【終了間近】の狙い目DTMセールはこちらから >>

「ARTURIA V Collection8(Vコレ)」セール情報・買い方!憧れのシンセが弾ける!「Jun-6 V、Jup-8 V 4,Emulator II、VocoderV、OB-Xa V」が新規追加

スポンサードリンク

ARTURIA V Collection9がリリースされています。

あわせて読みたい
「ARTURIA V Collection 9(Vコレ)」32種類の音源が一気に手に入る2022年版ハイクオリティビンテージシン... 【シンセ音のクオリティがほぼ実機なヴィンテージシンセのバンドル】 2022年5月11日「ARTURIA V Collection 9(Vコレ)」がリリースされました。 今作は新音源4つ、リビル...

目次

シンセ音のクオリティがほぼ実機なヴィンテージシンセのバンドル

サウンドクオリティがすさまじく高い評価を受けている「V Collection」 ティーザー動画はこちら。
■V Collection 8 | Legendary Keyboards Reinvented

※価格に為替レート影響あり

「Arturia V Collection 8」の購入はこちら >>

60~80年代の歴代ビンテージシンセをエミュレートしたシンセを発売している「ARTURIA (アーチュリア) 」
「ARTURIA」のシンセを一つにまとめたバンドルが「V Collection」です。(通称Vコレ)
2021年では「ARTURIA V Collection8 」までバージョンアップしました。

「ARTURIA」のシンセは1つあたり2万円相当しますので、3つ購入するとV Collectionの値段とほぼ同じになります。
欲しいビンテージシシンセがたくさんある場合にはARTURIA V Collection8 を1つ購入したほうが断然お得でお財布に優しいです。
ビンテージシシンセは他のメーカーからもたくさん出ていますが、ARTURIAのシンセはクオリテイが安定していて長年利用者が多いのもうなずけます。

「Arturia V Collection 8」

V Collectionを持っているとARTURIAから新しいシンセが出たときに所有者割引セールに該当することがありますので
もし購入済なら定期的にチェックしてみてください。

Arturia V Collection 8

これだけの数のシンセがArturia V Collection 8 に含まれています。

ヴィンテージシンセは調べ始めたら切りがないほど様々なメーカーがリリースしていますが、Arturiaの音質クオリティと使いやすさは実機とほぼ変わりません。
率先して他のメーカーがまだ手を出していないヴィンテージシンセをソフトシンセ化しているメーカーでもあります。

Arturia がブラックフライデーに合わせてきました
ヴィンテージシンセバンドル「V Collection 8」が8.2へアップデート。
いままで未対応だったMacのM1チップに対応です。

誰得ギター
憧れだったシンセを弾けるというだけで買う価値があるシンセバンドル!
※価格に為替レート影響あり
「Arturia V Collection 8」の購入はこちら >>

新規追加されたArturiaのシンセ個別購入はこちら

「V Collection 7」から「V Collection 8」での変更項目

「V Collection 7」から5機種追加され合計28機種になりました。
また、新たに750種類の新たなプリセットが追加されています。

・追加
Analog Lab V,Jun-6 V,Vocoder V,Emulator V, OB-Xa V

・アップーデート
Jup-8 V 4,Stage 73 V 2,

V Collection 8 収録ソフトシンセ追加分

Jun-6 V

80年代を代表するサウンドで有名なRoland JUNO-6を再現したのが「Jun-6 V」です。

Jun-6 V – V Collection | ARTURIA

Vocoder V

いまや定番装備になっているボコーダー。
Moog(モーグ)の「Moog 16 Channel Vocoder」を再現しているのが「Vocoder V」です。
アナログ音声に肉薄したサウンドがでます。

Vocoder V – V Collection | ARTURIA

Emulator II

E-mu systems社のサンプラー「E-mu Emulatorシリーズ」から
1984年に発売された最もメジャーなモデルの「サンプラーEmulatorII」を再現した「Emulator II V
古臭い感じを出すのに良さそうなサウンドプリセットが詰まっています。

Emulator II V – V Collection | ARTURIA

OB-Xa V

オーバーハイム社のアナログポリフォニックシンセ「OB-Xa」を再現したのが
OB-Xa Vです。

OB-Xa V | Software Instruments | ARTURIA

「OB-Xa」の音といえばVan Halen – Jumpを再生して即流れるシンセリフで使われているシンセとして有名です。
テレビCMでも使われていた曲なのでVan Halenを知らなくても耳にしたことがある人は多いはず!

