ギター初心者向け 知識

ギター初心者向け!メタルサウンドギターの音作り方法

更新日:

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-ギター初心者向け, 知識
-

PPC marshallnoanpu TP V

ギター初心者向けの内容です。
メタルギターに必要な音作りを解説していきます。

前提として、メタルと言っても今やジャンルが細分化されているので細かいジャンルの指定は省くことにします。

どのジャンルを演奏するにしても共通ですが、最初に自分の出したいギターの音のイメージをつくっておきます。
その後で「この機材を使うとこういう音が出るよ」という知識をためこんでいって、理想に近い出したい音へ近づけていきます。
現在メインで使っている機材(ギター本体のピックアップ、アンプ、エフェクター)の特性をしっかりと把握しておくことが
最短ルートで自分の目指す音をつくりあげていく道しるべとなります。


スポンサードリンク

実は一番大事な決め手!「ノイズゲート」を使おう

ギターを弾いてないときに「ジー」というノイズを音を聞いたことがあると思います。
これはギターアンプを歪ませたときに必ず出る音なのです。
歪ませれば歪ませるほとノイズ音が大きくなります。

ギターアンプを鳴らしているときには気にならないでしょうが、
必ずしも1曲中ずっと鳴らし続ける曲ばかりではないでしょう。
曲間で静かになるパート、曲始まりや曲終わりに「ジー」っというノイズが大きく出てしまうと
ノイズだけで曲が台無しになることもあります。

ギタリストはこのノイズと戦いつづけなければなりません。
ギター本体の配線調整をしてノイズを減らすことも大事ですがお手軽さということで
ノイズゲートのペダルを使うことで大きくノイズを減らせます。

ボリュームペダルでセルフノイズゲートする方法もありますが、
なれないうちは忘れがちになりますし、なにより面倒くさいのがデメリットです。

オススメのノイズゲートペダルはDECIMATOR II。

下の動画を見てもらえれば体感できると思いますが、
DECIMATORを使うと弾いている内容がはっきりと聞こえてきてリズムがしっかりと聞こえます。

DECIMATORをOFFにした場合、ノイズとギターの音が混じって明瞭さがなくなります。

ISP Decimator Noise Reduction Pedal Demo

Decimator ISP Technologies Noise Reduction

地味なようですがノイズゲートはメタルを演奏する上では必須なのです。
ノイズ・ゲート付きのアンプやペダルもあるので調べてみると面白いです。
それでは音作りについて記載していきます。

メタル向けということで使うアンプがそれなりに限定されていきます。
マーシャル系アンプ、メサブギー系アンプのどちらかになることが多いでしょう。

最初にアンプ自体で歪ませていくか、アンプをクリーン設定にしてエフェクターを足していく方法どちらにするのか選びます。

ギターアンプ主体の音作り

ギターアンプを歪ませて使う場合にはいわゆるハイゲインチャンネルがついたアンプが必要となります。
代表各としてはマーシャルの場合だとJCM2000,PEAVEYの5150、MESA BOOGIE Dual Rectifier などです。

マーシャルでも単体ではあまり歪ませられないJCM800などは使いにくく、JCM800の場合にはエフェクターと併用して使うことになるでしょう。

ギターアンプの真空管の状態に左右されるため、長年使い込まれているアンプだとイマイチしっくりくる歪みが得られない可能性があります。
この点は事前に注意です。

アンプを歪ませた状態で更に歪みエフェクターをつけてもノイズが増えるばかりで出音の調節が難しいです。
その場合はボリュームを変えられるチャンネルが用意されたアンプを使うのが良いでしょう。

MESA BOOGIE Dual Rectifierなどはソロを弾く時用にボリュームがあげられるスイッチがついています。

エフェクター主体の音作り

アンプを完全にクリーン状態にしておいて歪みの強いエフェクターを上から重ねるパターンです。
この場合には使うペダルを変えることによって手軽に歪みの質をコントロールできるメリットがあります。

メタル向けのペダルエフェクター幾つかあって、ディストーションペダルだと歪みが足りない場合があります。
しっかりと歪ませられるエフェクターを選びましょう。

オススメはFriedman BE-OD ,Diezel VH4 PEDALです。

Diezel VH4 Pedal - Playthru

DIEZEL ( ディーゼル ) / VH4 PEDAL

DIEZEL ( ディーゼル ) / VH4 PEDAL

サウンドが気に入ればエフェクター+Roland JC-120でも全然ありです。
Roland JC-120はライブハウスに大抵用意されているので汎用性とアンプの調子に左右されない点を活かして
JC-120をベースに音作りしていく人もいます。真空管っぽさを如何にだしていくかが腕の見せ所になるでしょう。

マーシャル系アンプ

マーシャルは万能タイプで主に中音域が強めにでます。
THEロックギターな音です。
MEGADETHは常にマーシャルで揃えてますね。

他のアンプに比べてマーシャルはEQの幅がせまいことと、
マーシャルアンプのフラット設定を覚えおくことが必要です。

□マーシャルアンプ音の参考例
Far Beyond The Sun/イングヴェイ・マルムスティーン

メサブギー系アンプ

2000年ぐらいから人気が爆発したレクティーファイヤーのサウンドがメタルには気持ちいい塩梅。
マーシャルが広がっていく出音に対して、メサブギーは音の塊がごそっと前に出てくる印象で非常にパワフルかつ存在感があります。
とくに低音弦でのブリッジミュートをしたときのゴンゴンという音は弾いていいて至高の心地よさ。

