GarageBand

iPhoneで曲の編集ができるiOS版GarageBandの使い方と概要

スポンサードリンク

投稿日:2017年10月15日 更新日:

-GarageBand
-, , ,

Th 2868

GarageBandとは

もともとはMacで使えるDTMや作曲ができるアプリケーションです。
Macを買ったときに最初から入っているアプリケーションで、使い勝手の簡単さと音質の良さで定評があります。
何と言っても無料で使えるのがありがたいところ。
そして、GarageBandは「楽器ができない人でも作曲・編集が簡単にできる」のが特徴。
もちろん楽器ができた方が有利ではあります。
Th 2870

もっとグレードアップさせた上位機種にあたるのが「Apple Logic Pro X」です
「Logic Pro X」は有料のアプリケーションではありますが、DTM・作曲に使うアプリケーションは基本的に高いものが多い中
Logic Pro Xは2万円台という破格であり、音質・機能ともに優れているためLogicを使いたいためにMacを買う人もいたぐらいです。

□DTMソフト金額(170/10/15現在)

名称 価格
Pro Tools 永続ライセンス版 62,0000円前後
Studio One 3 Professional 日本語版(USB edition) 43,000円前後
STEINBERG Cubase Pro 9 53,000円前後
ABLETON Live 9 Standard 57,000円前後
MOTU Digital Performer 9 66,000円前後
Logic Pro X 23,800円
GarageBand Mac購入時にバンドル

GarageBandはiPhoneでも使える

iPhoneに使われているiOSの進歩によりGarageBandはiPhone,iPadでも使えるようになりました。
ノートパソコンを使わずにどこでも作曲ができるわけですね。

音楽アプリは画面が大きい方が使いやすいのでiPadをメインにGarageBandでDTM・作曲している人は多いのですが、
iPhone Plusのディスプレイ拡大にともなってiPhoneでも使い勝手がよくなりました。

演奏、録音、送信ができます。

iPhone版GarageBandは無料

パソコン版に比較的近い機能を搭載しているのにもかかわらずiPhone版GarageBandは無料で使用可能です。
iPadにも対応していてこちらも無料で利用ができます。DTMをいざはじめようとすると、気がつけば何かと費用が増えていくことが多いので嬉しいかぎり!

iPhone版GarageBandのダウンロード

iPhone版は購入時にバンドルされているのでダウンロードの必要はありません。
iPhone内を「Garageband 」で検索すると表示されます。
もしも入っていない場合、消してしまった場合には再度 App Storeよりダウンロードができます。

GarageBand

GarageBand
開発元:Apple
無料
posted with アプリーチ

曲を作る

iPhoneのGarageBandを開いたら、左上の「+」を押して楽器に使うトラックを選択します。

トラックはそれぞれの楽器の演奏データを保管する引き出しのようなものと考えてください。
演奏したデータを1トラック1楽器で保存。
トラックをふやしていくと楽器数も増えますね。それで楽曲が華やかに複雑・緻密に作られていきます。

シンプルな例をあげてみると、5人組バンド形態で演奏しているとします。(ボーカル、キーボード、ギター、ベース、ドラム)
それぞれの楽器ごとに1トラックずつ割り当てていくと、5トラック必要です。
5トラックを同時再生することで5人組のバンドの音になります。

実際にバンド演奏を録音するときには、ドラムの太鼓やシンバルの音を別のトラックで複数用意したり、
ギターもソロとバッキングごとにトラックを増やして分けたり、ボーカルのハモリを入れたいからトラックを別にわけて2声状態にするなんて
展開が考えられますね。
どれくらいトラック数が必要なのかはDTMを続けていくうちになんとなくわかってくると思います。

なお、トラック数と録音時間は再生できるiPhoneのCPUのパワー、ハードディスク容量によって上限が変わりますよ。

Live Loops

最初に楽器を割り当ててトラックを作ります。

画面上に「Live Loops」と「トラック」をという2つのタブが出ています。
Th 2871

「Live Loops」は最初から用意されているループ(繰り返される演奏データ)です。
Th 2872

ジャンル別にわかれていてLiveLoopを組み合わせるだけでも曲っぽくなります。

Live Loops に用意されているジャンルは「EDM、Hip Hop、Dubstep、RnB、hill、Rock、Electro Funk、Beat Masher」と幅広いです。

