今売れてる最新DTMセールはこちら

iZotope Trash のレビュー・セール情報!新機能・グレードの違いの解説!

スポンサードリンク
当ページの一部リンクには広告が含まれています。

iZotope Trash がリニューアルして帰ってきました!

こんな人におすすめ

・過激に歪ませたサウンドを作りたい人
・アグレッシブなサウンドにしあげたい人

機能概要・ざっくり導入メリット

Trash は、ドライブ/ディストーション/サチュレーション/ファズといった歪の音を作れるだけでなく、
サウンドデザインにとって大きな影響を与える3バンドのマルチバンドサチュレーションに加えてフィルターが付いていて過激な音にも変化可能。
さらにコンボリューション機能を重ねることで、音の響きを変化させることができます。

目次

iZotope Trash のレビュー

Trashのバージョン2が出ていたころはディストーション専用プラグイン自体が少なくかなり個性的なプラグインだったはずです。(Trashのバージョン2はディスコンしてしまいましたがライセンスを持っていたら使えます)

2024年3月現在だとディストーションプラグインの代替がいくつかあるため、持っているものでいいやとなる人もすくなくないでしょう。

あわせて読みたい
DTMおすすめの「ディストーションプラグイン」を解説! 【ディストーションとは?】 ディストーションは音の歪具合を操作するプラグイン。 音楽制作における「ディストーション(distortion)」は、音響信号の波形を変形させ...

今回のiZotope Trashでは複雑な機能になりすぎたディストーションプラグインを一画面内に収めるという画期的なことをしてくれました!機能が増えると色々なページを行き来しないといけないので設定が面倒くさい。

旧バージョンのTrashでは6個セクション分け(Filter1,2,TRASH,CONVOLE,DYNAMICS,DELEY)されていてタブで切り替えて設定していましたが地味に大変です。
このタブ移動を解決したのは素晴らしい改良だと感じます。

旧バージョンのiZotope Trash
今回のリニューアルTrash

リニューアルにともなって「・フィルターが一つ減って、ダイナミクス・ディレイのセクションが減ってしまった」のですが、かわりにディストーションを2つから4つブレンドする機能に進化。

よりディストーションに拘れる機能になりました。4つのブレンドできるディストーションプラグインは今のところ無いのでTrashの独壇場です。あとはコンボリューション機能です。これは旧バージョンにもありましたがリバーブっぽい使い方もできるしテクスチャとしての使い方もできて、作れる音色がドッと増えて音作りが楽しい機能です。

エンベロープとフィルターは操作できるつまみが減り、極力単純化されています。

あと特筆する点としては、個人的には出力のボリューム調整をエフェクトオンにしたときと同様に抑える「オートゲイン」がついているだけでもかなり嬉しいです

ディストーションをあげていくとゲインがかなり盛り上がるので調整が大変なんですよね。

昔Trashを使っていた人もこれから新規でTrashを使う人も期待できるプラグインになっています。

【2024/4/16まで 20%OFFのセール】 ¥ 15,994  ⇒ ¥12,763  (※価格は為替レートで変動あり)
Trash セールはこちら >>

■旧バージョン、MPSバンドル、EverythingBundleを持っている人向けのアップグレード
【2024/4/16まで 40%OFFのセール】 ¥ 7,916 ⇒ ¥4,685 (※価格は為替レートで変動あり)
Trash Upgrade from any version of Trash, MPS, and Everything Bundle セールはこちら >>

■VocalSynth,Iris, Stutter Edit, BreakTweaker, Mobius Filter, DDLYを持っている人向けのクロスグレード
【2024/4/16まで 50%OFFのセール】 ¥ 15,994 ⇒ ¥7,916 (※価格は為替レートで変動あり)
Trash Crossgrade from any version of VocalSynth, Neoverb, Iris, Stutter Edit, BreakTweaker, Mobius Filter, DDLY セールはこちら >>

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら

コメントする

目次