DTM ギター初心者向け

【超便利】『DECODA』買い方・使い方・評判はどう?耳コピが苦手な人でもかゆいところに手が届くMac/Win対応多機能ソフト!

スポンサードリンク

2021年7月7日

DECODA」は耳コピが苦手な人でもかゆいところに手が届くMac/Win対応多機能ソフト!

こんな人におすすめ

・耳コピアプリはスタンドアロンアプリが良い
・耳コピアプリはループオプションが欲しい
・耳コピアプリはコード解析が欲しい
・わかりやすいEQ処理画面が欲しい

特に耳コピに慣れていない人にとっては非常に使いやすい機能が満載ですので
一度チェックしておくと幸せになれるソフトですよ!

まず強調しておきたい点として、「DECODA」はスタンドアローンで起動するアプリケーションソフトである点です。
DAWを起動しなくても、DAWを持っていない人でも使えます!

耳コピをするためだけにDAWを立ち上げなくても良いので、作業手順が省略できます。
またMac/Win両対応になっているソフトですよ!

7,168円=> 4207円(税込)の41%OFFセール!(※為替レートで金額変動あり)

今すぐdeCodaを購入する!

DECODA とは?

DECODAの特徴

簡単操作でコード&テンポ解析を実現!
『DECODA』は、初心者でも安心な簡単操作で楽曲のキー、コード、テンポ、楽曲構成などの解析を行える、いわゆる「耳コピ」支援ツールです。

『DECODA』は、楽曲を取り込むだけでわずか数秒で楽曲の解析を行います。楽曲構成、コードを表示してくれ、またピアノロール上にメロディと思しき箇所を表示し、メロディーラインの識別をサポートしてくれます。そのメロディーと思しき箇所にMIDIノートを書き込んだり、書き込んだMIDI情報をエクスポートすることも可能。エクスポートしたMIDI情報は、通常のMIDIファイルとしてDAW等に読み込んで使用できます。

フォーカス画面から、パンニング、あるいは周波数から範囲選択による再生のオン/オフも行えます。(低音域だけバイパス、センターの楽器のみ再生、等。選択範囲は同時に1つまで。)

なお、本製品はスタンドアロン・アプリケーションですので、DAWを所持していない方でも楽曲の解析を行っていただけます。

DTM初心者、耳コピが苦手な方から、高度な楽曲解析ツールをお求めの方など、幅広いユーザー層で活躍する便利ツールです。

・高度なコードおよびテンポ検出アルゴリズム
・柔軟なループオプション
・曲構造の自動検出-パートA、BC、A2、B2など
・選択したキーに即座に移調
・ピッチを維持しつつテンポの変更が可能
・トラックの一部を分離するためのフォーカスEQ
・ピアノロールに表示されるメロディ情報
・MIDIエクスポートが可能

スポンサードリンク

DECODAの使い方

耳コピツールDECODAには強力な分析機能がついています。

DECODA - 楽曲分析

楽曲分析ではDECODAに取り入れた曲のテンポ検出、コード検出を行い、
自動で曲の構造を検知しセクション設定します。(一番上の部分)

最近のDAWではオーディオデータを取り入れてコード解析をする機能はついているものがありますが、(StudioOneにはコード検出機能あり)
それよりも数レベル上の状態から耳コピスタートが可能です。

DECODA - ナビゲーション機能

耳コピは聞き取れるまで何度も同じ範囲を聞き直す工程が必要です。
そのときに面倒なのが再生の繰り返しです。
4小節単位、セクション単位などループ箇所指定のプリセットボタンがあります。
DECODAでは繰り返して聞き直したい範囲をサクッと指定しループ再生ができます。

DECODA - フォーカス機能

DECODAの全機能中で、一番DECODAを使う意義を感じさせてくれるのがこのフォーカス機能です。

上下に帯域表示されるUIになっていて、周波数帯域、PANの位置を目でみて確認できる機能になっています。
このフォーカスエリア内で範囲選択をすると聞きたい周波数帯域を聞くことができます。

「ベースだけを狙って」
「上モノの音だけを拾って」
といった今まではイコライザーの波形とにらめっこしながら微調整して、耳コピしたい周波数帯域を調整していたところが
サクッとマウスでドラックして狙った範囲を聞けるツールになっています。

またこの選択範囲を反転させることで、『狙った範囲を打ち消す』ことが可能です。
この機能を使うことで完全には消せませんが、トラックに合わせて仮のマイナスワンとして練習が可能です。

DECODAの画面右下にはBPMを落とすためのプリセットボタンが用意されています。

「1/4」「1/2」「3/4」「1(本来のBPM)」と速度を落として聞いたり、速度を落としてゆっくり練習するといった使い方ができるため
DECODAは耳コピだけでなく練習ツールにもなります。

DECODA - 楽曲音階解析~MIDI出力

この機能も非常にありがたい機能で、
DECODAに取り込んだ曲を自動解析することでピアノロール上に主旋律部分を音階化表示してくれます。

このピアノロールはMIDIノートを設定できます。
表示された音階の上からMIDIノートをなぞっていき、MIDI出力することができます。
例えば作曲ネタを鼻歌録音しておいたデータを取り入れて、MIDI化するなんて使い方も可能ですよね。

主旋律部分は太く濃く表示されます。
紹介した動画では音程のハッキリした楽器が使われていて詳細に検知できていますが、歪を加えて音程感が読み取りにくい楽器の場合は、検知が難しいことがあると注意事項として伝えられています。

DECODA の評判

「DECODA」の買い方

DECODAを購入するなら「Plugin Boutique」がお得に買い物できます。
定期的に変わる購入時のおまけプラグインがもらえる他、サイト内で使えるバーチャルキャッシュ(ポイントみたいなもの)がためていけます。

Plugin Boutiqueは英語のサイトではありますが、わかりやすいサイト構成になっていますので簡単に買い物できますよ!
詳しい買い物方法はこちらの記事「Plugin Boutiqueでのプラグインの買い方を解説。「Xpand!2」のインストールを例にして紹介」を参照してください。

DECODA まとめ

「DECODA」は
・楽曲分析
・ナビゲーション機能
・フォーカス機能
・楽曲音階解析~MIDI出力
がついた耳コピ支援ツール『です。

耳コピはどうしても時間がかかってしまうので、自分の耳を鍛えるためにじっくりとスキルをつけていくか
最先端ツールを使って効率よく耳コピしていくか選べる時代になりました。

7,168円=> 4207円(税込)の41%OFFセール!(※為替レートで金額変動あり)

今すぐdeCodaを購入する!

-DTM, ギター初心者向け
-

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • この記事を書いた人

Sakurai@DTMerギタリスト

DTMに目覚めたギター弾き。メタル・ゲーム音楽が好み プラグインセール情報まとめ⇒ #saplugin

© 2021 誰得ギター