V Collection 8 収録ソフトシンセ アップデート分

Jup-8 V 4 ⇒ Jup-8 V 5

Roland Jupiter-8を再現したのが「Jup-8 V」です

Jup-8 V – V Collection | ARTURIA

Stage-73 V -> Stage-73 V 2

1960年代、70年代に大活躍したトーンバー方式によるエレキ・ピアノを再現

Stage-73 V – V Collection | ARTURIA

Analog Lab 4 ⇒ Analog Lab 5

Arturia Analog Lab 5

Vコレクションからのプリセットを集めている即戦力シンセ音源。
積極的にサウンドメイクをするシンセではなく、出来上がったシンセ音を選んでいくタイプのシンセ。

他の「V Collection 8 」収録シンセ

Arturia MELLOTRON V

メロトロンを再現したシンセ

Arturia Synthi V Demo

モジュラーシンセ

B-3 V

ハモンドオルガン「B-3」のエミュレーションシンセ

Clavinet V

Hohner Clavinet(クラビネット) 「D6」のエミュレーションシンセ

CMI V

Fairlight CMI のエミュレーションシンセ

DX7 V

FMシンセ「YAMAHA DX7」のエミュレーションシンセ

Buchla Easel V

ポータブルモジュラーシンセBuchlaの「Music Easel」(ミュージック・イーゼル)のエミュレーションシンセ

Synclavier V

synclavier(シンクラヴィア)のエミュレーションシンセ
当時は約1億円したシンセで小室哲哉や松任谷由実の曲で使われていることで有名。

Mini V

moogを再現したシンセ

Piano V

12の異なるピアノモデルを収録

Matrix-12 V

Oberheim Matrix12を再現したシンセ。

Farfisa V

Farfisa(ファルフィッサ)のオルガンを再現したシンセ。

Solina V

Solina String Ensembleを再現したシンセ

SEM V

OBERHEIM SEMを再現したシンセ

Wurli V

Wurlitzerのエレクトリック・ピアノを再現

ARP 2600 V

セミモジュラーシンセ「korg ARP 2600」を再現したシンセ

CS-80 V

YAMANA「CS-80」を再現したシンセ

Prophet V

Sequential Prophet 5を再現したシンセ

VOX Continental V

トランジスター・オルガン「VOX Continental」をエミュレーション

Modular V

モジュラーシンセ

V Collection7とV Collection8 の違い

Arturia V Collection 8

Arturia V Collection 8

収録ソフトシンセ V Collection 7 V Collection 8
Analog Lab V × ○(新規追加)
Jun-6 V × ○(新規追加)
Vocoder V × ○(新規追加)
Emulator V × ○(新規追加)
OB-Xa V × ○(新規追加)
Jup-8 V4 ○(アップデート)
Stage 73 V2 ○(アップデート)
CZ V
Mellotron V(メロトロンV)
Synthi V
B-3
Buchla Easel V
Clavinet V
CMI V
DX7 V
Piano V2
Synclavier V
Farfisa V
Mini V
ARP 2600 V
Prophet V
SEM V
Modular V
CS-80 V
Wurli V
VOX Continental V
Matrix-12 V
Solina V

Arturia V Collection 8 特徴(Vコレ8)

28のソフトウェアタイトルが含まれています:
10000以上の高品質で革新的なサウンドプリセット。
Analog Lab V-V Collection 8のすべてのプリセットは、単一のインターフェイスから参照および編集できます
すべての機器は、閲覧、編集(保存、インポート、エクスポートなど)のための共通のインターフェースを共有しています。
楽器をすばやく理解できる新しいアプリ内チュートリアル。
非常に大きなディスプレイと互換性のある高解像度のグラフィックインターフェイス
任意のキーボードコントローラーへの簡単なMIDIマッピング。
Arturia独自のテクノロジーであるTAE®とPhi®により、各楽器のサウンドと動作が元の楽器とまったく同じになります。
簡単なインストールとライセンスマネージャー:Arturiaソフトウェアセンター

