エフェクター

NAMM2018で「BOSS GT-1000」が発表。3.6kgと軽量化された32bit/96kHz対応。期待のマルチエフェクターフラグシップモデル

投稿日:

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-エフェクター
-, ,

NAMM2018で「BOSS GT-1000」が発表されています。

BOSS GTシリーズはマルチエフェクターでも人気シリーズであり、BOSSのエフェクターてんこ盛りで初心者〜プロまで愛用されている楽器です。
GTシリーズは2017年に持ち運びしやすいサイズのGT-1が発売され人気がありすぎて数ヶ月入手できない現象が起こりました。

Gt 1000 front gal

2018年はBOSSのマルチエフェクターでもフラグシップモデルの「GT-100」が待望のアップグレード。
「GT-1000」となり他のメーカーのフロアタイプマルチエフェクターを意識した作りになっています。
ボディデザインが多機能・スタイリッシュに変わっています。

Gt 1000 angle gal

GT-1000の特徴

  • 32bit/96kHz対応 最新のエフェクトアルゴリズム搭載
  • チューブアンプサウンドを再現する「AIRD」
  • サウンドエディターBOSS Tone Studio完備

32bit/96kHz対応 最新のエフェクトアルゴリズム搭載

BOSSのエフェクターでインパクトがあるのが「32bit/96kHz」に対応している所。
デジタルディレイDD-500やモジュレーションエフェクターMD-500も「32bit/96kHz」です。

「32bit/96kHz」はものすごく単純に言うと、数値が上がることで音の再現できる細かさが上がり、よりリアルで細かいサウンドがシュミレートできます。

DD-500のサウンドを一度聞くと他のディレイとは広がりが違うのがわかると思います。

「32bit/96kHz」は他のマルチエフェクターではまだ存在しない数値ですので
高品質サウンドが期待できます。

搭載エフェクトは116 types。
パッチ数はプリセット250とユーザーカスタムできるプリセットが250ありますので
これだけあれば十分使い切れないほど。

チューブアンプサウンドを再現する「AIRD」

AIRD”(Augmented Impulse Response Dynamics)は新しいサウンド技術で、デジタルアンプでよりチューブアンプっぽさを出すことが可能になります。
BOSS KATANAアンプが評価が高いので、これを踏襲したサウンドになると予想されます。

サウンドエディターBOSS Tone Studio完備

GT-1000ではBluetoothを搭載。
スマホ(iOS,Android)の専用アプリからサウンドの編集が可能になります。
もちろんPC用のソフトもあります。

フットスイッチのLEDはプリセットによってカラー変更が可能。
踏み間違いを防ぎます。
Gt 1000 front 10 clolors gal

端子

Gt 1000 back gal

端子も充実していてMIDIはもちろんsend,Retrun,エクスプレスプレッション、USB、キャノン端子と必要なものは一通り完備されています。

GT1000は買いか?

GT100を持っていた人が皆口を揃えて言っていたこととして「重くて運ぶのがイヤ」ということ。
BOSSの中の人も重さを懸念していたのでしょう。

GT1000はGT100に比べて1kg弱軽くなっています!

GT100 GT1000
寸法 543Wx271Dx80Hmm 462Wx248Dx70Hmm
重量 4.8kg 3.6 kg

長時間運ぶときに1kgはかなり大きな要因になりますからね。軽量化は非常にありがたい。
発売は2018年の4月頃。

Helix LTなどの10万円以上のプロ仕様マルチエフェクターが出ていますから、
5,6万円の価格帯なら買いやすくて人気が出でますね。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

家で眠っている使ってないギターはありませんか?出張買取、店舗買取、宅配買取に対応したオススメのギター買い取りサービス。 出張料・査定料など全て無料!で気兼ねなく相談できます。

Copyright© 誰得ギター , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.