上にある再生ボタンをおして、下の「↑」を押すとLiveLoopsを聞きくことができます。

Th 2875

トラックを選ぶ

トラックを押して楽器を選びます。
トラックで使える楽器は「Keyboard、Drums、Amp、Audio Recorder、Sampler、Smart Drums、Smart Strings、Smart Bass、Smart Keyboard、Smart Guitar、Drummer、Inter App Audio App」とたくさんあります。

Th 2878

「Keyboard」を選ぶと鍵盤が表示されます。
もちろんドラムを選ぶとドラムが表示されます。
Th 2879

Th 2880

適当に画面をタップするとかなり本格的な音が出るので、GarageBandを初めて触った人はびっくりしますよ。

「Smart○○」の楽器トラックは楽器が演奏出来ない人でも使えるように、画面を押しただけで鳴る楽器です。
Smart Guitarは弦を縦にスワイプするとコードを弾いている感じがだせたりと面白いです。

Th 2881

Smart Drumsはちょっとしたドラムマシンとしても使えますね。
プリセットからパターンを選ぶだけです。

Th 2882

録音の流れ

トラックを作ったらどんなメロディーにするかを考えて、GarageBandに打ち込むことになります。

最初にやることは曲のテンポを決めることですね。

右上の「スパナのアイコン」が曲の設定です。

テンポ、キー、拍子を決めます。
Th 2885

なぜ最初に決めるかというと、LiveLoops、Smart○○の楽器は「テンポ、キー、拍子」の変更に応じて、変更対応してくれますが、
直に打ち込んで作った演奏データは変更されません。

後からやり直しが内容に最初にテンポ、キー、拍子を決めます。

Th 2886

「テンポ」を変えると、画面上に曲の小節数を表示したルーラーがあるのでこれの長さが変わります。
「キー」はLiveLoops、Smart○○の楽器の演奏するときのキーです。
「拍子」は曲の基準となる拍子。

トラックに音を録音していき、完成したら音源を送信、保存したら出来上がりとなります

Th 2883

今後は各楽器の使い方を記載していきます。

GarageBandを極めるならこちらも参考になります。

スポンサードリンク
1

これから「ジャズ」を始めてみたいジャズ入門者・初心者にとっては コドラジャズの深く興味を持つのが大変 という印象がありますよね。 いままで聞いてこなかった音楽は どうしても『敷居が高い』と感じます。 ...

2

「エフェクターを売って新しい機材を買う資金にしたい」 「使わなくなったエフェクターを整理したい」 「今月金欠になってしまって…」 エフェクターを売った経験がない人に取っては 「エフェクターを売ってどれ ...

3
4

ギターの本数が増えてきたので使っていないギターを売りたい。 新しいギターを買うための購入資金にしたいので買い取ってほしい。 やむを得ない生活苦でギターを売って生活資金にしたい コドラ人間ならだれしも面 ...

5

音楽で食べていく手段のキッカケとして「オーディション」があります。 プロダクションが才能を持った人を探し出すためのオーディションの多くは 合格後、プロダクションによる大きなバックアップが付いてきます。 ...

6

自作音源を作ったらネットショップで売ってみよう!音楽を売れるネットショップの一覧

BOSS GT1000 7

BOSS GT-1000 使い方をまとめていきます。

8

私そろそろギターを初めて20年以上になります。 長年弾いてきた経験でこれは良いこと書いてあったなあと思える実際に役立った教則本をまとめていきます。 昔に比べて情報量の多い質の高い本が増えてきたことと、 ...

9

ギターのディストーションペダルどれが良い? 当サイト調べで2018年におすすめできるギター用のディストーションペダルを掲載していきます。 ディストーションペダルも様々な種類があって選ぶのが難しい所です ...

10

当サイト調べで2017年におすすめできるオーバードライブペダルを掲載していきます。

-GarageBand
-, , ,

Copyright© 誰得ギター , 2018 All Rights Reserved.