【終了間近】の狙い目DTMセールはこちらから >>

Heavyocity「Scoring Guitars」の買い方を解説!センスの良いシネマティックギター音源


ギターをメインにしたシネマティック音源を作り上げたいときに利用したいのが
Heavyocity「Scoring Guitars」です。

誰得ギター
ギター用のアンプシュミレーターとはまた別物です

エレクトリックギターにパッドをたしてアンビエントサウンドはセンス抜群。
生生しい感じのエレキギターサウンドをトラックに混ぜたいときはかなり使えますね。

「Scoring Guitars」ですが、通常の1つの鍵盤に1つ音がサンプリングされているギター音源ではなく、
「1つの鍵盤を鳴らすと1つのサンプリングが鳴る」仕組みになっています。
フレーズを鳴らして組み合わせていく作り方をするための音源です。
サンプリング音源を複雑に重ねて音楽を作る人には、かなりドンピシャなシネマティックギター音源です。

サンプリングされた音源は始点をずらして使うこともできますし、「Scoring Guitars」内にあるFXを加えていき独特のサウンドに置き換えることもできます。
収録されているギターの演奏パターンがこれまたカッコよく、1音鳴らしただけでシネマティックな雰囲気に一変させるのはHeavyocityの音源らしい出来上がりになっています。

Heavyocity「GRAVITY」の拡張パックの位置づけではありますが、無料版のKontact Playerがあれば起動しますので、
問題なく導入できますよ。

↓↓↓2022年9月DTMセールの最新詳細はこちら(随時更新) ↓↓↓ DTMプラグインセール中のプラグイン、音源の個別解説レビュー >>
目次

Heavyocity – Scoring Guitars 2 – Content Overview

Heavyocity「Scoring Guitars」はScoring Guitars、Scoring Guitars 2の2つがリリースされています。
収録されているサウンドは1と2で違い、重複はありません。

『GRAVITY』のライブラリパッケージとして販売されていますが、GRAVITY無しの単体でも動作します。

シネマギター音ということで、ギターのアンビエントやパッドサウンドを生かしたダイナミックなコードの鳴りを演出できるギター音源です。
パッドサウンドはかなり良いですね。
そのまま劇伴に使えるギターサウンドが即再現できます。
Scoring Guitarsを使うには無料版のKontakt Playerが必要です。

1 2

『誰得ギター』LINE公式アカウント

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『誰得ギター』というギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。
最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。
Twitter限定で発信している情報もあり!!⇒ フォローはこちら >>

コメントはこちら

コメントする

目次