タイプのアコーディオンを使い分けできます。
Close,Mid,FARの3つのマイクポジションをMIXERセクションで調整します。

Wavesfactory製品おなじみのエフェクトセクションに加えて、シーケンサーがついています。
またSettingsのページでは鍵盤を押した時の音のノイズを追加することも可能。
Velocity layers: 1、Round robin: 6のアコーディオン音源です。

 
※Kontaktフルバージョンが必要です。

Vintage Accordion by PSound

Vintage Accordion by PSound」は60年代にカステルフィダルドで作られたヴィンテージのイタリア製アコーディオン(ビンテージの「Titanoアコーディオン」)をベースにしたアコーディオン音源です。


・24bit/96kHzで収録しループ処理されたサンプル1300(2GB容量)
・4段階ベロシティレイヤー
・2つのラウンドロビン

キーオンノイズとキーオフノイズが実装されていることで
より本物のアコーディオンっぽさが出せるようになっています。

「Vintage Accordion」はこんな人におすすめ

・ヴィンテージ・アコーディオン音源を探している人

Vintage Accordion サウンドデモ

Vintage Accordion サウンドクラウドデモ

無料版のUVI Workstationで動かします。

Soundiron Little Pump Reeds

小型のフリーリード楽器をあつめた音源でアコーディオンが収録されています。

・インドのShruti Boxes
・ミニアコーディオン
・Plastisax
・コンサーティーナ
を収録

※Kontaktフルバージョンが必要です。

PSound Bayan(バヤン)

バヤンは20世紀初頭にロシアで開発されたクロマチックボタンアコーディオン。
主にクラッシックで使われる楽器です。

キーノイズ(調整可能)、レジスターノイズ(調整可能)を追加で重ねることができよりリアルなサウンドを再現できます。

無料版のUVI Workstationで動かします。

Sonokinetic Accordion

ボタン式アコーディオンの音を収録したKontakt音源。
Sonokineticの音源はキースイッチが独特なのでその点については注意です。

Kontakt Playerで動きます。

↓↓↓2022年9月DTMセールの最新詳細はこちら(随時更新) ↓↓↓ DTMプラグインセール中のプラグイン、音源の個別解説レビュー >>

楽器別DTMおすすめ音源

メーカーDTMおすすめ音源

DTMプラグインのまとめ

スポンサードリンク

『誰得ギター』LINE公式アカウント

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『誰得ギター』というギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。
最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。
Twitter限定で発信している情報もあり!!⇒ フォローはこちら >>

スポンサードリンク

コメントはこちら

コメントする

目次