終了間際のDTMセールはこちら >>

「Heavyocity DM-307」使ってみたレビュー・セール情報!導入のデメリットはある?

スポンサードリンク

DTMセール・新製品情報

■ぞくぞく登場する新製品!2024年3月の【お得なDTMセール】をまとめています
最新のDTMセール/プラグインの解説記事はこちら >>

UnitedPlugins,Arturia ,Native Instrumentsなど人気メーカーがセール中
↓↓↓ 今すぐプラグインセール会場を見るにはこちら↓↓↓

独占セールありなPlugin Boutiqueのセール会場を今すぐ見るにはこちら

「Heavyocity DM-307」

「Heavyocity DM-307」

Heavyocityの音源「DM-307」は導入するメリット・デメリットはあるのか?
今回はHeavyocityのプラグイン「DM-307」について記載していきます。[/st-kaiwa1]

目次

Heavyocity DM-307 はこんな人におすすめ

・自分の曲に迫力を感じられない人
・ドラムキットの音を一新したい人
・音のよいエレクトロドラムキットを手に入れたい人

Heavyocity DM-307とは?

DM-307」はKontaktで動作するモダングルーブデザイナー。

DM-307一つで多彩なジャンルに対応できるドラムマシンなのです。

DM-307の音を聞いてみるとインダストリアルサウンドの色が強め。
Heavyocityお得意のスコアリングだけでなくトレーラーミュージックやエレクトロにもバッチリ。
ロック向けのビートループも用意されていて見た目以上に汎用性があるドラムマシンです。

Heavyocity DM-307レビュー

  • エレクトロドラムサウンドを網羅
  • アコースティックなドラムサウンドは入っていない
  • パッチが細かくわかれていて全部試すのが大変

エレクトロドラムサウンドを網羅

リリース日が2014年と古めの音源のためちょっと古臭さは感じられ、Trapやk-popスタイルの歯切れの良い軽やかな最近よく聞けるドラムキットの音とは性質が異なりますのでこの点は注意です。

一般的にエレクトロで使われているドラムサウンドをDM-307で網羅できます。
全体的にアナログサチュレーションが聞いたパワフルなドラムキットで曲の土台を支えてくれます。

アコースティックなドラムサウンドは入っていない

一方で、Heavyocity DM-307にはアコースティックなドラムサウンドは入っていません。
アコースティックなドラムキットの音がほしい場合には別のドラム音源を探す必要があります。

わかりやすいGRIDエディター

8パターンリズムを組んで保存が可能。
Chinerのスイッチをいれると1から順番にならせます。
C0~B0のキースイッチでパターンを指定することも可能。

DM307のサウンド

音は予想どおりで概ね満足!
インダストリアルドラム音源を探すとサンプル素材は多く見つかるのですが、ドラム音源としてまとまっているものは少ないんですよね。

サンプル素材サイトのビートを探すと音の軽いものが多組み付けられる(流行りなのかもしれません)のですが、アナログサチュレーションがバッチリ聞いたパワフルなものは数が少なく探しにくい。
ダブステップやDrum N Bassのドラムキット・リズムパターンのパッチがあるので、ボカロ曲にも使っても違和感なく活躍してくれそうです。

パッチが細かく分かれているので探すのが狙ったものを探すのがちょっと大変。
一度全部聞いてチェックしておくのは必然です。

ちょっと微妙なところ

再生ボタン

GRID画面で構築されたリズムパターンを聞くためにはGRIDを閉じてMAIN移動しなければいけなくて、毎回このウィンドウを切り替える手間が発生します。
C0~B0のMIDIトリガーになっているのですが、MIDI鍵盤を押しただけだとGRID再生がONにならないのでちょっと手間です。