高音域と低音域がでている代わりに中音域をぐっと下げるいわゆるドンシャリサウンドです。
ダウンチューニング派はこちらに該当するでしょう。

□メサブギー音の参考例
Dream Theater - Pull Me Under (Live At Luna Park)

メタル向けピックアップを選ぶ

外部電池を利用したアクティブピックアップを使うことでも大きくメタル風サウンドに変化させることが可能。
使っているギターの音が物足りないと思ったときはピックアップを疑ってみましょう。

アクティブピックアップといえばEMG。
EMG81,EMG85のセットに変えただけでメタルサウンドになります。ホント。
こんな紹介ですが、EMGはメタル以外でも使えます。

SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン ) のBlackouts(AHB-1b Black)もアクティブピックアップとして人気があります。

EMG 81 vs Seymour Duncan Blackout AHB-1 - Metal

SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン ) / AHB-1b Black


SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン ) / AHB-1b Black

ピックの選び方

ピックは使い慣れたもので良いでしょう。
弾き方にもよりますが、1mm以上の硬めのピックを選ぶと粒立ちが揃えやすくなります。
JAZZIII やポール・ギルバートモデルのピックなどが定番ですね。
最近はウルテムなど。個人的にウルテムは擦れる音が気になるのですが弾きやすさは抜群です。

BPM180〜の非常に速いスラッシュ・メタルのような刻みをする場合には
0.6mm〜0.8mmの薄めのピックを使うと粘っこいグループ感の演奏をできることもありますので
自分にあったピックを探してみましょう。
Animals as Leaders のトシン・アバシモデルのピックは0.6mmで非常に薄いものですが、
ピック音のバチバチとなる音が重めのサウンドにバッチリはまります。

実際バンドで鳴らすと…

ギター単体の音作りが終わったらバンドで他の楽器と混ぜた場合にどうなるかのバランスを突き詰めていきます。
音の輪郭が丸すぎてぬけてこない場合には大抵「歪ませすぎ」のケースです。
Gain値を落としてしっかりとピッキングしましょう。

ギターが抜けてこない場合の裏技

アンプのスピーカーケーブルを変えてみましょう。
ギターヘッドとキャビネットが分離しているスタックアンプの場合に有効ですが、
ヘッドとキャビネットをつなぐスピーカーケーブルを変えるだけで出音が変わります。

リハーサルスタジオにおいてあるギターアンプのスピーカーケーブルは安物をつかっている場合が多いです。
お金をかけて自分専用の高品質スピーカーケーブルを一本持っておくと出音がよくなりあります。
ただし差込口を間違えるとスピーカーが壊れる可能性があるためアンプのオームなど事前にドコに指したら良いのかをよく勉強しておきましょう。

またアンプの電源ケーブルを変更することでも大きく出音の厚みが変わります。

実は他の楽器と帯域かぶり

音がぬけてこない場合、他の楽器と帯域かぶっていて小さく聞こえる場合があります。

その場合にはEQの処理で対応します。
バンド演奏の際、ギターの帯域は他のパートとかぶることが多いです。
そのためあまりでしゃばりすぎない方がバンドとしては上手くまとまります。

ベースとかぶる

ベースとかぶるっている場合はBassのEQを下げます。
6弦をブリッジミュートしてズンズンゴンゴンいわせていく場合、ギターを弾いている分には楽しいのですが、
ベースの邪魔をしているケースが多いです。
この場合は思い切ってBassの帯域を下げましょう。
ギターでどうしてもズンズンゴンゴンの音を出したいときはベーシストにお願いしてベースの低域をカットしてもらいます。
ギターをドンシャリサウンドにした場合に起こりがちなケースです。

ボーカルとかぶる

ギターのMiddle帯域を上げすぎるとボーカルとかぶります。
ボーカルとかぶってしまうと歌が入っている曲の場合台無しになってしまうので、
ギターは下げましょう。ボーカルのメロディラインが高めの曲の場合はこのケースから外れることがあります。

キーボードがいる場合

困ったことにギターはキーボードパートともかぶってしまいがちです。
この場合はTreble域を下げます。

バンドサウンドを作り上げるとき、EQは席の奪い合いになるので基本引き算して考えます。
優先席をゆずりあうようにメンバー内で話し合い調節しましょう。
そして一体感のあるバンドサウンドになるのです。

この他にもギター本体の木の材質や使うギターシールドなど、サウンドメイクをしていく上で
色々な材料がありこだわり始めると沼にハマってしまいますが、ちょっとずつ自分の理想をつくりあげていく過程は楽しいものです。
悩みすぎず自分が楽しいことを主軸にしてサウンドメイクを続けていきましょう。



comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

家で眠っている使ってないギターはありませんか?出張買取、店舗買取、宅配買取に対応したオススメのギター買い取りサービス。 出張料・査定料など全て無料!で気兼ねなく相談できます。

Copyright© 誰得ギター , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.