DTM

作曲支援プラグイン「Chordjam」買い方・使い方!便利な時短用コード進行自動作成ツール

スポンサードリンク

2021年5月25日


Chordjam by audiomodernはAudiomodern制作元の作曲支援プラグイン!
いろいろなコード進行を簡単に試すことができる!
コード進行を自動で作成してくれる非常に便利なツールです。

■できないこと
・メロディの自動生成
・音源が入っていないのでChordjam単体で音を鳴らす
・トライアル版は5割方機能制限がかかる

■できること
・コード進行の自動作成
・和音は1~5ボイス
・和音の発音タイミングやベロシティ調整
・作成したMIDIをDAWのトラックへドラッグアンドドロップ出力
・演奏用パッドセクションのカスタマイズ

スケールやコードの様々なタイプに対応しているのですが、これらの機能はトライアル版では試せないのが残念ですが、コード進行作成に悩んで作業が進まない人には一度試してもらいたいプラグインです。

似たようなプラグインでコード進行を自動作成する「Plugin Boutique Scaler 2」がありますが、
「Scaler 2」よりも「Chordjam」の方が勝っていると感じる点としてはコードボイシングの幅広さ。
コード進行は並べていけるけどボイシングに迷ってしまう場合などには「Chordjam」の方が良さそうです。

6,500円前後で購入でき作曲するのにずっと使えるツールなので導入価値はありますよ!

最新のDTM用プラグインセール情報はこちら!

【2021年9月】DTMプラグインセール!狙い目ソフト・プラグイン

Chordjam サンプル動画

Chordjamのサウンド設定

Chordjamを使うには
「Chordjamを鳴らすためのトラック」と「Chordjamの音源トラック」を別々に用意しないといけません。

下の画像はChordjamを鳴らす音源をPigments(シンセ)で設定しているときのキャプチャ画像です。

「Chord0jam」のインストゥルメントトラックと「Pigments」のインストゥルメントトラックを用意し、「Pigments」を開きます。
このとき「Chord0jam」の出力が「MIDI input 1」になっているのを確認します。

「Pigments」を開いて、MIDIの出力先を「なし  => Chordjam」に変更します。

トライアル版ではスケールやコード進行プリセットがアンロックされているので
ボタンが押せなくなっています。

-DTM
-, , ,

-DTM
-, , ,

スポンサードリンク
スポンサードリンク

【次のページ】「Chordjam」の買い方

  • この記事を書いた人

Sakurai@DTMerギタリスト

DTMに目覚めたギター弾き。メタル・ゲーム音楽が好み 最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。 プラグインまとめ #saplugin

© 2021 誰得ギター