【終了間近】の狙い目DTMセールはこちらから >>

「Kiive Audio Tape Face 」レビュー・使い方!CPU負荷が軽めでコスパ良いテープマシンプラグイン

スポンサードリンク

誰得ギター
テープマシンのアナログエミュレーション

目次

Kiive Audio Tape Face はこんな人におすすめ

・トラックごとのまとまりが無くて悩んでいる人
・アナログ感を出したい人
・オーバーサンプリング対応のテープマシンプラグインが欲しい人

Add Life To Programmed Drums With TAPEFACE (Kiive Audio)

Kiive Audio Tape Face はこんなテープマシンプラグイン

Kiive Audio Tape Face」はアナログープマシンのエミュレーションプラグインです。

用意された3タイプのテープモードを選びます。

・[1](赤と白)トランジェントの強いミックスバスもしくはドラム用
・[2](青)ミックスバス仕上げ用
・[3] Lo-Fi用 暗くざらついたサチュレーション

[2]の青いテープモードがKiive Audioイチオシなようで、青いテープモードはプリセットが多めに用意されています。

他にはテープ回転速度の3Wayコントロール、テープバイアス/低ブーストが可能です。
TAPE MELLO-FIで再現されるようなテープのよれを再現する機能は付いておらず、
かわりにStereo Widthがあります。テープマシンに入れてサチュレーションをかけたときの音に重きをおいて作られているプラグインです。

Kiive Audio Tape Face レビュー

Tape Faceを入れたあとにそこまで極端な音の変化はしません。
印象としては玄人好みがするプラグイン。
ミックスバスでのトラックのまとまりを出す使い方が良さそう。

サチュレーションを多めにかけてちょっと浮き上がりすぎた場合用にLow Boostスイッチが付いているのは好感触でした。
コンプレッションが足りない場合はInputをあげていくとかなりコンプ感がでます。

[2x,4x,8x,16x]の組み合わせでオーバーサンプリングが可能です。
16x時のオーバーサンプリングでもそこまでCPU負荷が高くないのは良いですね。

Kiive Audio Tape Faceバッファ64サイズで 16x時のオーバーサンプリングを使っているときのCPU負荷

Kiive Audio Tape Face バッファ64サイズで 16x時のオーバーサンプリングを使っているときのCPU負荷

慣れない点が一つだけあってプリセットを選ぶときに必ず1クリック必要です。
マウスカーソルを重ねただけでは反応しません。操作ミスの防止では役立つのですがちょっとめんどくさく感じる人はいるかも。

またウィンドウ枠をドラックしての拡大はできません。
歯車ボタンからウィンドウの拡大(150%OFFまで)はできます。
これも慣れで解消できそうですが他のプラグインと違っていると嫌という人にはあわないかも。
今後のアップデートに期待です。

Tape Face サウンドサンプル

Kiive Audio Tape Face特徴


Tape Faceは、クラシックなアイルランドのテープマシンのアナログエミュレーションであり、すべてのミックスで汎用性を提供するためにいくつかの機能が追加されています。
TapeFaceは、マスターバスまたはサブグループバスに温かみのあるアナログキャラクターを追加するのに最適です。カスタムバイアスアルゴリズムを使用して、ドラムとベースに独自の低中音域と彩度を追加します。または、すべてのトラックにスローして、CPUに非常に適したオーバーサンプリングを使用して物理テープレコーダーで録音をエミュレートします。

Kiive Audio Tape Face使いかた

3つのテープモード

軸となる3つのテープモードが用意されています。

番号 詳細
赤と白 I 元のテープ面とまったく同じです。歪みを最小限に抑えながら、パンプなテープサウンドを得るのに最適です。この設定は、調教が必要なトランジェントが重いミックスバスまたはドラムに最適です。
II kiiveで私たちのお気に入りです(この設定のすべてのプリセットでわかるように)。このモードは、入力が駆動されるときに、滑らかで滑らかなハイエンド、ローエンドのバンプ、および非常に使いやすいテープ圧縮を備えた、ほぼ完全に調整されたテープマシンをエミュレートします。ミックスバスや仕上げに最適です。
グレー III すべてのloFiプロデューサーを念頭に置いて作成されました。暗くてザラザラしたスタイルのテープサチュレーションで、プッシュするとゲインリダクションとハーモニクスが大きくなります。