ArturiaのV Collection 8 の評判

ArturiaのV Collection 8 セール

2021年11月に50%OFFセール!になりました。(ブラックフライデーセール)
過去のセール履歴
ArturiaのV Collection 8 イントロセール($599→$499)

手順としては
[1]pluginboutiqueのアカウントつくる
[2]カートに入れて購入
[3]MY ACCOUNTページよりダウンロードする


と、とても簡単です♪

Plugin Boutiqueでの購入方法解説


Plugin Boutiqueは英語のサイトですが、わかりやすいサイト構成になっていますので簡単に買い物ができます!
詳しい買い物方法はこちらの記事「Plugin Boutiqueでのプラグインの買い方を解説。「Xpand!2」のインストールを例にして紹介」を参照してください。

あわせて読みたい
【画像解説】Plugin Boutiqueでプラグインを買うにはどうしたら良い?買い方を解説。「Xpand!2」のイン... 【Plugin Boutiqueでのプラグインの買い方を解説】 DAWで使えるプラグインをお得に購入できるPlugin Boutique 日本語対応されていないので英語が苦手な人はちょっと抵抗...

誰得ギター
定期的に入れかわる「1回購入でもらえるプラグイン」もPlugin Boutique利用者がチェックしている点です。
2022年11月の「1回購入でもらえるプラグイン(会計時に1円以上になっていることが条件)」は
曲の分析や耳コピに使える「zplane deCoda LE」(3,600円相当のプラグイン) 最大6バンド対応のリバーブ「MReverbMB」(8,000円相当のプラグイン)
両方ともにもらっておいて損はなし!(2022/11/22まで)
誰得ギター
Plugin Boutiqueで何度も購入しているユーザーならバーチャルキャッシュがたまっているはずですので、バーチャルキャッシュを使って1円まで割引した状態でもギフトはもらえます。(会計時に1円以上が条件)
誰得ギター
一見して英語のサイトなのでサポートが不安になるかもしれませんが、Plugin Boutiqueでのヘルプ・問い合わせは『日本語』でも受け付けています。 私もメールを問い合わせした後、日本語で返信が届き驚きました。
誰得ギター
Plugin Boutiqueでの支払い方式にGooglePayが追加されました。 またApple Payを使う場合はSafariを使うと支払いボタンが表示されます。 

Arturia V Collection 8のまとめ

ArturiaのV Collection 8にバンドルされているソフトシンセは単体でも購入できますが、
1つ2万円程度するので単体でシンセを集めていくとなるとかなりの高額になります。
V Collectionでオーダーすると3本分の値段で28種類のシンセ音源が利用可能です。

※価格に為替レート影響あり
「Arturia V Collection 8」の購入はこちら >>

Arturiaの新作シンセ個別購入はこちら

あわせて読みたい
「Arturia FX Collection 3」【50%OFFセール中!】ミキシングやマスタリングで使える ハイクオリティプ... 2021年6月「Arturia FX Collection 2」がリリースされました。 2022年6月「Arturia FX Collection 3」がリリースされました。 ミキシングやマスタリングで使える26のエ...
スポンサードリンク

『誰得ギター』メルマガ登録はこちら

LINEアカウントからTheLetterのメルマガへ変更になりました。
・『終了直前のDTMセール情報』
・『見逃せないDTMプラグインのセール情報のまとめ』
・『DTMで使える小ネタ』
等お役立ちコンテンツを定期的に配信予定です!
ぜひご登録ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『誰得ギター』というギタリスト向けにギターDTM関連情報を発信しているサイトです。
最新のプラグインセール情報はTwitterが速いです。
Twitter限定で発信している情報もあり!!⇒ フォローはこちら >>

スポンサードリンク

コメントはこちら

コメントする

目次