Heavyocity DM-307 サウンド

Heavyocity DM-307の特徴

ファットでパンチの効いたアナログ・サウンドで、シネマティック/エレクトロ/ヒップホップ/インダストリアル/エスニック…様々なスタイルに対応したビートを作成
16ステップのシーケンスを最大8パターン設定可能な”GRID ドラムマシン”機能
最前線で活躍するDJ/プロデューサー/コンポーザーが5種類のインストゥルメントでリズムパターンをエディットしたSignature Artist Multis パッチ(170種類以上)
フルミックスやステムのループ・サンプルを使用した”Loops インストゥルメント”
ベロシティやノートの長さ、発音させるループ/スライスを最大128 ステップのシーケンスで制御する”LOOP MUTATOR”機能
HEAVYOCITY 製品の定番機能となっている各種エフェクト

Heavyocity DM-307の使い方

Kits,Kits Groove,Loopsにカテゴリ分けされています。

Kits

  • DM-307 Style Kits (主軸のDM-307のドラムキット)
  • Element Kits ( シンバルならシンバルだけと共通の楽器要素をキーマップしたパッチ)
  • Impact & FX Kits ( 特殊なエフェクト音を割り当てたキット)
  • Standeard MIDI Kits (標準のMIDIマッピング)

ワンショットサウンドを収録したパッチフォルダ。
C1~B5までサンプルがキーマッピングされています。
すごいのがキットごとにマッピングされているサウンドが違う点。
1キットx12音がパッチ数分あるので、ものすごい量のサウンドが鳴らせます。(2,000個)

DM-307 Style Kitsマッピング 内容
C1~B1 Kick
C2~B2 Snare
C3~B3 Hats
C4~B4 Percussion
C5~B5 CYM / FX

GRID ドラムマシン機能を使用して、リズムパターンを作成することも可能です。

Kits Grooves

音楽ジャンルごとにフォルダ分けされたDM307キットとループを選んで使うパッチ

  • Drum N Bass
  • Dubstep
  • Electronic
  • Hybrid Scoring
  • Industrial Edge
  • Latin Organic
  • Rock

Loops

収録されているループを鳴らす

トリガーFX


DM307で用意されているエフェクト(T-FXのウィンドウのエフェクト)を瞬間的にONにすることができます。

  • Distortion
  • Lofi
  • Filter
  • Panner
  • Delay

Amp seq

DM307で用意されているエフェクトを瞬間的にONにすることができます。
シーケンサー速度をキースイッチで変更できます。

キースイッチ 内容
Bフラット6 Rateノブの定義値
B6 2倍
C7 4版

Heavyocity DM-307 購入はこちら

【2023/12/8まで 60%OFFのセール中!】 ¥ 48,479 ⇒ ¥ 19,294  (※価格は為替レートで変動あり)

DM-307 購入はこちら >>

「DM-307 」の買い方

DM-307 を購入するなら「Plugin Boutique」がお得に買い物できます。
定期的に変わる購入時のおまけプラグインがもらえる他、サイト内で使えるバーチャルキャッシュ(ポイントみたいなもの)がためていけます。

[st-myblock id=”30671″]

Heavyocityのおすすめ音源紹介

こちらの記事でHeavyocityのおすすめ音源紹介をしています。

あわせて読みたい
Heavyocityおすすめ音源解説!NOVO,FORZO,VENTO,Gravityなどシネマティック系劇伴に多様される音源メーカー [st-myblock id="30019"] 【Heavyocityとは】 HeavyocityはTV番組、CM、ゲーム音楽のプロのコンポーザー&サウンドデザイナーとして活躍した長年の経験を活かし、即戦力...


[st-myblock id=”30019″]

スポンサードリンク

『誰得ギター』メルマガ登録はこちら

・『終了直前のDTMセール情報』
・『見逃せないDTMプラグインのセール情報のまとめ』
・『DTMで使える小ネタ』
等お役立ちコンテンツを定期的に配信予定です!
ぜひご登録ください。

サンプル素材・ループ素材を買うなら

Loopcloud Music App from Loopmasters.com
「Heavyocity DM-307」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら

コメントする

目次