Meterスイッチ


VUメーターの動く基準が変わります

項目 詳細
IN Inputの量を表示
GR (ゲインリダクションの適用度されているときに反応
OUT OUtputの量を表示

テープ速度(IPS)

テープの回転速度をコントロールするための3ウェイスイッチ
単位はインチ/秒。7.5、15、30の3タイプを選択。

BIASスイッチ / Low Boost /Stereo Width

Saturationのノブで歪み量を調整、ノブの効き具合はテープモードで変化。
Low Boostを押すと低域が強調されます。
BIASスイッチを+3に設定すると中低域が強調された全く別のサチュレーション・アルゴリズムを使用します。

Stereo Widthは0にするとモノラル。ノブをあげていくとステレオ幅が広がります。

Kiive Audio Tape Faceの買い方

Tape Faceを購入するなら「Plugin Boutique」がお得に買い物できます。

Plugin Boutiqueでの購入方法解説


Plugin Boutiqueは英語のサイトですが、わかりやすいサイト構成になっていますので簡単に買い物ができます!
詳しい買い物方法はこちらの記事「Plugin Boutiqueでのプラグインの買い方を解説。「Xpand!2」のインストールを例にして紹介」を参照してください。

あわせて読みたい
【画像解説】Plugin Boutiqueでプラグインを買うにはどうしたら良い?買い方を解説。「Xpand!2」のイン... 【Plugin Boutiqueでのプラグインの買い方を解説】 DAWで使えるプラグインをお得に購入できるPlugin Boutique 日本語対応されていないので英語が苦手な人はちょっと抵抗...

誰得ギター
定期的に入れかわる「1回購入でもらえるプラグイン」もPlugin Boutique利用者がチェックしている点です。
2022年11月の「1回購入でもらえるプラグイン(会計時に1円以上になっていることが条件)」は
曲の分析や耳コピに使える「zplane deCoda LE」(3,600円相当のプラグイン) 最大6バンド対応のリバーブ「MReverbMB」(8,000円相当のプラグイン)
両方ともにもらっておいて損はなし!(2022/11/22まで)
誰得ギター
Plugin Boutiqueで何度も購入しているユーザーならバーチャルキャッシュがたまっているはずですので、バーチャルキャッシュを使って1円まで割引した状態でもギフトはもらえます。(会計時に1円以上が条件)
誰得ギター
一見して英語のサイトなのでサポートが不安になるかもしれませんが、Plugin Boutiqueでのヘルプ・問い合わせは『日本語』でも受け付けています。 私もメールを問い合わせした後、日本語で返信が届き驚きました。
誰得ギター
Plugin Boutiqueでの支払い方式にGooglePayが追加されました。 またApple Payを使う場合はSafariを使うと支払いボタンが表示されます。 

Kiive Audio Tape Faceのまとめ

CPU負荷が軽めでコスパ良いテープマシンプラグインです。

Kiive Audio Tape Face の過去セール

2022年3月イントロセール  68%OFF

Kiive Audio のインストール方法

My Accountページからダウンロードボタンを押してインストーラーをダウンロードし
インストーラーからプラグインのインストールを行います。

スポンサードリンク

『誰得ギター』メルマガ登録はこちら

LINEアカウントからTheLetterのメルマガへ変更になりました。
・『終了直前のDTMセール情報』
・『見逃せないDTMプラグインのセール情報のまとめ』
・『DTMで使える小ネタ』
等お役立ちコンテンツを定期的に配信予定です!
ぜひご登録ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『誰得ギター』というギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。
最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。
Twitter限定で発信している情報もあり!!⇒ フォローはこちら >>

スポンサードリンク

コメントはこちら

コメントする

目次